« オハツキイチョウ | トップページ | マルバシャリンバイ »

2012年9月18日 (火)

曹源寺のヒサカキ

9月18日(火)sun

  過日鶴岡市内の珍樹を訪ね「早田のオハツキイチョウ」は既に紹介しましたが、今日は鼠ヶ関地区で観察できた「曹源寺のヒサカキ」を紹介します。

  曹源寺の裏庭に南北に植えられている2株の老木。南の株は根元から地上90㎝で3本立ちになり、北の株は地上55㎝で2株に分かれている。高さは両方とも4.1m程度ですが、細かく分かれた小枝が入り組み連理上になっている。昭和28年山形県指定天然記念物。(鶴岡市観光連盟HPより)

Dscf1186_640x480

案内標識

Dscf1199_640x480
曹源寺

Dscf1198_623x640
山形県では飛島とここだけにしかない曹源寺裏のヒサキ

今から400年程前、佐渡の金比山僧侶峯庵禅師が悲願の諸国巡鯣に向かう折り、強風に合い遭難し念殊ケ浜に漂着、傷ついた体を曹源寺に休め、村人の温かい看護によって快癒し、再び巡鯣の途にのぼる時、感謝の気持ちを持って手植えしたと伝えられている。(鶴岡市観光連盟HPより)

307381_640x480
花は例年4月中旬とのことこと。ネット「松江の花図鑑」より転載させてもらいました。

|

« オハツキイチョウ | トップページ | マルバシャリンバイ »

樹木の観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537995/55688042

この記事へのトラックバック一覧です: 曹源寺のヒサカキ:

« オハツキイチョウ | トップページ | マルバシャリンバイ »