« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

清香會を見る

9月30日(日)cloud

 今日は十五夜だが17号台風の影響で月見はお預け。

 心配した風はいまのところ嵐の前の静けさだが、夜10時過ぎになって雨が少し強くなった模様。

 進路予想図で暴風圏がいく分太平洋側にそれつつあるようだ!県内の直撃は避けることができれば助かる。

 ここ数年私が鉢物の片づけ等台風対策を十分にやれば台風はそれている。このジンクスが今回も生きるよう祈る。

 今日午後秋田市文化会館で行われた浅利香津代の日本舞踊教室「清香會」公演をみた。

 日本舞踊にあまり興味はなかったが、第一部で浅利香津代の朗読「一期一会~菅江真澄ものがたり~」があったので出かけたところである。

 真澄物語の朗読にはもちろん満足したが、初めて見る日本舞踊もなかなかのものであった。

<今日の庭の花>

Dscf1510_640x480
見ごろを迎えたムラサキシキブ

Dscf1511_640x480
クジャくソウ 今年はどうしたことが例年に比べ草丈が低い。背丈の高い白花も間もなく見ごろである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月29日 (土)

友和会小安温泉旅行

9月29日(金)cloud

 一昨日・昨日と地域の老人クラブ「友和会」の小安温泉一泊旅行に参加した。

 20名参加予定であったが、高齢者のこと急に1名が体調不良で欠席、19名の参加で楽しい二日間を過ごした

<その二日間を振り返ってみた

Dscf1516_640x480

小安温泉「元湯クラブ」の送迎バスでまず新装なった川連漆器伝統工芸館を見学

Dscf1513_640x480_2   Dscf1514_480x640_2

漆器資料館「うるしの世界」などを見学。そのあと稲庭城に登り小安温泉「元湯クラブ」へ。夜にぎやかに懇親カラオケで盛り上がる!

Dscf1519_640x480_2   Dscf1521_640x480_2

翌朝出発前に小安温泉の名所「不動滝」を散策

Dscf1518_640x480_2   Dscf1520_640x480_2

地元小安温泉に住む友人が駆けつけてくれ案内役を勤めてくれた。

Dscf1528_640x449
宿泊旅館「湯元クラブ」出発前に記念撮影する参加者。

Dscf1529_640x480_2

旅館の送迎バスで須川温泉まで案内してもらう。ガスで見通しが悪かったが少し紅葉がはじまっている様子!

Dscf1530_640x480_2   Dscf1534_640x480

再び小安温泉を通り稲庭うどんの佐藤養助店へ。昼食後うどんの製作過程を見学。あとは十文字道の駅で買い物し一路秋田へ送ってもらう。最後は有志で”ハバキヌギ”ああつかれた。wobbly









| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月27日 (木)

早朝散歩

9月27日(木)sun

5:30やっと明るくなり、いつものように早朝散歩に出かける!

今日はさわやかな朝、昨日に比べそれほど寒くはない。日中はいい天気になりそうだ!

今日のコースは四ツ小屋駅~岩見川~圓通寺~上野コース!

午後からは地域老人クラブの一泊旅行で小安温泉へ出かけるので珍しく午前中にパソコンに向かいブログ投稿!

Dscf1483_640x480
5:45御所野タウンの当たりから日の出

Dscf1484_640x480   Dscf1485_640x480

小さな無人駅「四ツ小屋駅」

Dscf1487_640x480   Dscf1500_640x480

二か所で異なるアザミを見る

Dscf1495_640x480   Dscf1493_640x480

間もなく雄物川に合流する岩見川 

Dscf1490_640x480

ミソハギがまだ花を付けていた

Dscf1503_640x480_2

自分もお世話になる曹洞宗「圓通寺」

Dscf1506_640x480
間もなく役目を終えるかかしさん達、ご苦労さんおかげで豊作みたいです!













| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月26日 (水)

秋景色

9月26日(水)sun

 今日の日中は汗ばむ陽気となったが、早朝散歩時は涼しさを通りこし、むしろ寒いくらいで今年初めてヤッケを着用して歩いた!

写真は昨日の四ツ小屋周辺秋景色

Dscf1461_640x480
秋の刈取りが進んだ田圃と太平山の山並み

Dscf1439_640x480
アメリカセンダングサ北アメリカ原産の帰化植物で昔勲章として遊んだ花のようです。セーターなどに付きまとう「引っ付き虫」です。

Dscf1459_640x480
ハキダメギク。大正時代に渡来した中央アメリカ原産の帰化植物。漢字では掃溜菊と書くようですが、かわいそうな名前です。

Dscf1453_640x480_2

ブタクサ。これも北アメリカ原産の帰化植物で明治初期に渡来した。花粉症の原因になる花粉をまき散らす迷惑な植物です。


Dscf1456_640x480   Dscf1457_640x480

コスモス。在来種のコスモスをみるとやはり安心、心が和みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月25日 (火)

ダイモンジソウ

9月25日cloudsun

 今朝の散歩途中お墓の傍を通った、お墓に人が多いのはどうしてかなぁ・・・・?と思った。どうやら今日は彼岸明けのお参りか、お墓の片づけのようだ!

<今日の庭の花>

Dscf1432_640x480
ダイモンジソウ。 今年の夏の異常な暑さのせいか、鉢植えのダイモンジソウがまったくダメで、石づけのイワヒバに種が飛び自然に育ったダイモンジソウだけが、うれしいことに花を咲かせてくれた。
Dscf1433_640x480
シュウカイドウ。手入れもしないのに今年も花をつけてくれた。

Dscf1463_640x480
肥料をやったところ長い間花を咲かせ続けるアブチロン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月24日 (月)

「国民の森」で見られる花や実

9月24日(月)cloud

 この時期仁別国民の森「森林博物館」周辺では、こんな花や実を見ることができます。

 天気の良い日に森林博物館を見学した後、天然秋田杉の森を散策し、山野草を楽しんではいかがでしょう?

Dscf1331_640x480
アケボノソウがきれいに咲いています


Dscf1312_640x480_4   Dscf1318_640x480

オオノアザミ       ノコンギク

Dscf1322_640x480_4   Dscf1335_640x480
 

ママコノシリヌグイ    キバナアキギリ


Dscf1333_640x480   Dscf1377_640x480 

ツリフネソウ        キツリフネ

Dscf1339_640x480   Dscf1371_640x480 

リンドウ           オトコエシ

Dscf1374_640x480_2   Dscf1359_640x480 

ミズヒキ           キンミズヒキ

Dscf1347_640x516   Dscf1365_640x480 

スズサイコの実      イヌタデ(白い花も)

Dscf1351_480x640
ツチアケビの実

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月23日 (日)

初秋の景色

9月23日(日)cloud

 昨日の秋分の日の夜から急に涼しくなった。昨夜はむしろ寒いくらいで布団をかけて寝る。おかげで寝心地がよく今朝は寝坊してしまい、朝の散歩を休んでしまった。

 昨日友人と鳥海山麓桑ノ木台湿原を訪ねた帰り、仁賀保高原に寄って、実りの秋を迎えた仁賀保の田園風景を眺め、湿原で見られなった鳥海山の雄姿を眺望した。

 

Dscf1419_640x480
収穫の秋を迎えた仁賀保の田園風景

Dscf1429_640x480
仁賀保高原から鳥海山の雄姿を望む

Dscf1379_640x480

鳥海山麓のブナ林(国有林)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月22日 (土)

桑ノ木台湿原

9月22日(土)cloud

今日秋分の日。

 友人に誘ってもらい3人で鳥海山麓の桑ノ木台湿原を始めて散策することができた。

 天気はあいにく曇り空で、期待した湿原からの鳥海山の雄姿は望めなかったが、サワギキョウ・リンドウ・ウメバチソウなどの花が観察でき、楽しい一日を過ごすことができた。

 術後5か月やっと友人と山歩きができた!YさんKさん本当にありがとうlovely

Dscf1386_640x478

桑の木台湿原

Dscf1390_640x480
サワギキョウ

Dscf1395_640x480_2   Dscf1393_640x480

ウメバチソウ     細い葉はウメバチソウの葉ではない

Dscf1401_640x480   Dscf1409_640x480

リンドウの花が見事であった。エゾリンドウだろうか?

Dscf1383_640x480

湿原までの歩道で出会ったサラシナショウマ

Dscf1385_640x480   Dscf1414_640x480

歩道沿いでかわいい実をつけたトチバニンジンと出会う

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月21日 (金)

森林博物館

9月21日(金)raincloud

 ジャイアンツが今3年ぶりのセリーグ優勝を決めた。原巨人軍おめでとう!

今日、今年2回目の仁別森林博物館ボランティアに従事。あいにくの雨模様で入館者はすくなかったが、雨にけむる天然秋田杉林も風情があった。

Dscf1355_640x480
仁別国民の森の中にある森林博物館

Dscf1348_640x480   Dscf1349_640x480

仁別森林博物館は昭和39年に秋田営林局庁舎改築記念事業として開館した。

Dscf1366_640x480_2

森林博物館正面玄関。開館は5月上旬~11月上旬 開館時間10:00~17:00。詳細は東北森林管理局のホームページを見てください。

Dscf1353_640x480   Dscf1368_640x480

やすらぎの池と博物館向かいの天然秋田杉林

Dscf1356_640x480

博物館玄関横に展示している米国フィラデルフィアのボールドウイン社で制作された森林鉄道蒸気機関車。北海道の国有林で使われた機関車で最近全国からマニアが訪れ人気が高まっている。

Dscf1358_640x480

国産のデーゼル機関車。能代営林署の森林鉄道で使われたものが館内に展示されている。これと同じ機関車が昭和30年代後半までここ仁別から秋田駅の近くまでまで天然秋田杉の丸太を運んだ。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月20日 (木)

今咲いている道端の花

9月20日(木)cloud

 昨日の朝の散歩で出会った道端の花と実です。名前に誤りがありましたらご指摘ください。

Dscf1281_640x480
ヒヨドリバナ

Dscf1284_640x480   Dscf1285_640x480
ヨウシュヤマゴボウの実  ユウガギク

Dscf1292_640x480ノハラアザミ?

Dscf1298_640x480   Dscf1300_640x480

タナ            アキノノゲシ

Dscf1289_640x480コマツナギ


Dscf1304_640x480   Dscf1309_640x480
オオマツヨイグサ     ヤマハッカ








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月19日 (水)

マルバシャリンバイ

9月19日(水)cloudraincloud

 今日彼岸の入り、昼ごろ一時にわか雨があり、それ以降少し涼しくなった。もう真夏日はたくさんですsad

 鶴岡市の珍樹めぐりの最後は、マルバシャリンバイの北限自生地、旧温海町暮坪の立岩です。

 マルバシャリンバイは、バラ科に属する暖地性の常緑低木で、日本海中部以南の海岸に自生するが日本海海岸ではここが北限となっているとのことです。花は白く五弁で梅の花に似ていることから車輪梅の名がついたらしい。花の時期は5~6月。


0222image21_640x480
マルバシャリンバイの北限自生地暮坪の立岩。<鶴岡市観光連盟のHPから写真を転載させていただきました>

Dscf1231_640x480

マルバシャリンバイ

Dscf1246_640x480_3

マルバシャリンバイの実。左の黒い実はアオツツラフジ。


0222image11_640x454
マルバシャリンバイの花。<鶴岡市観光連盟のHPから写真を転載させていただきました>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月18日 (火)

曹源寺のヒサカキ

9月18日(火)sun

  過日鶴岡市内の珍樹を訪ね「早田のオハツキイチョウ」は既に紹介しましたが、今日は鼠ヶ関地区で観察できた「曹源寺のヒサカキ」を紹介します。

  曹源寺の裏庭に南北に植えられている2株の老木。南の株は根元から地上90㎝で3本立ちになり、北の株は地上55㎝で2株に分かれている。高さは両方とも4.1m程度ですが、細かく分かれた小枝が入り組み連理上になっている。昭和28年山形県指定天然記念物。(鶴岡市観光連盟HPより)

Dscf1186_640x480

案内標識

Dscf1199_640x480
曹源寺

Dscf1198_623x640
山形県では飛島とここだけにしかない曹源寺裏のヒサキ

今から400年程前、佐渡の金比山僧侶峯庵禅師が悲願の諸国巡鯣に向かう折り、強風に合い遭難し念殊ケ浜に漂着、傷ついた体を曹源寺に休め、村人の温かい看護によって快癒し、再び巡鯣の途にのぼる時、感謝の気持ちを持って手植えしたと伝えられている。(鶴岡市観光連盟HPより)

307381_640x480
花は例年4月中旬とのことこと。ネット「松江の花図鑑」より転載させてもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月15日 (土)

オハツキイチョウ

9月14日(金)sun

 下の写真は昨日の珍樹を観る会で観察した鶴岡市早田の珍しいオハツキイチョウの木です。

 イチョウの葉の上に雌花が生じ、そこに実がつく、いわゆる「お葉付き」のイチョウ。

 この木の花・実が全部お葉付きになるわけではなく、一部がお葉付きになるようです。

 このイチョウの木の樹髙は約15㍍、根元周り約3.8㍍で山形県の天然記念物に指定されている。

 約90年前に良く種子のなる木の小枝をとって接ぎ木をしたものらしいが、母樹は普通の実しかならないのに、何故かお葉付きになったとのこと。

 今の時期イチョウは実のつく季節ですが、今年は実の付き悪かったのか、枝に着いた実を観ることができなかったが、幸い地面に落下したお葉付きの実を確認でき目的を達成した。

Dscf1175_640x480イチョウの木が2本並んでいるがそのうち1本のみがお葉付きのイチョウ!

Dscf1178_640x480葉が枯れて残念ですが間違いなく葉に実が付いていた!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月13日 (木)

念珠の松

9月13日(木)sun

 今日先輩・友人に誘ってもらい、鶴岡市温海町の珍樹を観る会に出かけた。鶴岡市は昭和55年から2年間勤務した思いで多い地であり、お陰さまで懐かしく楽しいドライブをさせてもらった。

 目的のは珍樹は①早田の「お葉つきイチョウ」②曹源寺の「ヒサカキ」③マルバシャリンバイの北限自生地であったが、予定外に鼠ヶ関村上屋の「念珠の松」も見物することができた。

今日の写真はその「念珠の松」です。

主幹は高さ3.5m、幹囲り1.16mにすぎませんが、東に周囲1.3mの巨大な枝が這うように20m程のびています。
昭和30年8月1日に山形県の天然記念物に指定され、平成6年に世界的に有名な造園家 中島健氏の設計により現在の念珠の松庭園が完成しました。(山形県観光連盟HPより抜粋)

 

Dscf1216_640x480
念珠の松。向こうが根本で手前に枝をのばしている。

Dscf1219_640x480
念珠の松。左が根本で右が枝の先端

Dscf1211_640x480   Dscf1212_640x480_4

根本から枝の先端へ①    ②

Dscf1213_640x480   Dscf1214_640x480

③                ④



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月12日 (水)

ペタンク親睦大会

9月12日cloudsun

 今日LL財団主催 <いきいき長寿あきた2012ねんりんピック >ペタンク親睦大会~中央大会~が秋田市八橋運動公園で開かれた。

 あまり聞き慣れないニュースポーツ、高齢者の間で最近愛好者が増えた。秋田県ペタンク協会という組織もあり今大会の主管となっている。

 私も友人に勧められままクサレタマクラで初めて参加してみたが、やはりチームの足を引っ張ることになった。

 ちなみに今日の参加は37チームで110名余。優勝はLL12期会。

Dscf1140_640x480
開会を待つ参加者


Dscf1144_640x480

開会式

Dscf1143_640x464


開会式での参加者
Dscf1146_640x480_3

競技開始 我がチーム


Dscf1163_640x480
決勝のLL12期会と仁賀保Aチーム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月11日 (火)

サルノコシカケ?

9月11日(火)raincloud

 町内街路樹のケヤキの根本近くにに面白い形をした「きのこ」が生えていた!これも「サルノコシカケ」でしょうか?

Dscf1127_640x480
Dscf1129_640x480

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月10日 (月)

秋の花

9月10日(月)raincloud

今日の早朝散歩で出会った道ばたの花

Dscf1019_640x480
ハギ

Dscf1014_640x480
ノラニンジン

Dscf1132_640x480
オオハンゴンソウ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 9日 (日)

角館のお祭り

9月9日(日)cloud

 重要無形民族文化財に指定されている「角館のお祭り」が9月7日から9日までの三日間行われた。

 ここしばらく見ていないことと、妻が見たことがないとのことで佐竹北家上覧が行われる中日の8日に出かけてみた。

角館のお祭りは「神明社」と「薬師堂」のお祭りで、各町内から18の「曳山」が繰り出し、やまぶっつけが魅力です。

 「やまぶっつけ」は曳山の進行との関連で行われます。相手の曳山と通行の優先権について話し合うことを「交渉」といいますが、交渉が決裂した場合実力で通るため「山ぶっつけ」が行われる。このときが祭りのクライマックスです。

8日には観光やまぶっつけが8カ所で行われた。

Dscf1043_640x480
佐竹北家上覧を終えた西勝楽町若者の曳山

Dscf1044_640x480
西勝楽町若者の曳山


Dscf1049_640x480   Dscf1051_640x480

      上新町若者の曳山

Dscf1055_640x480   Dscf1065_640x480

駅通り若者の曳山    東部若者の曳山

Dscf1058_640x480   Dscf1061_640x480

子供たちも祭り姿で参加 可愛いネ・・・・

Dscf1072_640x480

岩瀬若者の曳山


Dscf1073_640x480
何か交渉している模様!

Dscf1076_640x480

大塚若者の曳山

Dscf1079_640x480   Dscf1085_640x480

菅沢丁内若者曳山      桜実町若者曳山

Dscf1086_640x480_2   Dscf1087_640x480

     子供たちもお祭り気分

Dscf1111_640x480
角館観光タクシー前での桜美町と横町の山ぶっつけ!混雑で迫力ある写真は撮れなかった!
























| | コメント (0) | トラックバック (0)

kakunodatenoomaturi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

kakunodatenoomaturi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

kakunodatenoomaturi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

kakunodatenoomaturi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

kakunodatenoomaturi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

kakunodatenoomaturi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

kakunodatenoomaturi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

kakunodatenoomaturi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 8日 (土)

仙北路カメラスケッチ

9月8日(土)sun

 去る5日、玉川ダムを見てからの帰路、仙北路ドライブで好きなポイントで車を降り、カメラスケッチを楽しみながら無事秋田に戻った。

 

Dscf2219_640x480
玉川ダムの下流にある鎧畑ダムも水不足。このダムは玉川ダムより相当早く完成している、まだ中学生のころダム工事で多くの囚人が働いている光景を思い出す。

Img_6938_640x480
鎧畑集落の国道端に面白い交通安全標識 <美人多しスピードおとせ>だってcoldsweats01

Img_6939_640x480
上田沢地区集落の美しいソバ畑

Img_6942_640x480   Img_6943_640x480

下田沢の=茶立ての清水=

Img_6945_640x480   Img_6946_640x480

水芭蕉の群生地でおなじみの刺巻湿原は今の時期はこんな状況。思いがけなく私の好きな「アケボノソウ」が歓迎してくれた。

Img_6959_640x480   Img_6960_640x480

国道46号沿いの面白い「森の駅」

Img_6957_640x480   Img_6958_640x480

木材工芸品に興味ある方は是非寄ってみてください。

Img_6982_640x480   Img_6983_640x480

角館の武家屋敷(東勝楽丁)を通って例大祭が近い神明社に向かう

Img_6985_480x640   Img_6987_640x480

江戸時代の紀行家菅江真澄終焉の地ともいわれる角館神明社は角館南高校の近くにある。真澄の遺骸はここから秋田市寺内に運ばれ鎌田正家の墓地に葬られた。
















| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 7日 (金)

田沢湖も水不足

9月6日(土)sun

 昨日の久しぶりの強い雨で昨晩は寝心地の良い涼しい夜を迎えた。おかげで熟睡、朝寝坊し早朝散歩をキャンセルしてしまった。

 日中はネンリンピックに参加するためのペタンク競技の練習に参加。暑い中LL19期の先輩のみなさんから手ほどきを受ける。「たかがペタンクされどペタンク」といったところ!

 写真は一昨日玉川ダムを見に行く途中に立寄った田沢湖の風景です。やはり田沢湖も当然ながら水不足でした!

 

Dscf2201_640x480
通常足元までた湖水につかっている「たつこ像」もご覧のとおりです。

Dscf2205_640x480
昔はいなかった魚「うぐい」が群れを成している。水質が改善された結果と思うが、クニマスが戻れる環境までどう改善するかが、我々の課せられた今後の課題!

Dscf2206_640x480   Dscf2207_640x480

御座石の景色も一変している!

Dscf2214_640x480  Dscf2215_640x480

御座石神社        遠浅になった春山の白浜

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 6日 (木)

真澄終焉の地

9月6日(木)rainoncloud

 昨日玉川ダム視察の帰路、菅江真澄終焉の地と言われている旧田沢湖町梅沢を訪ねた。

 菅江真澄は秋田での最後の旅に角館の雲然から梅沢に移り、肝煎大石清右衛門家に滞在し文政12年(1829年)76歳で亡くなったといわれている。(一説によれば角館の神明社で亡くなったとも)

Img_6963_640x480_3
現在の大石家は当主大石淳氏であるが、今も湧水をたたえる池と深い木立の広大な屋敷があり、当時をしのぶことができる。

Img_6962_640x480
大石家の正門

Img_6961_640x480
屋敷を取りまく池

Img_6965_640x480
菅江真澄も訪ねた思われる梅沢の金峰神社の山門

Img_6969_640x480_5

Img_6969_640x480_3杉古木並木の金峰神社参道

Img_6973_640x480
馬頭観世音を祀っている金峰神社。真澄は体調が思わしくないため梅沢のことや、金峰神社のこと、田沢湖伝説のこと等を記録に残すことができずに亡くなったと思われる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 5日 (水)

湖底が現れた玉川ダム

9月5日(水)suncloud

 故郷の玉川ダムが水不足で湖底が出ているとの報道があり、気になって自分の目で確かめようと行ってみた。

 自分の住んでいた家のあるあたりは、まだ湖底に沈んでいたが、さらに上流の男神橋のあたりから上流は完全に干上がっていた。

 水のないダムはとても見られれるものではない!親戚の家があったところ、爺さんの畑があったところがどこか?と探してみたが、50年以上前の思い出なので、なかなかはっきりしなかった。

Dscf2226_640x480

ダムサイト。普段は茶色のあたりまで湛水している。

Dscf2227_640x480_2

正面の山が故郷玉川のシンボル男神・女神山。その左が黒森山でその裾が私の生まれ育った蒲谷地集落。

Img_6898_640x480_4

男神橋のあたりから湖底が出ていた。この当たりは岩ノ目といい親戚の家があったところ。

Img_6909_640x480_5
男神橋のたもと。

Img_6910_640x480
男神橋からダムサイト(下流)方向を望む。

Img_6914_640x480

男神橋から玉川本流の上流(戸瀬方向)を望む。

Img_6790_640x480
*今年7月23日の状況。約40日で上のような無残な景色になってしまった。

Img_6915_640x480
男神橋から小和瀬、宝仙台方向を望む。

Img_6919_640x480
男神山と男神橋(岩ノ目)。私の小さいころはこのあたりに森林鉄道の橋があった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 4日 (火)

月お見ながら早朝散歩

9月4日(火)sun

 今朝は秋田南大橋付近の雄物川堤防を歩く、6時少し前なので歩く人の数はまだ少ない。

 大森山の上あたりに月がでており、月見をしながらの風流な早朝散歩ができた。

日中は暑いがやはり秋の雰囲気です!

Dscf2193_640x480

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 3日 (月)

初秋の散歩風景

9月3日(月)sun

 今日も日中は真夏日の暑さだったが、早朝は初秋を感じさせる心地よい風が肌を吹き抜けた。

<今日の早朝散歩での風景>

Dscf2178_640x480
西の空には丸い月が、今日も暑くなるよと言ってるようだ!
Dscf2190_640x480
北東に連なる太平山の山並みと豊作が期待される実りの田圃。

Dscf2186_640x480
四ツ小屋のやぶれ沼、ここは水不足の心配はないようだ!

Dscf2185_640x480
朝早くから日よけの傘を差し釣りを楽しむ人達

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 2日 (日)

アケボノソウ

9月2日(日)sun

 今年初めて仁別森林博物館のボランティアガイドに従事した。夏休みも終わり入館者が少ないだろうと予想したが、約50名の来館者があり結構忙しかった。

 久しぶりのボラだったので、開館前に博物館周辺の散策路を一回りしたが、デジカメにSDカードを入れるのを忘れてしまった。順調な証拠ですgawk・・・・。

 仕方なく2枚だけ携帯電話のカメラで撮りました。

F1000084_480x640
期待したアケボノソウが咲き出した。

F1000085_480x640
美味しいコバノフユイチゴの実ですが、食べるのは遠慮しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 1日 (土)

朝の風景

9月1日(土)sun

 今日から9月<長月>に入ったが、秋田市は今日も厳しい残暑、昨日に続き連続猛暑日となった!

 それでも早朝は秋風を感ずるさわやかな風を受けて心地よい散歩ができた!

<朝の風景>

Dscf2109_640x480_2

黄金色に色づき始めた田んぼと太平山の山並み。

Dscf2114_640x480
道ばたのオオイタドリの花が見頃です。

Dscf2116_640x480
秋田新幹線こまち上り一番列車。

Dscf2128_640x480
御所野公園から御野場団地を望む。

Dscf2136_640x480
オモダカの花がとても綺麗でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »