« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月31日 (日)

アケボノソウ

8月31日(日) sun

仁別国民の森で秋の花「アケボノソウ」(リンドウ科)が咲きだしていました。

Dscf3276_427x640_2
秋の花なのでまだかと思ってのぞいてみたらもう咲いていました。

Dscf3273_640x427
花の色を明け方の空の色に、花冠の細かい斑点を暁の星にみたてアケボノソウ(曙草)と名がついたようです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月30日 (土)

ヤブツルアズキ

8月30日(土) sun

 午前中老人クラブの仕事を少しだけこなし、午後は「秋田ふるさと学講座」を受講。秋田の戦国時代の最終回<佐竹氏の入部>について秋田大学教育文化学部 渡辺英夫教授の講義を聴く。次回からは秋田の幕末(全8回)に入る。

 写真は昨日御所野で観察した「ヤブツルアズキ」。昨年以上に個体が増えていて安心した。

Dscf3241_640x427
会社の敷地で春に草刈され、今年はダメかと思ったが、刈り払い時期が早かったので助かった。

Dscf3245_640x427アズキ状の果実はこれからのようである。

Dscf3248_640x427アズキの原種とのことであり、藪に生え蔓状になるアズキということで藪蔓小豆と書く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月29日 (金)

長木渓流

8月29日(金) cloudonsun

 過日大館市雪沢温泉近くの長木渓流を散策した。

 目的は渓流沿いに生えているアオヤジロ(蒼彌白)という天然秋田杉を見るためだったが、結構景色のいい渓谷だった。近くには小坂鉄道のレールバイクの乗り場があり、楽しい場所だった。紅葉の季節にももう一度訪ねてみたい。

Dscf3203_640x427
Dscf3204_640x427
Dscf3214_640x427


| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤ちょうちんで一杯

8月28日(木)  sun

 朝夕が急に涼しくなって、さわやかな秋空の一日となった。

 夕方から、2年半ぶりになじみの赤ちょうちんにK家族と同伴で出向き、一杯を楽しんだ。嬉しい一日でした。

 

 

Dscf3216_427x640
夏の終わりから秋にかけて咲く「キンミズヒキ」(バラ科)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月27日 (水)

アオヤジロを訪ねる

8月27日(水) sun

今日は久しぶりの快晴に恵まれ、植物や樹木に詳しい先輩3人とともに、県北部のアオヤジロ(蒼彌白)と呼ばれる天然秋田スギを訪ねた。

 アオヤジロは葉が黄緑色で天然秋田杉の変種と思われるが、江戸時代後期の紀行家菅江真澄が当時大館地方を旅していたとき、このあたりにスギの大木がひしひしと生えており、蒼彌白という古いスギの木を香木にすると、とても香りがよく秋田杉として有名だと人が語っていたという趣旨の記録を残している。

 また、今の藤里町粕毛では、「生ひ茂る梢にまじる蒼社 いく世を杉のたてるなるらむ 真澄」と詠んでいる。

 さらに、秋田営林局が発行した「秋田山形の老樹名木」には北秋の国有林のアオヤジロについて「樹葉は黄金色を呈し材は淡緑色をなし、樹形整美にして生育良好なり。材は特殊の芳香を有し、酒造容器として最も珍重せられ古来より衆人羨望の的となる」と記されている。

 これらの記録を見るにつけ、江戸時代の天然秋田杉林の中には、香りのよい貴重なアオヤジロが混じって生育していたことがうかがえる。

 そんなアオヤジロを直接見たいと思い、有志で現地を訪ねてみた。春の芽吹きの頃は葉が黄金色に輝くが、この時期はイマイチである。

Dscf3178_427x640
北秋田市合川八幡岱新田 高橋さん宅裏山のアオヤジロ。

Dscf3196_640x427
大館市 長木沢国有林のアオヤジロ

Dscf3226_427x640
藤里町 茂谷スカイライン傍のアオヤジロ。中央の低いスギと思われるが、明確には判らなかった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年8月24日 (日)

兄弟・姉妹会

8月24日(日) sun

 昨日と今日、ブナの森玉川温泉「そよ風」で妻の兄弟・姉妹会を開き9人が集合した。妻の兄弟・姉妹は5人なので10人が集まるところだが、妹の旦那さんが亡くなったので、残念ながら9人になってしまった。

 メンバーは全員65歳以上の高齢者になってしまったが、久しぶりに私のふるさと玉川に集合し大いに語り合い、楽しいひと時を過ごした。

Dscf3169_640x427_2途中しばらくぶりに立ち寄った、故郷の玉川ダム「宝仙湖」。 正面の男神山・女神山だけは、今も変わらぬ姿で私たちを迎えてくれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月22日 (金)

ニオイハンゲ

8月22日(金) cloudsoonsun

今日の庭の花=ニオイハンゲ=

Dscf3160_640x427
鉢植えの「ニオイハンゲ」 サトイモ科ハンゲ属 中国原産

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月20日 (水)

田沢湖踊り

8月20日 (水) cloudonrain

 お盆過ぎになって毎日梅雨のような嫌な天気が続いている。広島や九州では豪雨による大被害!いったい地球はどうなっているのか!?

 秋田市の故伊藤 要さんが生前に作詞・作曲していた「田沢湖踊り」という曲が土崎の加賀谷一敬さんによって日の目を見た。なかなか良い曲なので歌詞を紹介する。

「IMG_20140820_0001.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月19日 (火)

庭に咲く花=ツリガネニンジンなど

8月19日 (火) cloud

毎日楽しませてくれたフヨウの花がほぼ終わり、今庭で見ごろを迎えた花は、ツリガネニンジンとヤブラン。

Dscf3149_427x640_2高山ではハクサンシャジンと呼ばれる花ですが、今年も庭で綺麗に咲いてくれた「ツリガネニンジン


Dscf3153_427x640_2
まだ咲いているミソハギだが、今年の花はあまり良くなかった。

Dscf3151_640x427_2
毎年元気すぎるほどよく咲く「ヤブラン」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月18日 (月)

少なくなった「オミナエシ」

8月18日(月)  cloud

 あっという間にお盆休みも終わった。

 お盆休み期間中に3日連続でボランティア活動に従事、やっと今日ゆっくり静養することができた。

 お盆といえば、私が小さい頃は、山野草であるオミナエシとミソハギが盆花と称して、仏様に飾る花であった。

 最近ミソハギには時々見当たるが、オミナエシはめっきり少なくなり、野山で見ることが少なくなった。

 一昨日秋田市立植物園で、久しぶりに綺麗なオミナエシに出会った。植物園に遊びに来てくれた女性も、今日はオミナエシが見れて良かったと喜んでいた。

Dscf3114_640x427

仁別植物園で綺麗な花をつけていたオミナエシ。なんで「女郎花」と書くのか?綺麗な花なので女郎なのかなぁ・・・・・!白い花のオトコエシ(男郎花)は道端で多く目にするが、オミナエシはほとんど目にしなくなった!

Dscf3110_640x427
その植物園の近くで、これもまた少なくなってきたサギソウ(鷺草)が花をつけていた。本当に鷺が羽を広げたような優雅な姿に感激する!いつまでも大切にしたい花です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月15日 (金)

終戦記念日=誕生日

8月15日(金) rainsooncloud 

 今日は69回目の終戦記念日を迎えた。そして私の76回目の誕生日です。

 終戦の時のことは今もはっきり覚えている。当時私の生まれた集落には電気も電話もなかった。私はいつも家の前にある営林署の事業所近くで遊んでいた。そんな時事業所に森林電話で戦争が終わったとの緊急連絡が入った。そして事業所職員から早く家に帰って親父に知らせよといわれた。

 走って家に帰り、田圃にいた親父に教えたが、そんな馬鹿なことあるかと一笑されたことを思い出す。今考えれば集落の住民で一番早く終戦を知ったのは私ということになる。

 今日私はボランティアで仁別森林博物館の案内に従事したが、博物館内に戦争にかかわる珍しいものが展示されている。それは「零式戦闘機」に使用される木材で作られたプロペラの試作品である。説明版とともに紹介する。

 この試作品は実際には使われることがなく終戦を迎えたとのこと。今日の森林博物館には遠く金沢市から足を運んでくれたご夫妻と息子さんが熱心に天然秋田杉や林業の事を勉強されていたが、このお客さんとも木材で作られたプロペラを案内しながら平和の尊さを話し合った。

 

Dscf3083_640x427ブナ材で試作された零戦のプロペラ↑と説明版↓
Dscf3085_640x427

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月14日 (木)

これって 「酔芙蓉」

8月14日(木) sun

 昨日は大潟村の墓地公園に先祖の墓参り、そして今日はお盆休みというか、家でゆっくり休養。じっくり甲子園の高校野球を観戦できた。

 昨日の利府(宮城)に続き、今日も聖光学院(福島)と山形中央が1回戦を勝ち進んだ。これから出番の青森・秋田・岩手を含め東北勢の活躍が期待される。角館がんばれ!

 写真はまたも庭に咲く芙蓉の花で恐縮だが、朝方は比較的白い花が、夕方にはうっすらと紅色に染まっている。もしかしてこれが、酔芙蓉というものかと気になって・・・・?

Dscf3061_640x427夕方になってうっすらと紅色に染まった芙蓉の花。

Dscf3036_640x427朝方はこんなに白かった芙蓉。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月12日 (火)

フヨウ

8月12日(火) cloud

 今庭の「フヨウ=芙蓉」が見ごろである。花が大きいので台風崩れの風雨で、少し姿が崩れたが、さすが美女の形容詞でもあり見事である。

 富士山のことを芙蓉峰と呼ぶそうだが恥ずかしながら知らなかった!そういえば今NHK土曜ドラマで「芙蓉の人~富士山頂の妻」というのをやっている。

 夕方少し赤みを帯びる酔芙蓉というのもあるそうだが、我が家のは普通のフヨウだと思うが?。

Dscf3036_640x427
我が家の庭に咲くフヨウ(あおい科)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月11日 (月)

東海林太郎と昭和歌謡コンサート

8月11日(月) rain cloud

 昨日秋田魁ホールで土崎歌謡愛好会主催の「東海林太郎と懐かしの昭和歌謡コンサートが行われた。

 会を主宰する加賀谷一敬さんが、国民歌手東海林太郎を讃えようと・湖底の故郷・名月赤城山・赤城の子守唄などを披露したあと、昨年亡くなった伊藤 要先生の門下生が得意の昭和歌謡を発表した。

 またこのたび、伊藤 要が生前に作詞作曲した遺作「田沢湖踊り」という曲が加賀屋一敬さんの唄で初披露された。私の故郷田沢湖の唄でもあり、とてもうたいいやすい曲でよかった。こんどCDが作成されるというので楽しみである。

 最後に参加者全員で・あざみの唄・ふるさとの話をしようなどを合唱し、楽しいひと時を過ごした。

Dscf3039_640x427_2
正面には東海林太郎と伊藤 要の遺影が飾られていた。



Dscf3041_640x556
東海林太郎に紛して歌う加賀谷一敬さん。

Dscf3043_640x427
昭和歌謡を披露する伊藤 要門下生の皆さん。


Dscf3055_640x427
秋田歌要会の会主だった伊藤 要さんの遺作「田沢湖踊り」を初披露する加賀谷一敬さん。

Dscf3056_640x427
最後に参加者全員で「誰か故郷を想わざる」を合唱。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 9日 (土)

ふるさと学講座

今日、美の国アクティブカレッジ あきたふるさと学講座>を聴講した。有料講座で秋田の戦国時代の7回目、今日のテーマは「青森の安藤氏~檜山安東氏・湊安東氏の前史~」 講師は弘前大学教育学部教授 齊藤利男氏。

専門的で少し難しい部分もあたが、戦国大名檜山安東氏と湊安東氏のことが、おぼろげながら理解できたかな?

Dscf3035_640x427
講演する弘前大学教育学部教授 齊藤利男氏。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 6日 (水)

孫帰る

8月6日(水) rain

 今日は秋田の竿燈まつり最終日だが、あいにく時々にわか雨の降る天気となった。せっかく秋田を訪れた観光客にどう対処したか心配である。

 夏休みで3泊した孫たちを夕方本荘の自宅まで送り届けほっとしたが、なんだかんだしているうちに間もなくお盆だ!

 明日・明後日は友和会の役員会やホタル生息調査のまとめなどまた忙しい日が続く。

《写真は庭に咲くユーコミスとムクゲ》

Dscf3030_427x640
ユーコミス=別名パイナップルリリー

Dscf3033_427x640
垣根のムクゲ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 5日 (火)

「フヨウ」咲く

8月5日(火) rain cloud 

 今日は大雨になるかと心配したがそれほどでもなく、午後からは曇り空で何とかもっている。

 午前は「菅江真澄研究会」の学習会に久しぶりに出席し、小野 努氏の<江戸幕府の採薬使と菅江真澄>と題する内容の濃い発表を聞き大変参考になった。

 午後は遊びに来ている孫達とゲームセンターで遊ぶ

《写真は庭に咲く花たちです

Dscf3024_640x427 今朝はじめ一番花が咲いた。直径20㎝を超える大きな花です。これから毎日次々と新しい花が楽しめる

Dscf3027_427x640 白く小さなホタルブクロがまだ花をつけている。

Dscf3028_427x640 オニユリ が今見ごろ です。 

Dscf3029_427x640_2    Dscf3031_427x640_2

グラジオラスはそろそろ終わりですが、最後にかわった色の花が咲いてくれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 4日 (月)

孫とプール

8月4日(月) sun

 昨日から小3の二人の孫が夏休みで遊びに来ている。昨日から竿燈まつりが始まったので、誘ってみたがまったく関心をしめさなかった。

 今日は一日ザブーンで泳ぐことになった。これは予定のコースである。長時間の監督はつかれるので、数年ぶりに爺もプールに入ることになった。

 爺の泳ぐのを見ていた孫からよほど心配なのか、ジーチャン泳がないでと注意された。仕方なく浮き輪につかまってプールを歩き回って時間をつぶした。

 夜は家の前で花火遊び興ずる。



Dscf3021_640x427_230x333_4
 花火遊びをする孫達

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 3日 (日)

子供たちと自然塾

8月3日(日) sun

 昨日2日、仁別国民の森で日本森林林業振興会の親子自然塾が行われ、お手伝いで参加した。

 参加者は子供さんたちと若いお父さん・お母さんで9家族23名。いつもは静かな国民の森だが、今日ばかりは元気いっぱいの子供たちの声でで、蝉の声も聞えないほどのにぎやかだった。

 午前はネイチャーゲームと自然観察会・森林博物館の見学。昼は博物館横で振興会支部長が作ってくれた豚汁に舌鼓をうち、おかわりも出るほどの人気・・・happy01

 最後は木工品作りに挑戦、子供もお母さんも金槌で釘を打つのに必死だった。

Dscf2996_640x427子供たちのネイチャーゲーム

Dscf3001_640x427子供たちのネイチャーゲーム

Dscf3003_640x427めおと杉前での観察会


Dscf3005_640x427旭川にかかるつり橋は子供たちの人気。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »