« 東日本大震災から1年 | トップページ | サギ?に出会う »

2012年3月12日 (月)

タラの芽

3月12日(月)snowcloud

 近所の道路側の藪にタラノキが生えており、毎年少し枝をいただいて、早めに芽をふくらませ、春一番の山菜を味わっている。Img_5662_640x480
 山菜の王様とも言われるタラノキ。木の先に芽吹く頂芽が山菜として珍重される。まだ芽はほとんど膨らんでいない。芽吹くのは4月下旬~5月上旬。

Img_5661_640x480

 藪の中の生えているタラノキ。棘があり気をつけないと怪我をする。この木の芽が食べられるとは想像つかないが、天ぷらにしていざ食べてみると、これが珍味でまさに山菜の王様である。

Img_5669_640x480_4

 枝先切って水を入れたバケツに漬け、温かい場所に置くと自然より早く芽吹く。今は栽培物が出回っているが、昔はこうして自然界より少し早めの山菜を楽しんだ!

|

« 東日本大震災から1年 | トップページ | サギ?に出会う »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537995/54206631

この記事へのトラックバック一覧です: タラの芽:

« 東日本大震災から1年 | トップページ | サギ?に出会う »