« 念珠の松 | トップページ | 曹源寺のヒサカキ »

2012年9月15日 (土)

オハツキイチョウ

9月14日(金)sun

 下の写真は昨日の珍樹を観る会で観察した鶴岡市早田の珍しいオハツキイチョウの木です。

 イチョウの葉の上に雌花が生じ、そこに実がつく、いわゆる「お葉付き」のイチョウ。

 この木の花・実が全部お葉付きになるわけではなく、一部がお葉付きになるようです。

 このイチョウの木の樹髙は約15㍍、根元周り約3.8㍍で山形県の天然記念物に指定されている。

 約90年前に良く種子のなる木の小枝をとって接ぎ木をしたものらしいが、母樹は普通の実しかならないのに、何故かお葉付きになったとのこと。

 今の時期イチョウは実のつく季節ですが、今年は実の付き悪かったのか、枝に着いた実を観ることができなかったが、幸い地面に落下したお葉付きの実を確認でき目的を達成した。

Dscf1175_640x480イチョウの木が2本並んでいるがそのうち1本のみがお葉付きのイチョウ!

Dscf1178_640x480葉が枯れて残念ですが間違いなく葉に実が付いていた!

|

« 念珠の松 | トップページ | 曹源寺のヒサカキ »

樹木の観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537995/55658434

この記事へのトラックバック一覧です: オハツキイチョウ:

« 念珠の松 | トップページ | 曹源寺のヒサカキ »