« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月29日 (土)

高齢者の年度末

3月29日(土) sunoncloud

 三月弥生もあと残すところ二日となった。

 仕事を終えた高齢者にとっては、会計年度はあまり関係ないが間もなく新年度平成26年度となる。

 現役で仕事をしている人達は決算や人事異動などさぞ忙しい日々だと思う。

 若いときのことを思い出すと、私は人事担当だったので、この時期は新規採用者や人事異動者の辞令準備など多忙を極めたことを思い出す。

 明日は若いときお世話になった上司が亡くなり葬儀に参列予定だ。、そして春休みになった小さい孫が泊りで遊びに来るという。老人クラブの総会も近い。飲み会もあるbeer。ここしばらく忙しい日が続きそうだ

後期高齢者の年度末・新年度も忙しいぞ・・・・・・。

Dscf0354_640x480 見ごろを迎えた庭の福寿草

Dscf0356_640x480 湯田 小林定雄作のこけし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月28日 (金)

庭に春が!

3月27日(木) cloud sun

 春に三日の晴れ無しというが、今日も春のいい天気に恵まれた。気温が上がり我が家の庭にも一気に春が訪れた。

 昨日クッカスが開花、そして今日午後になってフクジュソウも開花した。

 近くのミニ湿地をのぞいたら、ミズバショウが花が苞を出していたが、まともな苞ではない。一人前の花にはなれないようだ。この湿地の自然も壊れてしまった!                                                                           

 リュウキンカも小さい株が芽を出していたが、開花はまだだった。

Dscf0352_640x480 昨日開花した庭のクロッカス

Dscf0351_640x480 今日午後になってようやく開花した庭フクジュソウ

Dscf0337_640x480 みじめな姿のミズバショウ

Dscf0339_640x480 オオイヌフグリも花を開いた。

Dscf0345_640x480 フキノトウも大きくなり間もなく春爛漫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月25日 (火)

嬉しい便り

3月25日(火) cloud

今日嬉しい便りが届いた。

 遊びに来て一昨日帰って行った新潟の孫が、看護師の国家試験に合格したとのこと。大丈夫とは思っていたが、少しだけ心配だった。

 これで4月1日の新津の病院への就職が決まったようだ。看護師の仕事は結構大変のようだが、やりがいのある仕事だから頑張ってもらいたい。

Dscf0328_640x480 白花に遅れてピンクの花も咲いたバイカカラマツ。

Dscf0136_640x480 瀬谷幸治作のこけし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月24日 (月)

膨らんだ冬芽

3月24日(月)  sun cloud

 今日は気温も上昇、嬉しい春の陽気となった。

 我が家の庭もやっと雪が消え、遅い春がやってきた。ぽかぽか陽気に誘われた今日、山野草の鉢物を雪囲いから取り出し定位置に戻した。

 よく見ると、我が家の寒い庭の植物たちの冬芽も大きく膨らんでいた。

Dscf0325_640x480 鉢植えのトチノキの冬芽も大きく膨らんでいた。

Dscf0326_640x457 オオカメノキの冬芽。これは花芽でふっくらと大きい。今年は花芽が多く楽しみだ。

Dscf0135_640x480 おまけのこけし。(作者の名前が読めない・・・すみません)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月22日 (土)

春の使者=バイカカラマツ=

3月22日(土) cloud

 昨日の春分の日は、一日雨模様で寒々とした残念な一日だった。

 今日は久しぶりに孫たちが集合する。新潟から大きい孫、近くの小さい孫とにぎやかな夜になりそうだ!

歓迎する庭の花は、バイカカラマツ。フクジュソウの花は間に合わない。

Dscf0318_640x480 風除室の中のバイカカラマツ(白花)が咲いた。紅花は少し遅れて咲きそうだ!

Dscf0316_640x480 庭のやっと雪が消えかけた所にフクジュソウの芽が顔を現していた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月20日 (木)

春を待つ太平山

3月20日(木) rain

 秋田市は雨の一日。

 明日は「春分の日」そして彼岸の中日、天気になってほしいがどうも怪しい空模様だ。

Dscf0287_640x533 秋田市目長田跨線橋(国道13号)から眺めた春を待つ太平山の山並み。左:前岳 中央:中岳 右:奥岳(太平山頂) 今年は登れるかな?

Dscf0290_640x480 太平地区まで進むと奥岳が見えなくなり中岳が目の前に迫る。山はまだ春には遠い。これから「鶴の雪形」を見るのがが楽しみ

Dscf0293_640x480 前岳登山道登り口近くにある秋田市植物園の池もじっと春を待っていた。 =写真はいづれも昨日の撮影=

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年3月19日 (水)

春の使者=マンサク=

3月19日(水) sun cloud

 彼岸入りし、秋田にも春のきざしが・・・・・ 南からは桜の花の便りも届いたが、こちらはまだ1か月も先の話だ!

 秋田で今花を楽しめるのはマンサクである。そろそろ咲いていると思い、秋田市仁別の「市植物園」を訪ねてみた。今年初めての自然観察です。

咲いていました。でも花のつき具合はあまり良くなかった。

Dscf0295_640x480 秋田市植物園のマンサク

Dscf0298_640x480 先ず咲くからマンサクになったとか?可愛い花です。

Dscf0301_640x480 こっちの木は特に花つきが悪かった

Dscf0285_640x480 この花は家の近くの歩道脇に植えられていたものを一枝いただき花瓶にさしたものでマルバマンサク。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月17日 (月)

北帰行

3月17日(月) sun cloud

 今日は久しぶりに日も射し、春の息吹を感ずる気持のいい朝を迎えた。

 午後からはLL19期生の仲間から駅前でカラオケをやらないかと誘いがあり、あまり得意ではないが折角のお誘いなので参加してみることにした。

 先日牛島駅構内で「あけぼの」のラストランを待っているとき、上空を白鳥の北帰行が過ぎ去った。小グループの集団だったが、無事北に帰れることを願った。

Dscf0266_640x558 小さな集団の北帰行でした。シベリアに向かうのでしょうか? 無事を祈って見送った。

Dscf0133_640x480 飯豊の横山水樹作

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月15日 (土)

「あけぼの」ラストラン

3月15日(土) cloud

 寝台特急「あけぼの」は昨日がラストランと思っていたら、下り列車の青森行きは今日が最後だった!

 昨日の朝に続き今朝も見送りに行ってきた。これが本当のお別れとなった。

 昨晩からテレビ生中継などマスコミの取り上げも大きく、惜しまれながらの引退、本当にお疲れ様でした。

Dscf0272_640x470 牛島駅構内で30分以上の遅れを寒さに震えながら通過を待った。

Dscf0273_640x480 さようなら あけぼの

Dscf0274_640x480 ごくろうさん あけぼの

Dscf0258_640x480 上り上野行きのラストランで昨夜秋田駅を出発す「あけぼの」。NHKテレビ画面から

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月14日 (金)

特急寝台あけぼのにお別れ

3月14日(金) cloud snow

 今朝、羽越本線を走る「特急寝台あけぼの」下り青森行き列車と最後のお別をれした。

 秋田駅の一つ手前の牛島駅を6時35分ごろ、雪煙を上げて通過する「あけぼの」を見送った。

 「あけぼの」は昭和45年に寝台特急としてデビューし、出生列車として人気があったとの事である。

 「あけぼの」には私も有志旅行などで数回世話になったし、昭和50年ころ山形県鶴岡市に勤務していたころは、住まいが駅近くの線路傍だったので、毎日見て過ごした。

 朝5時過ぎの静かな時に通過したので、結構振動があり、目覚まし時計代わりになった。秋田に急用があった時などは立ち席で利用したこともある。

 いずれ思い出深い列車である。さようなら”あけぼの” 出来れば今日の夜の最後の上り列車も見送りたいが?

Dscf0241_640x480 朝の牛島駅

Dscf0245_640x516 牛島駅に入る下り青森行きの特急寝台あけぼの!

Dscf0246_640x480   雪けむりを上げあっという間に通過

Dscf0247_640x480_2  さようなら あけぼの

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月12日 (水)

雪の花

3月12日(水) 曇り

 朝起きると街路樹や庭の木々に雪の花が咲き見事であった。こんな景色も間もなく見納め、そろそろマンサクや福寿草の花が見られるころだ!

 今日は秋田中央高齢者大学の今年度最後の学習会と修了式があり参加した。久しぶりに蛍の光を歌う。最後は修了式を祝う会に移りカラオケで盛り上がる。みんな元気で健康な高齢者達ばかりだった。

Dscf0209_640x480 ケヤキの街路樹に咲いた雪花

Dscf0205_640x480 我が家の垣根マユミに咲いた雪花

Dscf0171_480x640 こんな冬の芸術もこれが見納め!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月11日 (火)

安比スキーツアー 二日目

3月11日(火) 曇り  

 東日本大震災今日3年目を迎えた。3年前の事を思い出すとぞっとする。日常品の買い物・ガソリンの調達に苦労したことが思い出される。被害者の事を考えればこんなことで苦労したなどというのは不謹慎かもしれないが・・・・。

大震災では死者・行方不明者は1万8千500人を超え、その後の体調不良で亡くなった「震災関連死」も3千人を超えたとのこと。

高齢の自分には何もできないが、一日も早い復興を祈るのみである。

こんな日にスキーツアーの写真など不謹慎かもしれないが、お許しいただきたい。

Dscf0175_640x480

朝9時宿の「若畑の湯」を出発。晴れたり曇ったりの落ち着かない天気だが、スキーには申し分のない天気だ!

Dscf0178_640x480

西森山(1328m)山頂にて。天気が良いうちにと西森山山頂から八幡平方向の景色を眺めようとしたが、秋田県側はガスっており、残念ながら目的は果たせなかった。

Dscf0184_640x480

前森山ザイラークワット終点にて。昼近くには岩手山の雄大な山容も雲に隠れ、山の写真は思うように撮れなかった。

Dscf0191_640x480

ザイラロングコースにて。

Dscf0195_640x480

昼近くには一時吹雪状態になり、無理をせず早めに切り上げ途中の「まっちゃん市場」で名物の<ほろほろそば>に舌鼓を打って帰宅の途のついた。まっちゃん市場に向かっているとき<キツネ>の歓迎を受けたのは運が良かった!高速を走っているとき皮肉にも岩手山が姿を現した、悔しい、山で眺めたかったのに・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月10日 (月)

安比スキーツアー ①

 3月10日(月) 晴れのち曇り

 昨日と今日一泊二日で岩手県安比スキー場でスキーを楽しんだ。林友スキイングクラブの仲間10名でのスキーツアーである。昨年も安比に来たが今年の安比スキー場は雪が多く最高だった。

 秋田を8時に車で出発、スキー場に着いた11時ころから4時近くまでは快晴、今年一番の好天に恵まれた。

 今日の写真は初日の模様です。

Dscf0139_640x480

12時前に宿泊場所の若畑温泉を出発しゲレンデに向かう。

Dscf0141_640x480

安比スキー場リゾートセンター、安比プラザ前ゲレンデ。

Dscf0144_640x480

昼食前に安比ゴンドラで前森山山頂へ。

Dscf0148_640x480

二日目に向かう予定の西森山イヌワシコースを望む。

Dscf0153_640x480

午後のザイラーロングコースにて。

Dscf0155_640x480   Dscf0157_640x480

午後3時近くになって岩手山が顔を隠す・・・・残念!

Dscf0161_640x480

コーヒータイム後の午後3時半過ぎ、もう一滑りと元気よく出発!ザイラーゴンドラ前にて・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年3月 8日 (土)

寒さ戻る

3月8日(土)  雪時々晴れ 

 啓蟄が過ぎて春が近づくどころか、真冬に逆戻りした秋田市は冷蔵庫の中のような寒さで、ぶるぶるだ!

 昨日は今年一番の吹雪で、車の運転中前の車が全く見えず、知らず知らずに車道の真ん中を走っていた。

 もう少しで事故を起こすところだった。帰りに同じところを通ったらパトカーがいたので、多分事故が起きたと思う。くわばら、くわばら!

 今日は昨日よりも寒さは厳しかった。それでも時々陽射しがあり、気分的はなごやかに過ごした一日。

Dscf0129_640x480

真冬に逆戻りした家の前の通り。

Dscf0132_640x480

信隆(61歳)作

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 6日 (木)

啓蟄

3月6日(木) 雪 時々吹雪く

 今日は啓蟄。

 春のきざしを感じた虫が土の中から出てくるどころか、今日の寒さで土の奥深くにもぐりこんだのではと思う!

 一日パソコンをいじって過ごす。エクセルにの便利な機能を使うと面白い作業がどんどんできる。パソコンてすごいなあと改めて思う。目からうろこが落ちる!

Dscf0020_480x640

岡崎昭一作

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 3日 (月)

鉱業博物館

3月3日(月) 曇り時々雪

 昨日所属する会の研修で秋田大学の「鉱業博物館」を訪ねた。

 今の博物館ができて間もない頃一度見学した記憶があるが、今度の見学で素晴らしい博物館であることを改めて再認識した。

 時間をとってゆっくり地球のことを勉強してみたいものだ。

Dscf0088_640x480

秋田大学 大学院工学資源学研究科付属 鉱業博物館

Dscf0089_640x480

一階の特徴ある案内標示

  Dscf0101_640x480_2   Dscf0102_640x480_2

光を発する鉱物       黄銅鉱

Dscf0106_480x640   Dscf0109_640x480

紫水晶のジオード   菱マンガン鉱

Dscf0113_640x480   Dscf0117_640x480

南極大陸の石炭     ストロマトライト

Dscf0126_640x480

世界鉱産地球儀

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 1日 (土)

別れの意味

3月1日(土) 曇り時々晴れ

 2月が逃げるように去り、三月がさっとやってきた。今日から弥生三月。

 私は毎年お寺で届けてくれる「曹洞宗宝暦」という暦を愛用している。3月弥生の欄に<別れの意味(長岡俊成)>という文章が載っている。

《年度末の三月は別れの時期。家庭や学校などで別れの光景が繰り広げられます。絆が深かった間柄であればあるほど、別れはつらいものです。「会者定離」という言葉があります。「出会った人とは必ず別れなければならない」という理を示しています。・・・ 以下省略》

 私の別れの最初は満一歳の時の「母との別れ」です。もちろん母の顔もわからない別れです。無情の別れをした母の下に行く日も近くなりつつあるが、若くしてこの世去った母にかわり少しでも長生きしなければと思う弥生三月一日。

Dscf0018_480x640

賢一作

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »