« 月お見ながら早朝散歩 | トップページ | 真澄終焉の地 »

2012年9月 5日 (水)

湖底が現れた玉川ダム

9月5日(水)suncloud

 故郷の玉川ダムが水不足で湖底が出ているとの報道があり、気になって自分の目で確かめようと行ってみた。

 自分の住んでいた家のあるあたりは、まだ湖底に沈んでいたが、さらに上流の男神橋のあたりから上流は完全に干上がっていた。

 水のないダムはとても見られれるものではない!親戚の家があったところ、爺さんの畑があったところがどこか?と探してみたが、50年以上前の思い出なので、なかなかはっきりしなかった。

Dscf2226_640x480

ダムサイト。普段は茶色のあたりまで湛水している。

Dscf2227_640x480_2

正面の山が故郷玉川のシンボル男神・女神山。その左が黒森山でその裾が私の生まれ育った蒲谷地集落。

Img_6898_640x480_4

男神橋のあたりから湖底が出ていた。この当たりは岩ノ目といい親戚の家があったところ。

Img_6909_640x480_5
男神橋のたもと。

Img_6910_640x480
男神橋からダムサイト(下流)方向を望む。

Img_6914_640x480

男神橋から玉川本流の上流(戸瀬方向)を望む。

Img_6790_640x480
*今年7月23日の状況。約40日で上のような無残な景色になってしまった。

Img_6915_640x480
男神橋から小和瀬、宝仙台方向を望む。

Img_6919_640x480
男神山と男神橋(岩ノ目)。私の小さいころはこのあたりに森林鉄道の橋があった。

|

« 月お見ながら早朝散歩 | トップページ | 真澄終焉の地 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537995/55588427

この記事へのトラックバック一覧です: 湖底が現れた玉川ダム:

« 月お見ながら早朝散歩 | トップページ | 真澄終焉の地 »