« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月31日 (木)

森林ボランティア

10月31日(金) cloud

 今日恒例の仁別国民の森「森林博物館」前周辺の樹木冬囲い等のボランティアに従事した。東北森林管理局OB会「秋田林友会」の年間行事の一環である。

 森林博物館も来月5日より閉館、来年5月まで冬籠りとなる。

 今日はOB20名が博物館前の樹木の雪囲いと、めおと杉に通じる遊歩道「せせらぎ径」の落枝・落葉の片づけ等に心地よい汗を流した

Dscf8507_640x480
ボランティア作業の為に仁別森林博物館前に参集したOBの面々と挨拶する秋田森林管理署長。
Dscf8512_640x480
夫婦橋の落ち葉を片づけるOB

Dscf8515_480x640

めおと杉の前も綺麗に片付いた・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月29日 (火)

秋色=木の実

10月29日(火) sun

 秋深まるこの時期、紅葉を楽しむのも楽しみだが、紅・橙・黒等の木の実を観賞するのも面白い。

 中にはルリ色をした綺麗な木の実もある。

Dscf8416_640x480_2
サワフタギ(ハイノキ科)の果実は美しいルリ色。

Dscf8418_640x480

紅色をした果実のガマズミ(スイカズラ科)。


Dscf8421_640x480
赤橙色をしたコマユミ(ニシキギ科)は実も可愛いが葉の紅葉も綺麗だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月28日 (月)

グラウンド・ゴルフを楽しむ

10月28日(月) sun

月曜日は老人クラブのグラウンド・ゴルフを楽しむ日だ!

最近雨で中止の連続、2週間ぶりに楽しむ!

20人の集合はめずらしい、最高記録だ!

来週4日今年最後の玉納め!

Dscf8441_640x480
好天に誘われ公園に集まった仲間

Dscf8438_640x480
来週の玉納めに備え今日天気が良かったので記念撮影

Dscf8448_640x480
元気にプレーする仲間

Dscf8463_640x480
ナイス・パー

Dscf8464_640x480

ホールインワン?いや残念

Dscf8465_640x480
ホールインワン賞をゲットした3人





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月27日 (日)

旭川ダム周辺の紅葉

10月27日(日) cloud

 日曜日の今日家族で仁別の旭川ダム周辺の紅葉を楽しんだ!ダムの上流・下流はあと2~3日早いようだった。

 ダム公園のモミジは今が見ごろでした。

 帰路に植物園にも立ち寄ったが、紅葉はイマイチといったところ。

Dscf8390_640x480
旭川ダム上流

Dscf8392_640x480   Dscf8393_640x480

旭川ダム上流 

Dscf8394_640x480   Dscf8396_640x480

旭川ダム上流  

Dscf8407_640x480
ダム公園のモミジ

Dscf8403_640x480   Dscf8404_640x480

ダム公園のモミジ

Dscf8405_640x480   Dscf8406_640x480

ダム公園のモミジ

Dscf8427_640x480_2
秋田市植物園

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月26日 (土)

紅葉の仁別国民の森

10月26日(土)

 県内各地で紅葉シーズンを迎えているが、仁別国民の森の森林博物館周辺でもそろそろ紅葉が見ごろを迎えた!

 今日は少し雨模様だったが、霧にむせぶ天然秋田杉林と紅葉のコントラストもなかなか趣がある。

Dscf8331_640x480
仁別森林博物館と灌木園

Dscf8326_640x480  Dscf8327_640x480

森林博物館前の紅葉

Dscf8335_640x480
やすらぎの池

Dscf8338_640x480

夫婦橋

Dscf8336_640x480_2
夫婦橋下流の旭川

Dscf8343_640x480_3   Dscf8344_640x480_2

夫婦橋上流の旭川沿い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月25日 (金)

菅江真澄随筆連想 講話

10月25日(金)  rain

 台風27号の影響なのか一日雨。幸いにも東北地方への大きな影響は避けられた模様!助かりました。

 今日ぶらりと秋田市金足の秋田県立博物館に立ち寄った。タイミングよく興味ある講話が企画されていた。博物館の名誉館長「新野直吉先生」の菅江真澄に関する内容の講話であり、喜んで拝聴してきた。

Dscf8320_640x480

Dscf8321_640x480

Dscf8324_640x480
講話する名誉館長 新野直吉先生

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月24日 (木)

マムシグサ

10月24日(木) cloud

 午前中は時々陽も射すまずまずの天気だったが、午後は雨もぱらつく肌寒い一日で終わる。

 今の季節山歩きをすると、ドキッとするくらい真っ赤な実をつけた植物を目にする。成長過程で性転換するサトイモ科のマムシグサである。

Dscf8286_480x640
葉柄が発達し茎のように見える偽茎の模様が蝮の皮の模様に似て気持ちが悪い。トウモロコシのような形をしているマムシグサの果実。

Dscf8285_480x640
こちらはあまり多くは目にしないツチアケビ。マムシグサは有毒だが、このツチアケビは薬草である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月23日 (水)

人の心を知る人は

10月23日(水)  cloud

 秋も深まる中、まずまずの天気に恵まれた今日、庭の花壇とミニミニ菜園の片づけをした。

 昼の合間、新屋の街に美味しいそば屋のあることを思い出し、Hさんを誘い行ってみる。 「萬八そば屋」 であった。天ぷらそばを注文、やはり美味しかった。

 そば屋のトイレに心を打つ言葉が貼ってあった。 

   人の心を知る人は

      春より先に花を知り

         秋より先に風を知る

 

<写真は今日も庭の秋>

Dscf8306_640x480
ナツハゼ

Dscf8310_640x480
ダイモンジソウ

Dscf8312_640x480
モッテギク(食用菊)

Dscf8314_640x480
ガクアジサイ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月22日 (火)

庭の秋=木の実

10月22日(火)  rainsooncloud

今日午後からパソコンサークルに顔をだしたが、何故か出席者が少なかった。リーダーも病院行きとのこと。

<写真は庭の秋=木の実>

Dscf8257_640x480
ナナカマド

Img_0030_640x480
マユミ

Img_0037_640x480
シロシキブ

Img_0038_640x480
ムラサキシキブ

Img_0039_640x480
ウメモドキ=早くもヒヨドリが来ていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月21日 (月)

最後のアケビ

10月21日(月) sunsoon曇り

 秋も深まり、今年豊作だった庭のアケビの実は既に収穫、いろんな料理で美味しくいただいた。

 今残っているのは五つ葉のアケビと鉢物の三つ葉アケビのみとなった。

 写真は今年楽しませてくれた最後のアケビです。

Dscf8270_640x480
地植えのアケビより熟すのが大幅に遅れた鉢植えの三つ葉アケビ。遅くなったのは置いた場所に関係あったのかも?。

Dscf8271_640x480
五つ葉の鉢植えアケビ。葉も実も小さくかわいい実が二つ。三つ葉の実は紫色に熟したが、こちらは薄い黄色の実だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月20日 (日)

乳頭自然観察会

10月20日(日) rain

所属する会の自然観察会が乳頭温泉郷のブナ林を中心に行われ、心配した雨も大事にならず、どうにか無事終了した。

ブナ二次林の黄葉、乳頭山麓の紅葉と見ごろを迎えた。この雨が上がれば絶好の紅葉シーズンになりそうだ!皆さんも行って見てたんせ・・・・・

002_2
ブナ二次林を散策する参加者。このたびの観察会には会員16名、一般応募者13名が参加し、賑やかな観察会となった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月19日 (土)

太平山

10月19日(土) sun

 穏やかな秋空の一日、国民の森「仁別森林博物館」のボランティアに従事する。

 博物館には太平山登山の帰り路に立ち寄ってくれた方や、家族連れの入館者でにぎわった。

Dscf8276_640x480

博物館前から天然秋田杉保護林越しに前岳を望む

Dscf8282_640x480
博物館裏の展望台から中岳(右端)を望む。

Dscf8283_640x480
博物館裏の展望台から奥岳(中央付近)を望む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月18日 (金)

道端に目立つ「セイダカアワダチソウ」

10月18日(金) sun

文句をつけようのないない秋空に恵まれた。

 しかし、私には今日の天気より、明後日の天候の方が心配だ!自分が担当する自然観察会があるからです。最少はお天気マークだったが、少しずつ下り坂に変わってきている。なんとか崩れないでほしい。

 ところでこの季節、何処を歩いてもセイダカアワダチソウの群生が目立つ。土手、荒地、農道、水路などあらゆるところに黄色の花を咲かせている。

 北アメリカ原産のキク科植物だが、明治のころ観賞用に導入されたものが野生化したらしい。花粉症の原因にはならないようだので安心だ。

 この植物はアレロバシーといって、根から化学物質を出し他の植物の生長を押さえながら自らが元気に繁茂するらしい。しかし、自らの生長をも抑える性質があるらしく、来年は今年よ群生地が少ないかも知れない。?

 

Img_0022_640x480
農業用水路端に群生するセイダカアワダチソウ

Img_0024_640x480
上に同じ

Img_0028_480x640
2メートルを越えるものも、やはり「背高泡立草」だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月17日 (木)

鶴の湯渓谷

10月18日(木) cloud

 1週間前に訪れた乳頭温泉郷の鶴の湯渓谷。

 この時は紅葉に少し早かったが、もうそろそろ見ごろを迎えたことと思う。

Dscf8150_640x480
ここ鶴の湯渓谷は乳頭山を源流とする玉川支流の先達川上流だ!


Dscf8152_640x480
この先達川も今は玉川毒水(酸性水)とともに田沢湖に導入され、発電に使われた後は仙北平野の農業用水として利用されている

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月16日 (水)

タコノアシ

10月16日(水)  rain

 台風26号が県内に大きな被害を与えず過ぎ去ってくれた。万一の強風に備え、小さな鉢物は少し片づけた。ここしばらく、私が台風に備えて対応した時は、無事に通過しているのでゲンを担いで整理したこともあるbleah

 過日「タコノアシ」という珍しい植物を観察することができた。もっと真っ赤に紅葉するしいが、少し時期が遅かったようである。


Dscf8243_480x640
少し紅葉が残っており、ゆでたこの足に見えないこともない。
Dscf8241_480x640_2
見ごろが終わったユキノシタ科のタコノアシ(蛸の足)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月15日 (火)

庭の花=イワシャジン

10月15日(火)  sunoncloud

明日台風26号の影響あるか!?

<我が家の庭の花>

Dscf8218_480x640
イワシャジン=ツリガネニンジンの仲間

Dscf8216_640x480
ホタルツワブキ=キク科の園芸種

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月14日 (月)

秋空にSL

10月14日(月) sun

今日は体育の日で休日、一応国旗を掲げ祝日を祝った。

Dscf8209_640x480

体育の日の運動は、老人クラブ「軽スポーツ友の会」の仲間とグラウンド・ゴルフを楽しむ。好天に恵まれ19名参加。

 

 

Dscf8201_640x480

夕方SLの写真を撮ろうと近くの田んぼに走った。

Dscf8202_640x504
秋田デスティネーションキャンペーン(DC)に合わせ、C61形蒸気機関車「SL秋田こまち号」が運行された。




Dscf8203_640x480
12日から3日間秋田ー横手間を運行し今日が最後だった。

Dscf8191_640x621

おまけに「秋田新幹線こまち号」も・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月13日 (日)

廃校舎の活用

cherryblossom10月13日(日) cloudsoonsun

 今日は秋らしく少し寒い一日だった。

 ゆっくり静養日と思っていたが、思い違いで秋田市植物園のボランティアだった。

 入園者は20数名と少なかったが、野鳥の専門家が訪れ、各地のいろんな情報が聞けたこと等大変勉強になった。

           cherryblossom maple cherryblossom maple cherryblossom maple

<今日の写真=廃校舎活用例二題>

各地で過疎化が進み児童が減少、学校の廃校と取り壊しがなされる中、いろんな活用もされている。出来ればもっと知恵をしぼり、思い出が残る有効活用を考えてほしいものだ。

Dscf8119_640x480
乳頭温泉郷の大釜温泉は、由利本荘市子吉小学校の廃校舎が移転され、風情のある温泉旅館に生まれ変わったものである。

Dscf8170_640x446
こちらは旧田沢湖町生保内小学校潟分校で昭和49年3月廃校になったが、地域の人たちの努力で「思い出の潟分校」として蘇り、一般公開されている。昭和の風情を想起させる校舎の見学や、写真展、コンサート等のイベントに活用されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月12日 (土)

乳頭温泉郷で自然観察

10月12日(土) cloud

 昨日と今日有志25名で乳頭温泉郷のブナ林ほかで自然観察と温泉浴をを楽しんできました。

Dscf8101_640x480
水沢温泉郷近くの「友情の滝」に寄り、近くにこんな立派な滝があるとは知らなかったとご満悦の参加者。
Dscf8127_640x480
宿泊先の大釜温泉を出発する参加者

Dscf8131_640x480
乳頭温泉郷のブナ林を歩く参加者。トップを元気よく歩く方は90歳の高齢者。みんなが元気をもらった。

Dscf8137_640x480
見事なブナ林に感動する参加者一同。

Dscf8149_640x480
慎重に鶴の湯峡を歩く皆さん。

Dscf8163_640x480
帰路は田沢湖畔の「思い出の潟分校」に立ち寄り、教室を借りて昼食。最後は皆んなで黒板に書いてあった「ふるさと」を歌って、しばし子供のころの思い出にひたった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月10日 (木)

ミセバヤ&キンモクセイ

10月10日(木) sun

 今日は思いがけなく好天に恵まれた。

 出来れば、明日・明後日と天気が良いことを祈ってたが、どうやら思いは叶われないようだ!

 明日、仲間25名(ミニグリーンサクル)で一泊の自然観察と温泉浴に出かける予定だ。なんとか大荒れにならないよう祈りながら!

<今日の庭の花>

Dscf8041_640x480
ミセバヤ(ベンケイソウ科)

Dscf8083_640x480
キンモクセイ(モクセイ科:鉢植え) 夏の暑さの影響か花着きはあまり良くないものの、良い香を漂わせている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 9日 (水)

アケビを食べる

10月9日(水)  rain

 心配した台風24号が低気圧に変わって、秋田県を通過してくれほっとした。少しは風が強くなると思って、鉢物を整理したが、今回も無駄骨でよかった。

 昨日庭のアケビを収穫し、近所におすそ分けした残りを、今晩調理してもらい、晩酌の友としていただいたbottle

Dscf8085_640x480
収穫した庭のミツバアケビの実

Dscf8089_640x480
具を詰めた段階

Dscf8090_640x480
油でいためて完成したアケビ料理、ほろ苦いところが美味しい。このほか、魚焼き器で焼いてもらったものもうまかった。日本酒の友には最高thinkです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 8日 (火)

千秋公園の景色

10月8日(水) cloudrain

先日新装オープンしたばかりの秋田県立美術館を訪ねてみた。

 常設展示の藤田嗣治の大壁画「秋田の行事」はもちろん感動的だったが、2階のミュージアムラウンジから眺める水庭と向かいの千秋公園の景色も素晴らしかった。

  

Dscf8035_640x480

秋田和洋女子高校よりから県民会館方向

Dscf8036_640x480
県民会館・本丸方向
Dscf8037_640x429
県民会館から、旧県立美術館・国学館高校方面

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 7日 (月)

見事なアケビに満足

10月7日(月) rainsooncloud

庭のミツバアケビの実が見事に実りました。

実がつきだして3~4年になりましたが、こんなに立派な実がついたのは初めてです。

今年は山の自然の実物も豊作のようです、その影響で我が家のアケビも立派になったのかなぁ・・・・?!

明日はこのアケビを収穫し、お酒の友に料理してもらいます。これが何よりの楽しみ・・・・bottle

Dscf8076_640x480

Dscf8079_640x480

Dscf8080_640x480


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月 6日 (日)

秋を探して

10月6日(日) cloud

今日紅葉には少し早い、乳頭温泉郷のブナ林等を散策し秋を探した。

Dscf8059_640x480
黒く熟してきたウワミズザクラの実

Dscf8060_640x480
ツノハシバミの実

Dscf8063_640x480
紅葉のトップバッターはやっぱりウルシです。

Dscf8064_640x480
思いもよらぬ場所に白い花ががポツン・ポツンと咲いていた。よく見るとウメバチソウだった。

Dscf8073_640x480
紅葉には少し早い鶴の湯渓谷

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 5日 (土)

庭の秋=実 ②

10月5日(土) cloud

今日午後から秋田県生涯学習センター主催による美の国カレッジ-=あきたふるさそ学講座=「北方史の中で秋田を考える」が開かれた。

 

今日のテーマは≪近世の蝦夷地と秋田~異域へ渡る秋田人~≫講師は前生涯学習センター所長 金森正也氏だった。

 

幕藩時代の秋田民衆と蝦夷地の関係、特にアイヌ民族とのかかわりについて、興味深く説明あり大いに参考になった。

 

  soon  apple   apple   maple   maple   soon

<庭の秋=木の実を探してみました ②>

Dscf8050_640x480
ナナカマド(バラ科)=なかなか燃えにくく、7回かまどに入れても燃え残ることからこの名前が付いたとか。(秋田の山野草 秋田花の会 より) 今年はあまり色づきが良くないようだ!

Dscf8051_640x557
マユミ(ニシキギ科)=雌雄異株で5本あるうちの1本には実を付けない。角ばった球形の赤い果実は間もなく四裂し赤い実を出す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 4日 (金)

庭の秋=実 ①

10月4日(金) cloudsoonsun

今日午後、ノースアジア大学総合研究センター主催の「シティカレッジ」公開講座があり、福岡政行氏の<安倍政権のかじとりはどうなる?」と題する講演を聞く。

Dscf8046_640x480
大勢の聴講者の前で講演する福岡政行氏

<庭の秋=木の実を探してみました ①>

Dscf8019_640x480

ムラサキシキブ(クマツヅラ科)

Dscf8020_640x480_2
シロシキブ(クマツヅラ科)

Dscf8045_640x480
ウメモドキ(モチノキ科) 今年の実は例年に比べ大粒です。

Dscf8023_640x480
ミツバアケビ(アケビ科) 立派な実がなり口が開きだした。アケビ゙(五つ葉)の方も実が着いたが、葉も小さくまた実も小さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 3日 (木)

庭の秋

10月3日(木) cloudsoonsun

今日は久しぶりにJR秋田駅前をぶらつき、11日に予定している有志による紅葉観察一泊旅行の弁当予約注文等雑用をこなす。

 そのあと、「なかいち」までぶら歩きして、オープンしたばかりの秋田県立美術館で藤田嗣治の「秋田の行事」を鑑賞した。秋田でこんな素晴らしい美術作品を観賞できる幸せを感じつつ。

<我が家の秋>

Dscf8013_640x480

我が家の庭の紅葉一番手はこの鉢植えのオオカメノキ。朝その色づいた大きな葉にちょこんと、住人のアマガエルが気持ちよさそうに載っていた。

Dscf8016_640x480
庭に3種類のホトトギスがるがいづれも今年は花つきがよくないようです。これは白系。

Dscf8015_640x480
紫系のホトトギス。種類があるようですが勉強不足でごめん。

Dscf8017_640x480
これが一般的なヤマホトトギスでしょうか?名前わかりませんで失礼・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 2日 (水)

やぶれ沼と道端の花

10月2日(火) sunsooncloud

 もっと早く天気が崩れるかと予想していたが、予報に反しほぼ一日好天に恵まれた。それにしてもこの頃天気予報は当てにならないネ・・・・lovely今日のように良い方にはずれるのは嬉しいが!

 今日の写真は、朝のウォーキングでの風景と、出会った野草の花々です。

Dscf7984_640x480
田圃に天然乾燥の稲架掛けがあると心が和ぐむのは私だけだろうか?

Dscf7998_640x480
四ツ小屋地区のヤブレ沼は旧雄物川の一部だったのかも?今は鮒釣り人気の場所となっているが、今日の釣り人は一人しか見えない。

Dscf7986_640x480
色鮮やかなゲンノショウコ(別名:ミコシグサ)=薬草として利用される。

Dscf7991_640x480
ナギナタコウジュ=シソ科でこちらも薬草として使われるとのこと。薙刀のように反り返って見えないでもない。

Dscf8001_640x480
クルマバナ=シソ科 花が車輪のように丸く輪のようについている。

Dscf7987_640x480_2   Dscf7988_640x529_3

名前がわからなかった花です。どうぞご指導おねがいします。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 1日 (火)

ミズヒ&キンミズヒキ

10月1日(火) cloudonsun

早いもので今日から神無月。

これからは一雨ごとに寒さが加わり、高い山では初雪の便りもそろそろだ!

Dscf7664_640x480_2
この時期山道を歩くと、この花と必ずといっていいほど出会う。細い花穂を上から見ると赤く見え、下から見ると白く見えることから、紅白の「水引」にみたてミズヒキと名前がついたらしい。タデ科。 衣類に着くヒッツキムシ。

Dscf7686_640x480
上の花が水引なら、こちらは金の水引に喩えキンミズヒキと呼ぶがこちらはバラ科である。ミズヒキに比べ太身で、ミズヒキの名にはあまりふさわしいとは思えないが?。実にはカギ状の刺があり衣類に着くヒッツキムシである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »