« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月28日 (土)

今日の庭の花=キクザキイチゲ=

3月28日(土) sun

 今日は春休みの孫たちが遊びに来て、買い物したり公園でボール遊びをしたり、忙しく過ごした。暖かくなったので今日は久しぶりのお泊りである。

 孫たちも大きくなったもので、4月には4年生に進級。姉は吹奏楽部、弟は野球部に入るとのこと。二人とも特に優れた才能は持ち合わせていないようですが、元気よく楽しく部活をしてくれればそれでいいと思う。

<今日の庭の花=キクザキイチゲ・チオノドクサ=>

Dscf7136_640x480キクザキイチゲ① 菊咲一華 キンポゲ科 別名:キクザキイチリンソウ 花の色が微妙に変化があって面白い。

Dscf7137_640x480キクザキイチゲ② 名前は1本の花茎の茎頂に一つだけ花をつけるので「一華」で花被片の数が菊の花のように多いことから「菊咲」となったとのこと。

Dscf7138_640x480キクザキイチゲ③ 白花が今のところ見当たらない。

Dscf7140_640x480キクザキイチゲ④ 早春に芽をだし、結実させて初夏には地上から姿を消すので<春の妖精>といわれる。

Dscf7141_640x480チオノドクサ ユリ科 別名:キオノドクサ 原産地:キプロス・トルコなど。名前は、ギリシャ語のチオノ(雪)とドクサ(輝き・栄光)の二語からなり、雪解けの頃に咲いている姿を発見されたことによるそうです。小さな球根があり丈夫な花です。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月27日 (金)

今日の=庭の花=

 3月27日(金)  cloudonsun

 もう少し最高気温が上がると思ったが、東北では一番低かったようだ。それでも春は確実に進んで、庭の花もちらほら咲きだした。

============

Dscf7130_640x480咲きだしたミニスイセン。普通の水仙はまだです。


Dscf7135_640x480鉢植えのヒマラヤユキノシタ

Dscf7132_640x480地植えのヒマラヤユキノシタ

Dscf7134_640x480キクザキイチゲ

******************

今日午後からノースアジア大学シティカレッジで福岡政行氏の講演を聴いたが、アベノミックスの批判ばかりでイマイチだった。

Dscf7129_640x480

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月26日 (木)

ショウジョウバカマ

3月26日(木)  sun cloud

 彼岸も明け三月弥生も残り4日となった。今日は久しぶりに寒さが和らいだが相変わらず風が強く、春の陽気とはならなかった。

 それでも、風除室の棚で鉢植えの白花ショウジョウバカマ(猩々袴)が花を開いていた。

===============

Dscf7127_640x480花を咲かせた鉢植えのショウジョウバカマ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ショウジョウバカマ

3月26日(木)  sun cloud

 彼岸も明け三月弥生も残り4日となった。今日は久しぶりに寒さが和らいだが相変わらず風が強く、春の陽気とはならなかった。

 それでも、風除室の棚で白花の鉢のショウジョウバカマ(猩々袴)が花を開いていた。

===============

Dscf7127_640x480
花を咲かせた鉢植えのショウジョウバカマ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月24日 (火)

昭和の歌を楽しむ会

3月24日(火) snow

 三寒四温というが、最近の天気はまさにその通りで、庭の花たちも数日前の暖かさから、突然の雪と寒波で気の毒です。

 そんな今日、近くの南部市民センター なんぴあ で、第6回の<昭和の歌を楽しむ会>を開催。23名の歌好きが集まり、藤山一郎の唄24曲と北原謙二の「ふるさとのはなしをしよう」、秋田県民歌などを楽しみました。

 4月からは毎月第1火曜日の13時30分から15時30分まで、南部市民センターなんぴあで開催します。4月7日は霧島 昇の唄と古い映画<愛染かつら>、5月5日はムード歌謡を予定。参加費は無料ですが、資料代100円いただいております。近くの方は遊びに来てください。

  ****************

Dscf7124_640x480
今日の昭和の歌を楽しむ会の模様

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月21日 (土)

ミツマタの花

3月21日(土) sunoncloud

 今日、春分の日そして彼岸の中日。いよいよ春本番です。いつもの散歩コースの民家の庭先で今年もミツマタの花が咲きだしていました。毎年楽しませてもらっている花です。

 今日も国旗を掲揚し祝日を祝った。

Dscf7106_640x480庭に植えられていることが多いが、野生化もしている落葉灌木

Dscf7108_640x480枝が必ず三又に分かれるのでミツマタの名がついたという。木の皮は和紙の原料となる。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年3月20日 (金)

早春=道端の花=

3月20日(金) cloud

 

 今年の春初めて、近くの道端の湿地やあぜ道などに咲く花たちを見て歩きました。今年の冬に雪が少なかったためか、例年より野草の開花が早いように思えた。

 しかし、残念なのは近くの公園等の湿地に咲くミズバショウの花が、例年よりよくないように思えた。やはり今冬の雪が少なかった影響でしょうか?

Dscf7075_640x480南部地域のミニ湿地に咲くミズバショウ。株の数も年々減少している。


Dscf7094_640x480南部地域の公園に咲いたリュウキンカ


Dscf7081_640x480畦道に咲きだしたヒメオドリコソウ。


Dscf7082_640x475畦道に咲きだしたオオイヌフグリ。



Dscf7088_640x480早くもタネツケバナも咲きだした。


Dscf7110_640x480家の雑草園で、間もなく見ごろが終わるフクジュソウ。


Dscf7120_640x480家の雑草園で咲きだしたキクザキイチゲ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月18日 (水)

思いつくまま=岩木山=

3月18日(水) sun

 今日彼岸入り、今年一番の暖かさにつられ、庭の山野草などの鉢物を冬囲いから出して、春の準備をした。例年よりは7~10日早い作業。

 南の方では桜の便りも聞かれる嬉しい季節だ。


*************

Dscf7017_640x480
先日スキーツアーで訪れた青森県の岩木山

Dscf7039_640x480ナクア白神スキーリゾート(鰺ヶ沢スキー場)のゴンドラ

Dscf7040_640x480ナクア白神スキーリゾート(鰺ヶ沢スキー場)のゴンドラ

Dscf7013_640x480ナクアクアッド

Dscf7034_640x480宿泊したナクア白神ホテル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月17日 (火)

春の使者=クロッカス&フクジュソウ

3月17日(火) sun

 明日は彼岸入り、間もなく春本番。

 日当たりがあまり良くない我が家の庭ですが、やっと春の使者クロッカスとフクジュソウがが見ごろを迎えました。

Dscf7069_640x545クロッカス


Dscf7072_640x480福寿草

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月16日 (月)

ナクア白神でスキー

3月16日(月) sun

 昨日と今日、林友スキーツアーで岩木山の裾野に広がる「ナクア白神スキーリゾート」でスキーを楽しんできた。青空の下3~4年ぶりに旧鰺ヶ沢スキー場で、思う存分にスキーを滑った。

 参加者は女子3名を含む10名。私を除きみなベテランの仲間達。快晴のもと岩木山を眺めながらのスキーに女子参加者の声は<生きていてよかった>。うん そうだ・そうだの合唱。

Dscf7003_640x480初日15日のスタート


Dscf7004_640x480快晴のもと上々の雪質に満足の参加者


Dscf7021_640x480旧鰺ヶ沢スキー場は急斜面コースが少なく気楽に楽しめる。我々高齢者にとっては最適のスキー場だ!


Dscf7027_640x480 ベテラン男性参加者


Dscf7030_640x480今日16日朝の岩木山

Dscf7047_640x480今日も昨日以上の好天に恵まれた。あまり天気が良すぎて午後は雪がとけ、下の方はスキーが滑らなくなった。


Dscf7050_640x536今日の私を除く参加者一同


Dscf7055_640x480一休み・トイレ休憩

Dscf7062_640x480今日の模様


Dscf7064_640x480コーヒータイム


Dscf7066_640x480今日の最後の滑走13:00 



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年3月14日 (土)

「金を積まれても使いたくない日本語」の話

3月14日(土) snow cloud

 昨日ノースアジア大学でシティカレッジ(公開講座)の講演会があり、内館牧子氏が「金を積まれても使いたくない日本語」と題して、今年度三回目の講演を行った。

 ・ヤバイ ・ブッチャケ ・チョウ ・ヤッパなどを例に挙げ、今は市民権を得ている言葉ではあるが、このような言葉があまりにも多すぎる。如何なものか?と問題提起。

 また、敬語の使い方や外来語・平坦言葉についての問題指摘もあって、面白い講演会であった。

Img_0187_640x480講演する内館牧子氏

Img_0185_640x480内館牧子氏今年度最後の講演会とあって、会場は大勢の聴講者で一杯となった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月13日 (金)

交通事故

3月13日 (金) cloud

 今日午前10時過ぎ、外でドンと鈍い音がした。なんだろうとあわてて外に飛び出したら、家のすぐ傍の交差点で、バスと乗用車がぶっつかっていた。

 バスに乗っていたご婦人が顔から血を流していて、消防車・救急車・パトカーで大混雑となった。どうやら交差点で右方向から直進してきた乗用車が一時停車しないでバスの右前部に衝突したものらしい。

改めて、事故の恐ろしさと安全運転の大切さを実感した次第。

Img_0179_640x480大破した乗用車。エアバックが飛びだしていて運転者は怪我がなかったようだ!

Img_0180_640x480バスはやはり頑丈にできているようで、それほど大きな破損は」なく、運転手さんも怪我はないように見えた。


Img_0183_640x480事故後1時間ぐらい経過した後の模様

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月12日 (木)

巨木=真山寺の乳イチョウ=

3月12日(木) cloud

 先日仙北市西木町小山田の巨木=秋田県指定天然記念物=「真山寺の乳イチョウ」を観察できた。

 時々この近くを通っていたが、この地にこんな立派な巨木があることを知らなかった。友人の案内で、初めて見ることができ嬉しかった。

<案内看板には次の記述があった。>

 

  • 秋田県指定天然記念物 真山寺の乳イチョウ1本 
  • 昭和59年3月19日指定
  • 所在地 仙北市西木町小山田字石川原281番地
  • 所有者 華光院真山寺
  • このイチョウは、目通り幹囲7.6メートル、樹高約40メートル、枝張りは東西約25メートル、南北約20メートル、樹齢は約600年と推定される。主幹は、地上約4mで10数本の大枝を次々に分岐し、全体が直上して叢状の樹形をつくる。大枝の基部付近から大小10数本の乳柱が垂れ下がり、最大のものは長さ約2メートル径約30センチメートルに達する。実のならない雄株ではあるが、「乳イチョウ」と呼んで母乳の不足する婦人の信仰を集めている。秋田県では稀にみるイチョウの巨木として貴重である
  • 秋田県教育委員会 仙北市教育委員会

Img_0142_480x640見事な巨木「真山寺の乳イチョウ」


Img_0139_480x640イチョウは雌雄異株で乳イチョウの名があるが雄株であるという。


Img_0140_480x640所有者の真山寺には残念ながら住職がいないのか玄関までは除雪がされてなった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月11日 (水)

秋田市中央高齢者大学修了式

3月11日(水) snow

 今日、この冬最後のあがきかとも思える大荒れの天気となった。道路や田圃の雪がしっかり消えて、間もなく春本番かとおもっていたところに、今朝は真冬以上の寒波と台風並みの強風で、家の前は10センチ近い積雪となった。片づけた除雪道具を急きょ持ち出しての久しぶりの雪寄せをした。

 そんな今日、秋田市中央高齢者大学の平成26年度最後の学習会が行われ、会員の「体験・研究発表会」、引き続いての「26年度修了式」と「修了を祝う会(懇親会)」が盛大に実施された。

Img_0152_640x480今年度最後の学習会・修了式に参加した学生会員。

Img_0155_640x480今年度最後の学習会で「旧町名」について体験・研究発表する佐藤直一郎会員。

 

Img_0160_3_640x480修了式で挨拶する小野会長。

Img_0165_4_640x480修了式で挨拶する来賓の鎌田中央公民館長

Img_0166_640x480懇親会の余興で奇術を披露してくれた鎌田中央公民館長

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月10日 (火)

ご神木=中里のカンデコあげ=

3月10日(火) cloudsoonsnow

 秋田県仙北市西木町の中里集落には「中里のカンデッコあげ」という小正月行事が伝わっており、国記録選択無形民俗文化財・秋田県指定無形民俗文化財に指定されている。このたびこのご神木を見る機会に恵まれた。

 このカンデッコあげ行事は中里の賽の神堂の小正月行事として毎年旧暦1月15日の夜行われている。カンデッコとは朴(ほお)の木で作った小型の鍬のことで、このカンデッコと胡桃(くるみ)の木で作った男根をしめ縄の両端に結んで一対にし、これを写真のご神木である桂(かつら)の木に豊作や縁結び、災いの防禦など、その年への願い込めて投げ掛けるのがこの行事」である。

 道端の<賽の神堂>ご神木である桂の木には、今も古いものから新しいカンデッコがぶらさっがており、木の下に落ちているものもあった。この珍しい行事来年は直に見てみたいと思う。

Img_0137_640x480賽の神堂とご神木のカツラの木


Img_0133_480x640 Img_0134_480x640

 賽の神堂と鳥居

Img_0131_640x480
ご神木の木の枝にかけられているカンデッコ。

Img_0138_640x480
落ちていたカンデッコの男根

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 9日 (月)

ホザキヤドリギの観察

3月9日(月)  cloud

 過日、田沢湖畔でヤドリギを写しブログにアップしましたが、田沢湖畔には「ホザキヤドリギ」という貴重なヤドリギがあるという情報があり、仲間と確認に出かけた。

 結果はやはりありました。個体数は少ないようでしたが、寄生木の下に落下した枝と実があり、間違いなく「ホザキヤドリギ」があることが確認できました。

 此の地区にはヤドリギが寄生している樹木がかなり多いのですが、圧倒的に多かったのは普通の「ヤドリギ」で、次に多いのが「アカミノヤドリギ」のようでした。

 なぜこの地区にヤドリギが多いのか?、それはこの実を好むレンジャクなどの渡り鳥がこの地に多く集まるからと思いますが、鳥たちとってはここがいい環境なのでしょうか!?

Img_0127_640x480田沢湖畔に目立つヤドリギ。一本の木に3種類のヤドリギが共生しているようです。


Img_0122_640x480ミズナラに寄生したヤドリギ。

Img_0119_640x480寄生木の下に落ちしていたヤドリギの枝と実。


Img_0118_640x480寄生木の下に落ちていたアカミノヤドリギの枝と実。

Img_0120_640x480寄生木の下に落ちていたホザキヤドリギの枝と実。本種だけは落葉するようで枝に葉が着いていない。特徴は写真のように実が穂状に付いていることのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 8日 (日)

春の使者

3月8日 (日) cloud sun

 三寒四温というが、今日は四温の日であろうか、日中は部屋まで日が差し暖房を止めても寒くない、過ごし易い一日でした。

 明日は午後から雨の予報ですが三寒の一日になるのだろうか!?いずれ日々本格的春に近づいているようです。

春の使者である道端の<フキノトウ>も花を咲かせていました。

Img_0010_640x479_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 7日 (土)

春を呼ぶ花

3月7日(土)  cloud

昨日は啓蟄。

 冬ごもりの虫が、表にはい出す季節という意味のようです。3日のひなまつりあと10日あまりで彼岸です。

 近くの路地のマンサクも見ごろを迎えていたし、風除室の鉢植えミスミソウも見ごろになっていました。

 花瓶に挿していたサクラもかわいらしい花を咲かせました。今年の春はいつもの年より早いようです。

Img_0080_640x480近くの小路に咲くマンサクの花


Img_0084_640x480風除室でさくミスミソウ(雪割草)


Img_0088_480x6402週間ほど前に裏の公園のサクラの枝を花瓶にさしておいたものです。先に挿していた庭のオオヤマザクラの方はまだ蕾です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 6日 (金)

福寿草

3月6日(金) cloud

鉢植えの福寿草が咲いた。

つぼみが大きく膨らんでいたので1週間前に風除室に取り込んだところ、あっという間に花が開いた。

地植えのものは開花まであと少しの模様である。

Img_0005_640x480朝のフクジュソウ




Img_0019_640x480午後には風除室があったまり全開、夕方またしぼんだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 4日 (水)

シャフルボードを楽しむ

3月4日(水) rain

 今日、秋田県長寿社会振興財団(LL財団)主催のいきいき長寿あきた 2014ねんりんぴっく「シャフルボード親睦大会」が中央シルバーエリア体育館で開かれ、LL19期会の仲間と参加した。

 初めての経験で、昨日講習を受け、今日初めての試合だった。このスポーツ19世紀後半船旅の間に船員がレクリエーションで船の甲板で行たものらしいが、高齢者のスポーツには最適、なかなか面白いスポーツでした。

 下の写真はデジカメが故障し携帯電話のカメラで写したものです。

F1000090_480x640細長いコートを敷き、道具はデスクと呼ばれる丸い円盤とそれを押し出すキューと呼ぶ190㎝の棒状のものだけ。
F1000091_480x640キューでデスクを押し出し得点ゾーンに完全に入った点数を争うもの。最少に8点・10点に入っていても、後で相手がそれをはじき出たし大逆転もあるので作戦が重要となる。カーリングの要領で楽しむニュースポーツでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 3日 (火)

ヤドリギ

3月4日(火) cloud

 この季節県道・国道などを車で走ると、道路端の樹木に下の写真のような球形をした異物が目につく。この時期は樹木の葉が落ちているので特に目立つのである。

 ケヤキ、ブナ、ナラ、サクラなどの落葉樹に寄生する常緑の植物でヤドリギ(寄生木)である。下の写真は先日たざわ湖スキー場からの帰りに田沢湖畔で目にしたヤドリギである。

花期は2~3月というが花までは確認できなかった。

Dscf5631_427x640

Dscf5632_427x640キレンジャクなどの鳥がこの実を食べ、その糞から種が木の枝に付着し芽をだし樹皮に根をおろし寄生するという。そして木から養分をもらい成長する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 2日 (月)

気になる=萱屋根民家=

3月2日(月) snow

 仙北市西木地区の国道105号線沿いに大きな萱屋根の民家があり、今年も人の住んでる気配がなく、かつ屋根の雪おろしをした気配がなく、屋根が壊れかかっている。

 昨年もここを通って、このままにしてたら家がつぶれてしまうのではないかと心が痛んだが、今年も同じ状態が続き、状況はさらに悪くなっている。

 色々事情があって、このような状態になっていると思うが、このような民家はほとんど少なくなっている中、何んとかこの家を活用し保存できないものかと、このたびも痛切に感じた次第。

Dscf5641_640x427屋根が壊れかかっている萱屋根の民家


Dscf5642_640x427このままでは潰れてしまいそう!


Dscf5643_640x427立派な民家なので整備し民族資料館として一般開放できないものだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »