« 講演「秋田駒ヶ岳と植物」 | トップページ | 大石田そば街道 »

2017年10月 3日 (火)

臥龍の松

10月3日(火) cloud

一昨日山形県村山市大久保字下原 高屋穂澄氏所有の山形県指定天然記念物の「臥龍の松」(長四郎の松)を見学した。

この赤松、根囲3m、主幹は一回転して斜めにのびて、高さ5m、枝張り東西18メートル、南北20m、樹齢450年から500年と推察される古木。

地上0.7mのところで主幹から発した大枝は臥龍のように地面をはい、先端部は直上して偃蓋状に樹姿を整えている。

このような地面を這う形の大樹を見たのは初めてである。この度妻の兄弟・姉妹会が近くの碁点温泉であり、弟が私が巨樹・巨木に興味があることを知っていてくれ案内してくれた。

Dscf1405_640x480山形県指定天然記念物「臥龍の松」

Dscf1411_640x480地面を覆うよに這っているの松の大枝である。

|

« 講演「秋田駒ヶ岳と植物」 | トップページ | 大石田そば街道 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537995/65868435

この記事へのトラックバック一覧です: 臥龍の松:

« 講演「秋田駒ヶ岳と植物」 | トップページ | 大石田そば街道 »