« 別れの意味 | トップページ | 啓蟄 »

2014年3月 3日 (月)

鉱業博物館

3月3日(月) 曇り時々雪

 昨日所属する会の研修で秋田大学の「鉱業博物館」を訪ねた。

 今の博物館ができて間もない頃一度見学した記憶があるが、今度の見学で素晴らしい博物館であることを改めて再認識した。

 時間をとってゆっくり地球のことを勉強してみたいものだ。

Dscf0088_640x480

秋田大学 大学院工学資源学研究科付属 鉱業博物館

Dscf0089_640x480

一階の特徴ある案内標示

  Dscf0101_640x480_2   Dscf0102_640x480_2

光を発する鉱物       黄銅鉱

Dscf0106_480x640   Dscf0109_640x480

紫水晶のジオード   菱マンガン鉱

Dscf0113_640x480   Dscf0117_640x480

南極大陸の石炭     ストロマトライト

Dscf0126_640x480

世界鉱産地球儀

|

« 別れの意味 | トップページ | 啓蟄 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537995/59233223

この記事へのトラックバック一覧です: 鉱業博物館:

« 別れの意味 | トップページ | 啓蟄 »