« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月27日 (木)

協和でスキーを楽しむ

2月27日(木) 晴れのち曇り

 朝、友人のH氏から暇だったら協和スキー場に行かないかと誘いがあり、天気も良く一も二も無く応じ彼の車で協和に向かった。

 気温が上がり雪質は春のベタ雪でイマイチだったが、今年初めての協和スキー場で、彼からアドバイスをもらいながらスキーを楽しんだ。

Dscf0085_640x480

スキーセンター前のゲレンデを上から望む

Dscf0079_640x480

スキーセンター前のゲレンデ。右が第一ペアリフト。

Dscf0080_640x480

第二ペアリフト乗り場のスキーヤーとボーダー

Dscf0078_640x480

春休みに入ったという大学生や地元協和中学校の女子スキー教室、自衛隊のスキー訓練が目についたが、スキー場はがら空きだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月26日 (水)

雪割草

2月26日(水) はれ

 如月も残すところあと二日 逃げるように過ぎ去ろうとしている!

 今日は暖かい一日となった。秋田市でも最高気温が7℃を越えた!

 風除室の覆いをはぎ中をのぞいたら雪割草が花を付けていた

Dscf0059_640x537_640x537

立派な花ではないが、春を告げる花はうれしい

Dscf0060_640x561_640x561

雪割草は別名でミスミソウが本当の名前らしい。また、秋田県に生育している種類はスハマソウと呼ぶとのこと?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月24日 (月)

輪投げ&反省会

2月24日(月) 曇り

 地域の老人クラブ「軽スポーツ友の会」の冬期間の輪投げが今日で終了し、打ち上げ反省会(成績発表・表彰そして懇親会)を行った。

 従来冬期間の運動不足解消のため、室内グラウンド・ゴルフを行ってきたが、会場の地域コミニュティセンターの新築工事のため、昨年と今年止むを得ず町内会館で輪投げを実施してきた。

 今年の冬からは5月オープンする秋田市民南部サービスセンター「なんぴあ」でまた室内グラウンド・ゴルフを楽しむことができる。

Dscf0062_640x480

昨年11月11日から今日2月24日まで全回(8回)参加し、得点623点で見事最優秀賞をゲットしたM氏。最高得点賞(びっくり賞)も併せて獲得。

Dscf0073_640x480

懇親会風景

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月23日 (日)

小松アニーさんの講演

2月23日(日) 曇り・時々晴れ

 今日秋田県生涯学習センター主催の美の国アクティブカレッジ特別公開講座があり、午前中の「身近な国際交のまち・秋田」を聴講した。

 講師はインドネシア共和国出身で由利本荘市在住の小松アニーさんでインドネシアと日本の文化の違い・言葉の違い・季節の違い・日本に来て驚いたことなどについて熱く語ってくれた。

 アニーさんはインドネシア舞踊の先生で講話の前後にインドネシア舞踊を披露してくれた。

 午後も「台湾文学事情」と題する講師北条常久の講演もあったが聴講できなかった。

Dscf0050_640x480

講演する小松アニーさん

Dscf0048_640x480   Dscf0055_640x480

インドネシア舞踊を披露するアニーさん

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月22日 (土)

親子スキー教室

2月22日(土) 曇り時々雪

 今日全国森林レクリエーション協会秋田支部・日本森林林業振興会秋田支部主催の「親子スキー教室」がジュネス栗駒スキー場で行われ一般募集の親子31名が参加した。

 私たち林友スキーイングクラブからも5名がお手伝いに参加し、私は初めてスキーに挑戦する親子6名を担当、どうにか全員リフトに乗って滑走させることができた。

 子供たちは1~2年生だったので、急斜面はダッコしながら滑り下りる場面もあったが、子供たちの満足げな顔をみて疲れも飛んだ!今日の教室を契機に子供たちがスキーを好きになってくれればうれしいが!?

Dscf0022_640x480

今朝のジュネス栗駒スキー場、中学校の大会が行われていて結構混んでいた

Dscf0026_640x480

地元東成瀬村(全国森林レクリエーション協会々員団体)佐々木哲男村長(中央)も顔を出してくれ歓迎の挨拶をしてくれた。ちなみに全国森林レクリエーション協会会長は三浦雄一郎さんだ!

Dscf0028_640x480

今日の参加者

Dscf0029_640x480    Dscf0033_640x480

ボードでの参加者もいた(左)  私の担当した初級グループ(右)

Dscf0041_640x480

最後の集合写真

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月21日 (金)

四木三草

2月21日(金) snow

 昨日のブログで「四木三草」を誤って「四木草」と記載してしまった。訂正するとともに話題提供してくださった先輩にお詫びしたい。

 明日は親子スキー教室のお手伝いでジュネス黒駒へ。天気が良くなることを祈る。

Dscf0014_640x480
大晦日に生けた玄関の花がまだ元気に咲き続けている!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月20日 (木)

木の話~四木三草

2月20日(木) snow

 今日も雪が降ったり止んだりのあいにくの天気だったが、雪は淡雪で積もることはなかった。よかった!happy01

 昨日に続き今日も「木」にかかわる話題を掲載する。先日植物や木に精通している友人から*四木三草 *木曽五木 *江戸五木についての話題提供があった。

《四木三草》

四木~・クワ ・チャノキ ・コウゾ ・ウルシ

 

三草~・アサ ・アイ ・ベニバナ

江戸時代前期に主に栽培された商品作物。過去に大学入試センター試験問題になったこともあるそうです

 * 四木山草と誤って記載しました。三草に訂正しました。2/21

 

《木曽五木》

・ヒノキ ・アスナロ ・サワラ ・ネズコ ・コウヤマキ

江戸時代に尾張藩が伐採禁止した木曽谷の木。最少はヒノキの乱伐防止だったが、後に・アスナロ ・サワラ ・ネズコ ・コウヤマキが加わって木曽の五木。

  

《江戸五木》

・アカマツ ・モッコク ・イトヒバ ・イヌマキ ・カヤ

江戸時代に江戸で珍重された造園木で、モッコクは今では庭木の女王と云われ、葉柄が赤くとても綺麗な木だそうです。

Dscf0016_480x640
鎌田幸市作のこけし。何んの木で作られているのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月19日 (水)

木の話~県の木など

2月19日(水) snow

 今日は暦の上で「雨水」といい、雪が融けて雨になる頃、つまり春が近くなったということらしい。だが、今日は寒さが厳しい一日だった!

 昨日に続き今日も木や花の話になるが、東北の各県が指定している木と花をウイキペディアより転載する。

《東北各県の木と花》

  1. 青森~木・・・ヒバ 花・・・リンゴの花
  2. 岩手~木・・・ナンブアカマツ 花・・・キリの花
  3. 宮城~木・・・ケヤキ 花・・・ミヤギノハギ
  4. 秋田~木・・・秋田スギ 花・・・フキノトウ
  5. 山形~木・・・サクランボ 花・・・ベニバナ
  6. 福島~木・・・ケヤキ 花・・・ネモトシャクナゲ

Dscf0021_640x480_2
秋田県の花に指定されているフキノトウ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月18日 (火)

木の話~天然秋田杉

2月17日(月)

<こけし>を整理していたら秋田杉で作られた「又五郎こけし」が出てきた。よく見ると本流の伝統こけしとは違うが、木目がきれいでなかなかあじがある。

秋田杉といえば、木曽ヒノキ,青森ヒバと並ぶ「日本三大美林」の一つで 秋田県民歌の一節にも出てくる。 

 

《秋田県民歌二番》

廻らす山々 霊気をこめて
斧の音響かぬ 千古の美林
地下なる鉱脈 無限の宝庫
見渡す広野は 渺茫(びょうぼう)霞み
黄金と実りて 豊けき秋田

<成田為三作曲 倉田政嗣作詞>

 この詞にもあるように、江戸時代佐竹義宣が常陸から秋田入りした頃の秋田は真に「斧の音響かぬ 千古の美林」だったようだ!

 その後久保田城の建設や鉱山開発等で千古の美林が次々と伐採され、森林資源がが一時枯渇寸前になったが、その後の佐竹藩の林政改革で森林保護政策が取られたことにより森林が再び蘇ることになった。

 そのおかげで豊かな天然秋田杉をはじめとする森林資源が藩営林から「官林」に引き継がれることになり、戦後の日本復旧建設資材として大いに役立つことになった。 

 しかし、昭和の後半から平成にかけて森林の伐採がすすみ、天然林の森林資源は減少の一途をたどった。その結果現在は天然秋田杉は保護林を残すだけとなり、木材資源としての伐採はほぼゼロになった。

 これからは長伐期の人工林スギが天然秋田杉の代用として注目されることになりそうだ。

 

Dscf0012_640x480
スギで作られた又五郎こけし

Dscf5532_640x480
秋田市仁別の天然林。手前の林分が天然秋田杉の保護林。奥地の林分がブナを中心とした天然の広葉樹林。

Dscf6802_640x480
仁別森林博物館と明治45年植栽の高齢級(100年)の人工林。秋田市仁別には9代藩主佐竹義和公の時代(1807~1813)に植えた文化年スギという古い造林地がある。天然秋田杉となんら変わりない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月17日 (月)

秋田花の会 写真展

2月17日(月) snow

 昨日秋田市アトリオンで開かれている「秋田花の会」の写真展ををのぞいてみた。

 所属している「ナトウーア・秋田」の先輩会員の見事な花の写真を沢山鑑賞でき幸せな気分で帰宅。ありがとう!

 こんな素晴らしい写真をデジカメの下手な写真で紹介するのは恐縮だがお許しいただきたい。

Dscf9950_640x490
展示ホール前の看板写真

Dscf9962_640x410
秋田花の会 会長渡辺正幸氏の「ヤマハコベ」


Dscf9982_640x445
大石礼之輔氏の「ハコネサンショウバラ」

Dscf9984_640x530
渡辺正幸氏の「ヤブカンゾウ」

Dscf9986_426x640
工藤壮一氏のナツエビネ」

Dscf9988_640x519
渡辺正幸氏の「カワラハハコ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月15日 (土)

私のこけし ③

2月15日(土) cloud snow

 ソチ五輪男子フィギュアスケートで羽生結弦選手が金メダル。おめでとうsign03 本人は完璧な演技ができず悔しかったようだが、そんなことはないよく頑張ったと思うheart01

 その羽生と解説者の女子元金メダリスト荒川静香の出身地仙台は大雪になりそうだが、仙台市民は大雪をとかすくらい熱く燃えている。おめでとう。

 整理しようかと押し入れの中からこけしを出したが、収拾がつかずとりあえず座敷に並べた。さてどうしようか?

Dscf9937_640x457

Dscf9941_640x480

Dscf9942_640x480

Dscf9943_640x480







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月14日 (金)

輪投げを楽しむ

2月14日(金) 曇りcloud・小雪snow

 今日は歯医者と所属する会の会議予定だったが、突然孫が体調不良で学校休むことになったとSOSの連絡が飛び込んだ!

 仕方なく両予定をキャンセルして朝早く由利本荘市に向かい夜帰宅する。

 昨日は地域老人クラブの輪投げと新年会があり25名が参加し楽しいひと時を過ごした。

 

Dscf9851_640x480_23回投げて93点、準優勝のM氏。

Dscf9852_640x480たかが輪投げされど輪投げ」、なかなか思うように入らないものだ!


Dscf9871_640x480高齢者の冬の運動不足解消に最適の輪投げ競技

Dscf9874_640x480   Dscf9890_640x480
99点を上げ優勝したU氏が乾杯の音頭をとり新年会へ移行



Dscf9921_640x480   Dscf9891_640x480_2
最後はカラオケと余興で盛り上がる






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月12日 (水)

私のこけし ②

 2月12日(水) cloudsun

 久しぶりの好天に恵まれた。

 スキーにでも行きたい心境であったが、体調を考え午前は高齢者大学、午後はパソコン同好会に顔を出した。

 昔集めた少しだけの「こけし」を整理してみたが資料を無くしてしまい、誰の作かわからなくなってしまった。

 比較的大きいものだけ掲載してみる。



Dscf9821_640x480   Dscf9822_640x480

秋田みなせの工人作?  佐藤忠雄作地域不明

Dscf9823_640x480   Dscf9824_640x480
土湯 ○○和紀作     鳴子 五十嵐 勇作

Dscf9825_640x480   Dscf9826_640x480

小安 小南清子作       作者不明 






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月10日 (月)

又五郎こけしの思い出

 2月10日(月) snow

 余寒の厳しい朝を迎える。

 昨晩から早朝にかけテレビでソチ五輪の速報を見るも、日本チーム活躍の出だしが悪いのが気にかかる。気持ちを切り替え頑張ってほしい。

 こけし類を整理しているうち思いでの品が出てきた。7代目又五郎作のこけしと書である。

 私は昭和48年4月から51年3月までの4年間、秋田県大曲市(現大仙市大曲)の職場に勤務していたことがある。木材にかかわる職場だったので、管内の南外村にスギ材を使ったこけしを作っている工房があると聞き訪ねたことがある。

 その時の主人は「七代目又五郎」であった。小さいこけし1本買い求めたが、色々面白い話をしてくれた後、3枚の「書」を書いてくれ土産だといって渡してくれた。

 七代目は当時60歳(私が35歳)だったようであるが、七代目は俺が死ねばこの書も値段が上がり価値がつくと笑いながら書いてくれたことが思い出される。懐かしい思い出の一コマである。

 あれから40年、今は8代目と9代目が後を継がれていいるようであり、9代目目は音楽関係でも活躍されているようだ。

Dscf9607_480x640七代目又五郎60歳の時の作品。ろくろを使う一般的なこけしとは違い、天然秋田杉を削った木彫り人形が始まりとのこと。



Dscf9808_640x462七代目が書いてくれた「書」 ①

Dscf9807_640x441七代目が書いてくれた「書」 ②


Dscf9809_420x640七代目が書いてくれた「書」 ③

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年2月 8日 (土)

「自分史」届く

2月8日(土) cloud snow

 昨日懐かしい方から嬉しい郵便物が届いた。昭和56年ころに鶴岡市時代にお世話になった上司(署長)Kさんからの自分史「私の足あと」であった。

 私は昭和55年~56年の2年間鶴岡勤務時に、二人の署長にお世話になった。二人目のK署長は山形出身の方あったが、北海道に長く勤務され、56年4月に帯広から鶴岡に赴任されその後約1年間お世話になった。

 Kさんは鶴岡で退職され第二職場を経て今は寒河江市で悠々自適の生活をされている。退職後も私がOB会の事務局を永く担当していたことから、山形支部長(OB会)されていたKさんにはその後もお世話になった。

今我が家の庭で、鶴岡に赴任されたK署長からお土産にいただいた「アカエゾ」の苗木が庭で大きくなっている。

Dscf9806_441x640
送っていただいた自分史「私の足あと」には自分の名前も記録されており嬉しく感じた。

Dscf9810_480x640
33年前に戴いたアカエゾが庭で元気に育っている。あまり大木にならないよう剪定しながら育てている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 7日 (金)

私のこけし ①

2月7日(金) snow cloud

 若いとき知識もないまま少しだけ集めた「こけし」を整理してみた。

 昭和63~64年に旧増田町に勤務した時、管内に木地山や川連といった伝統こけしの本場があったことが収集のきっかけだった。

 写真のこけしは今は亡き木地山の小椋久太郎の作品。大きいのは昭和63年8月に着任記念に作ってもらったもので久太郎さん83歳の時の作品である。




Dscf9605_480x640

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 6日 (木)

森林・林業技術交流発表会

2月6日(木) snow

 立春が過ぎたら急に寒さが戻った、これが余寒という現象だろうか?

 昨日と今日東北森林管理局で「平成25年度森林・林業技術交流発表会」が開かれており、その一部を聴講した。

Dscf9803_640x480
「森林・林業技術交流発表会」が開かれた東北森林管理局

Dscf9738_640x480
5日の開会式で挨拶する黒川東北森林管理局長

Dscf9740_640x480
初日トップの発表「自然再生に向けた取り組み」 津軽白神森林生態系保全センター 鈴木 修氏

Dscf9747_640x480
初日4番の発表「朝日自然塾の活動実績と今後の方向について」 朝日庄内森林生態系保全センター 岩井國彦氏

Dscf9754_640x480
二日目の特別発表「シカ分布のさらなる拡大に備えて」 森林総合研究所 東北支所 堀野眞一氏

Dscf9765_640x480
特別講演「秋田藩の林政改革と近代への継承」 筑波大学生命環境系 加藤衛拡教授・筑波大学院 芳賀和樹院生 (補論)<近代下北における国有林経営>同中村晃子院生

仁別森林博物館のボランティアガイドをしている私にとっては、天然秋田スギの生育との関わりで大変勉強になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 4日 (火)

くすり今昔物語

2月4日(火) snow

 今日は立春、暦の上では春だが、今日は秋田の冬らしい寒さにもどった。

 それにしても降雪がなく、有難い冬である。

 一昨日秋田県立博物館の「こけし展」を見たついでに2月1日から開かれていた企画展《秋田のくすり今昔物語》を見ることができた。

 ①久保田城に薬園? ②老舗薬局の風景 ③秋田の自然の恵みといった江戸時代以降の「くすり」にまつわる物語が展示されている。

Dscf9725_640x391


Dscf9719_640x425


Dscf9722_640x447


Dscf9724_443x640

Dscf9714_640x480_2    Dscf9716_640x480

昔懐かしい薬屋の看板





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 2日 (日)

こけし展

2月2日(日) rain

 明日は節分、明後日は立春だ。秋田はこの季節が一番寒い時期だが、どうしたことか気温も上昇し一日雨模様。秋田ではめづらしいことだ!

 そんな今日秋田県立博物館で開催している「こけし展」の最終日ということで足を運んでみた。

 その理由は、25年前当時増田町に勤務していたころ、職員の中で「こけし収集」のグループがあって私も仲間に入れてもらった。

 以来3年ばかりの間、月1回こけしを配布してもらっていたので、知識はないがそれなりの数になっているが、整理もしないで放置している。

今になっては何処の「こけし」かもわからない状態、そこで「こけし展」を参考にして、眠っているこけしを整理してみようと思った次第。

 

Dscf9702_586x640比較的規模の小さい企画展であった。

Dscf9690_640x480秋田のこけし

Dscf9677_640x480土湯系こけし

Dscf9687_640x480山形のこけし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »