« 春の陽気 | トップページ | 講演会と研修会 »

2015年1月15日 (木)

民話と民謡のコラボレーション

1月15日(木) 曇り

 昨日サンパル秋田地下音楽室で民話と民謡のコラボレーション「創作 北のうみみち」という新春企画があり、久しぶりに民話・民謡を楽しんだ。

 プログラムは北前船に乗ったつもりで、民謡のルーツを探るもので、天草・牛深=牛深ハイヤ節から日本海を北上、丹後の宮津=宮津節、佐渡の小木=佐渡おけさ、酒田の湊=庄内ハエヤ。

 続いて土崎港=秋田船方節、新波の湊=大正寺おけさ、能代湊=能代舟唄。さらに北上青森に入り十三湊=十三の砂山、最後は北海道へ江差湊=江差追分。

 民謡のほか、ところところで民話もあって面白かった。博多津=海を走るウサギ、酒田の湊=酒田、十三湊=十三湖に沈んだ鐘、江差湊=江差むがし。

 出演は唄が二代目浅野梅若、浅野江里子、浅野晴香、浅野沙樹。伴奏尺八梅若梅貢、三味線梅若鵬修。民話の語り腰山照子、長谷川ミオ子。ナレション冨岡朝子。企画演出は「創作海の会」長山勉。

 民謡好きの私にとっては、秋田の若い民謡歌手の唄を聞けて楽しいひと時であった。

+++++++++++++++++

Dscf5171_640x427大正寺おけさを唄う二代目浅野梅若

Dscf5157_640x469 梅若社中の若手民謡歌手=左から・浅野沙樹・浅野晴香・浅野江里子


Dscf5159_640x427民話を語る腰山照子


Dscf5164_640x427民話を語る長谷川ミオ子


Dscf5169_640x427伴奏の尺八:梅若梅貢、三味線:梅若鵬修

Dscf5179_640x453出演者一同







|

« 春の陽気 | トップページ | 講演会と研修会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537995/60977071

この記事へのトラックバック一覧です: 民話と民謡のコラボレーション:

« 春の陽気 | トップページ | 講演会と研修会 »