gorosann.cocolog-nifty.com > 鳥海山の花

キンコウカ

キンコウカ

キンコウカ(ユリ科)


ヤマハハコ

ヤマハハコ

ヤマハハコ(キク科) 山母子


タチギボウシ

タチギボウシ

タチギボウシ(ユリ科)


イワショウブ

イワショウブ

鳥海山の花


ミヤマリンドウ

ミヤマリンドウ

鳥海山の花


オクキタアザミ

オクキタアザミ

鳥海山の花


ウメバチソウ

ウメバチソウ

鳥海山の花


ヤマユリ

ヤマユリ

ヤマユリ(ユリ科) <山百合>


ヨツバヒヨドリ

ヨツバヒヨドリ

ヨツバヒヨドリ(キク科)(四葉鵯) 似ている花に ・フジバカマ(葉が深く3裂)・ヒヨドリバナ(葉が裂けず対生)・ヨツバヒヨドリ(葉が3~5枚輪生)


ミヤマカラマツ

ミヤマカラマツ

ミヤマカラマツ(キンポウゲ科)<深山唐松>


クルマユリ

クルマユリ

クルマユリ(ユリ科)<車百合>


ツルアリドウシ

ツルアリドウシ

ツルアリドオシ(アカネ科)<蔓蟻通し>


ツルアリドウシ

ツルアリドウシ

ツルアリドオシ(アカネ科)の実(昨年の実?)


ネバリノギラン

ネバリノギラン

ネバリノギラン(ユリ科)


アオノツガザクラ

アオノツガザクラ

アオノツガザクラ(ツツジ科) <青の栂桜>


ヒナザクラ

ヒナザクラ

ヒナザクラ(サクラソウ科) <雛桜>


コバイケイソウ

コバイケイソウ

コバイケイソウ(ユリ科) <小梅形草>


ミヤマホツツジ

ミヤマホツツジ

ミヤマホツツジ(ツツジ科) <深山穂躑躅>


オトギリソウ

オトギリソウ

オトギリソウ(オトギリソウ科) <弟切草>


シロバナトウウチソウ

シロバナトウウチソウ

シロバナトウウチソウ(バラ科) <白花唐打草>


ミヤマトウキ

ミヤマトウキ

ミヤマトウキ(セリ科)<深山当帰> 


トンボソウ

トンボソウ

トンボソウ(ラン科)


ヨツバシオガマ

ヨツバシオガマ

ヨツバシオガマ(ゴマノハグサ科)


ミヤマリンドウ

ミヤマリンドウ

ミヤマリンドウ(リンドウ科) <深山竜胆>


トウゲブキ

トウゲブキ

トウゲブキ(キク科) <峠蕗>


ハクサンシャジン

ハクサンシャジン

ハクサンシャジン(キキョウ科) <白山沙参> 別名:タカネツリガネニンジン


チョウカイザザミ

チョウカイザザミ

チョウカイアザミ(キク科) <鳥海薊> 鳥海山の固有種


ハクサンフウロ

ハクサンフウロ

ハクサンフウロ(フウロソウ科) <白山風露>


ウサギギク

ウサギギク

ウサギギク(キク科) <兎菊>


イワカガミ

イワカガミ

イワカガミ(イワウメ科)<岩鏡>


チングルマ

チングルマ

チングルマ(バラ科) <稚児車>


イワイチョウ

イワイチョウ

イワイチョウ(リンドウ科) 名前の由来:葉が銀杏の葉に似ているからとのこと。


ニッコウキスゲ

ニッコウキスゲ

ニッコウキスゲ(ユリ科) <日光黄菅> 本当の名はゼンテイカ<禅庭花>


ミヤマスミレ

ミヤマスミレ

ミヤマスミレ(スミレ科) <深山菫>


カラマツソウ

カラマツソウ

カラマツソウ(キンポウゲ科) <唐松草> 葉柄の基部に托葉あり、ミヤマカラマツにはなし


ヤマハハコ

ヤマハハコ

ヤマハハコ(キク科) <山母子>


シロニガナ

シロニガナ

シロニガナ(キク科) <白苦菜>


ハナニガナ

ハナニガナ

ハナニガナ(キク科) <花苦菜> 舌状花が7枚以上


ハクサンボウフウ

ハクサンボウフウ

ハクサンボウフウ(セリ科)


ウゴアザミ

ウゴアザミ

ウゴアザミ(キク花) <羽後薊>


アキノキリンソウ?

アキノキリンソウ?

アキノキリンソウ?


アキノキリンソウ

アキノキリンソウ

アキノキリンソウ(キク科) <秋の麒麟草>


ホタルブクロ

ホタルブクロ

ホタルブクロ(キキョウ科) <蛍袋>