« 潟前山森林公園の紅葉 | トップページ | 國萬歳酒造 »

2012年11月12日 (月)

ヤドリギ

11月12日(月)rain

 昨日の好天から今日は一転雨の一日となる。しかし気温はあまり下がらず助かった。

 そんな今日は妻の病院行きに付き合ったり、二人でインフルエンザの予防接種したり、結構忙しく過ごした。

今日の写真は昨日の観察会で教えてもらったヤドリギについてです。

 ヤドリギは「雌雄異株の常緑小低木で、クリ、ナラ類、ブナ等の落葉樹に半寄生します。実は球形で、熟すと淡黄色になり、半透明で強い粘性を持ち、種子が1個入っています。キレンジャク等の鳥が好んで食べますが、粘着性は失われず、種子を含んだ糸状の糞となり、木の幹や枝につき定着します。実がオレンジ色に熟すものをアカミノヤドリギ、花が穂状につき落葉するものをホザキヤドリギと言います。(秋田花の会 秋田の山野草Ⅱより)」

Dscf2196_640x480_2

ヤドリギは小さい頃ヤマドリが実を食べに来る植物で「ヒョウ」と呼んでいたような気がする。

Dscf2191_640x480_2
ヤドリギに「アカミノヤドリギ」とか「ホザキヤドリギ」とかの種類があることはつい最近までしらなかった。Dscf2196_640x480

Dscf2187_640x480_2
ホザキヤドリギは晩秋に葉が落ちるのでよく見れば判るが、観察力の鈍い私にはなかなか見つけることができなったが、昨日の観察会で教えてもらいどうにか判別できるようになった?!

Dscf2183_640x480

上の写真は仙北市玉川地区でのヤドリギで、中にはホザキヤドリギもあるが私のカメラでは明らかでありません。今回の観察会は数の少ないホザキヤドリギだったが、残念ながら下のような実のアップ写真が撮れなかったgawk

Dscf2224_640x480      Dscf2226_640x480

ヤドリギの実        アカミノヤドリギの実

|

« 潟前山森林公園の紅葉 | トップページ | 國萬歳酒造 »

樹木の観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537995/56099698

この記事へのトラックバック一覧です: ヤドリギ:

« 潟前山森林公園の紅葉 | トップページ | 國萬歳酒造 »