« 2012年2月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年3月

2012年3月28日 (水)

明日入院

3月28日(水)cloudsuncloud

いよいよ明日入院、ブログもしばらくお休みします。

今日は天気が良く、気になっていた冬越しの山野草などの鉢物を入院前に整理でき、安心して病院へ向かうことができる

Img_5833_640x480
田沢湖スキー場から乳頭山方面の県境(奥羽山脈)を望む。<3/16撮影>

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月27日 (火)

マンサクの花

3月27日(火)sunsnowcloud

 今日病院に行き執刀医から説明を聞く。

 胆石症と胃がん摘出手術で即入院?と思ったが29日入院、4月2日手術と決まった

 覚悟を決めている手術なので早く処置してもらいたいが、病院の都合もあり日々が経過するのは、落ち着かないもの!。

Img_6019_640x480

Img_6021_640x480

Img_6023_640x480
家の近くの小路のマンサクの花、数は少ないが今年もきれいに咲いてくれた。大好きな可愛いマンサクの花を見て元気(カラ元気?)よく入院。なるべく早く退院し、また野山や庭の花々を投稿したい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月26日 (月)

膨らんだ冬芽

3月26日(月)cloudsnow

 今日も雨や雪が降ったりやんだりのあいにくの天気。明日から入院のため無理をおして鉢物を整理する。

 何気なく庭の木々の冬芽をのぞくと、やはり春!冬芽が大きく膨らみ春にそなえていた。

Img_6007_640x480

タラの芽(切り取った枝をバケツにいれたもの)

Img_6012_640x480
綿毛に包まれて大きく膨らんだヒメコブシの冬芽鉢植え)

Img_6014_640x480
オオカメノキの花芽 (鉢植え)

Img_6015_640x480
オオカメノキの葉芽 (鉢植え)


Img_6016_640x480
トチノキの冬芽(鉢植え)

Img_6017_640x480
ミツバアケビの冬芽(地植え)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年3月25日 (日)

春を待つ乳頭温泉

3月25日(日)cloudsnow

 家周りの鉢物などを整理をしたいが、なかなか春らしい天気にならず、いらいらの毎日をすごす。

 今日町内会の総会があった。今年は役員を引き受ける年なのでやむを得ず出席、小さい役を仰せつかった。

写真は春とはいえまだ雪深い乳頭温泉郷です。

Img_5782_640x480
黒湯温泉

Img_5783_640x480
孫六温泉

Img_5801_640x480
大釜温泉

Img_5804_640x480
蟹場温泉

Img_5806_640x480

妙の湯温泉
Img_5814_640x480
休暇村乳頭温泉郷

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月24日 (土)

霧 氷

 3月24日(土)rain

春になって雪景色が恋しくなった。

Img_5765_640x480
道路沿いの樹木に花が咲いたような綿雪が残っていた。青空に輝き遠くから見ると一瞬モクレンかコブシの花が咲いたように見えた。

Img_5834_640x480

田沢湖スキー場の霧氷=ブナ林に一斉に雪の花が咲いた=

Img_5835_480x640

田沢湖スキー場=ブナの樹に咲いた霧氷=


Img_5839_640x480

田沢湖スキー場の春の雪景色と眼下の田沢湖。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月23日 (金)

春の使者たち

3月23日(金)suncloud

 暦の上では今日彼岸明け、まだ寒い日が続いている秋田だが、確実に一歩一歩春は近づいて来ている。

 そんな春を早く実感したくて、近所の小さな湿地を訪ねてみた。雪が消えたばかりの湿地には、リュウキンカミズバショウが顔を出していた。

 あと4~5日で小さな花が見れるかも!delicious いつまでも残しておきたいミニ湿地だが、開発手はすぐ近くまで、とても心配だ!

 それにしても自然の花々を観察できるうれしい季節の到来です!こんな時期に入院しなければならないとは情けないdespair

Img_6000_640x480

Img_5998_640x480   Img_5999_640x480

湿地近くのミニ公園に小さな蕗の薹が顔をのぞかせていた。


Img_6003_640x480
最近わき水が少なくなった湿地だが、今年もリュウキンカが育っていた。

Img_6004_640x480_2
リュウキンカの近くで小さいがミズバショウも葉をのばしていた。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月22日 (木)

残しておきたい萱屋根農家

3月22日(木)cloud

 仙北市西木町105線沿いの潟野集落に古い萱屋根の大きな農家がある。今年は人が住んでいないのか雪下ろしもしていない模様。手入れもあまりされていないように見受けられる。

 このような萱葺き農家は少なくなってきているふるさとの貴重な財産だ、勝手な希望だができればずっと残していてもらいたい建物だ。とはいっても後継者問題、維持費など難しい事情があると思うが・・・・・。

Img_5854_640x480
Img_5855_640x480

Img_5856_640x480  Img_5857_640x480

いつまでも残しておきたい萱屋根葺きの農家

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月21日 (水)

ヤドリギ

3月21日(水)

過日乳頭温泉に行く途中田沢湖湖畔を通った。春山の湖畔で青空に浮き上がったヤドリギを発見。後ろから来るトッラックを気にしながら急いでデジカメのシャッターを押した。

一箇所にまとまってこんなに多くのヤドリギが寄生しているのは珍しいと思う、そうでもないかなぁ?

ホザキヤドリギというのもあるというが私はまだ見たことがない。今年秋の観察会で見る機会があるかもしれない

Img_5762_640x467


Img_5763_476x640_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月20日 (火)

バッケ=ふきのとう=

3月20日(火)cloud

今日は春分の日で彼岸の中日。

「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉がある。しかし、私の住む秋田市はまだ雪もちらつく寒い日が続き、春が来たとはとても思えない。

それでも、小さい春を見つけることができた。それはバッケ。秋田では蕗の薹のことをバッケと呼ぶ。山菜としても珍重される早春のシンボルである

Img_5990_640x480_2

Img_5988_640x480   Img_5989_640x480

この蕗の薹 実は自然のフキではなく畑で栽培されているあきたふきの薹である。








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月19日 (月)

田沢湖と駒ヶ岳・乳頭山

319日(月) snow

懐かしきかな故郷!

去る17日、ふるさとの湖「田沢湖」と、ふるさとの山「駒ヶ岳・乳頭山」をデジカメスケッチした。

Img_5852_640x480
観光客もすくなく静かなたたずまいの田沢湖と秋田駒ヶ岳(1637㍍)

Img_5847_640x480
春を待ちわびるたつこ姫

Img_5756_640x479
深日本一423.4㍍はこの御座石の当たり!

Img_5760_640x469
春山から見る田沢湖

Img_5824_640x480
田沢湖スキー場から望む田沢湖①

Img_5836_640x480
田沢湖スキー場から望む田沢湖②

Img_5816_640x480
乳頭温泉郷から乳頭山(1478㍍)を望む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月18日 (日)

鳥海山小滝番楽舞

3月18日(日)cloudsun

昨日秋田県庁 第2庁舎で「平成23年度ふるさと・水と土フォーラム」が開かれた。

主催::秋田県。後援::秋田県土地改良事業団体連合会ほか2団体。

フォーラムにさきだちオープニングとして、秋田県にかほ市 鳥海山小滝舞楽保存会による地域伝統芸能「鳥海山小滝番楽舞」が特別披露された。

小滝のチョウクライロ舞は一度鑑賞したことがるが、今回の番楽舞は初めてである。興味深く鑑賞した。

Img_5901_640x480

次世代に伝えよう・ふるさと秋田の魅力が今日のフゥーラムのテーマ

Img_5902_640x480_2

準備をする鳥海山小滝舞楽保存会のみなさん。「鳥海山小滝番楽舞」は秋田県無形民族文化財。

Img_5907_640x480_4   Img_5909_640x480

番楽舞として15演目が伝承されているという。そのうちの一つ演目「番楽」

Img_5919_640x480_3   Img_5928_640x480

演目「品ごき太郎」

Img_5929_640x480_5   Img_5935_640x480

演目 「翁」

このあと、藤原優太郎氏の「次世代に伝えたい~ふるさと秋田の魅力~」と題する基調講演。そして県内3団体による活動発表と続いた。

有意義なフォーラムであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月17日 (土)

さようなら ブルートレイン

3月17日(土)cloud

昨晩JR秋田駅で寝台特急「日本海」にお別れをした!

青森駅19:31発の最後のブルートレインは秋田駅に6分遅れて22:34に到着!

秋田駅4番ホームにはJR社員や報道関係、一般マニアの見送り客でごった返した!

私も4~5年前ミニグリーンサクルの仲間との旅行でこの寝台特急を利用したのを初め4~5回は利用し、数々の楽しい思い出が残っている!

ブルートレインは満員の乗客を乗せ、”ありがと” ”ごくうさん” ”さようなら”などと声をかけられ大阪に向けて出発した!

Img_5858_640x480

4番ホームのこの表示もこれが最後となる・・・・・・

Img_5871_640x480_2

秋田駅4番ホームに到着したブルートレインの先頭車両

Img_5876_640x480_5

頭車両に続きブルーの客車が姿を現す

Img_5883_640x480_3

列車からカメラを持って降りる乗客

Img_5884_640x480_2

ブルーの客車と赤茶色の先頭車両がブルートレインの特徴

Img_5885_640x480   Img_5888_640x480 

 Img_5892_640x480_2 Img_5893_640x480

大勢のフアンから見送られ、惜しまれ、最後の旅に出発するブルートレイン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月16日 (金)

早春の雪景色

3月16日(金)

好天に誘われ早春の乳頭温泉郷の雪景色を楽しんできた!

昨年は2月22日に訪れている。20日以上も遅いのに雪の量はまだすごい!

孫六温泉の若主人によると、ここ2~3日で50㌢以上の新雪が積もったという!

Img_5791_640x480

黒湯温泉の萱屋根。雪が深くてカンジキを付けても近くまではいけなかった。

Img_5782_640x480
黒湯温泉はまだ雪の中で眠っている。冬期間は営業を休んでいる。

Img_5783_640x480
孫六温泉は営業中。関西方面など県外からの観光客と会う。

Img_5775_640x480

黒湯沢の雪景色


Img_5785_640x480   Img_5793_640x480

孫六温泉と黒湯温泉近くの春を待つ雪景色。=ブナ林と小川=

Img_5807_640x480   Img_5808_640x480

休暇村乳頭温泉郷のブナ二次林



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月15日 (木)

高齢者大学

3月15日(木)cloudsnowcloud

 友人に誘われ入学した秋田おもと高齢者大学も今年3年目を迎えたが、今年は他の行事と重なり秋以降ほとんど欠席。今日は23年度最後の学習会と終了式に出席した。今日は平成26年度秋田県で開催する「国民文化祭」について、秋田県生活環境部 県民文化政策課 国民文化祭準備班主任 新野 聡の講話を聞いた。

 3年お世話になったおもと高齢者大学だが今日の終了式を最後にリタイヤ、他の高齢者学習会に移籍することとした。せっかく仲間ができたのに残念だが仕方ない

友人のY氏も今日姿をみせなかった、どうしたかなぁ・・・・・?

Img_5695_640x480

Img_5696_640x480_2  Img_5697_640x480_2

秋田おもと高齢者大学23年度最後の学習会「国民文化祭について」模様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月14日 (水)

ミツマタの蕾

3月14日(水)suncloudsnow

 もう春雪は降らないものと思っていたが、朝起きたら外は一面の銀世界。でも春の淡雪で陽の光を浴びすぐ消えた。

 午後から室内グラウンド・ゴルフとウォーキングで暇つぶし。歩きは買いものを兼ね久しぶりに1万2千歩約2時間。ただし、行きはハレハレ帰りはユキであった

Img_5687_640x480
朝公園の桜の木に雪の花が咲いていた

Img_5688_640x480
ウオーキング途中に出会ったミツマタの木

Img_5692_640x480
大きく膨らんだミツマタの蕾、まもなく開花しそうだ!



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月13日 (火)

サギ?に出会う

3月13日(火)cloud

今日はパソコン教室に出席。

割注・カット・Smart Art 等これまで使ったことのないワード機能について楽しく学習した。ついて行くのが大変だが、「ワード2010」には新しい機能が満載だ!

昨日ウォーキング途中近くの田んぼで大きな白い鳥にであった。

Img_5672_640x433
たぶんチュウサギかコサギではないかと思うが、白い雪を背景にした白い鳥なのでよくわかりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月12日 (月)

タラの芽

3月12日(月)snowcloud

 近所の道路側の藪にタラノキが生えており、毎年少し枝をいただいて、早めに芽をふくらませ、春一番の山菜を味わっている。Img_5662_640x480
 山菜の王様とも言われるタラノキ。木の先に芽吹く頂芽が山菜として珍重される。まだ芽はほとんど膨らんでいない。芽吹くのは4月下旬~5月上旬。

Img_5661_640x480

 藪の中の生えているタラノキ。棘があり気をつけないと怪我をする。この木の芽が食べられるとは想像つかないが、天ぷらにしていざ食べてみると、これが珍味でまさに山菜の王様である。

Img_5669_640x480_4

 枝先切って水を入れたバケツに漬け、温かい場所に置くと自然より早く芽吹く。今は栽培物が出回っているが、昔はこうして自然界より少し早めの山菜を楽しんだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月11日 (日)

東日本大震災から1年

3月11日(日)snowrain

あの大震災から早くも1年過ぎた。

 若ければ直接現地に行きボランテァ活動したかった思いもあるが、それもかなわず、被災地の避難施設の間仕切り用木材パネルの制作に半日従事したぐらいしか役立つことができなかった。あとは僅かな募金。自分が被災者だっらと思うと、こんなことで良かったか?と心が痛む。

 今日は東京での追悼式典を始め、各地で追悼の行事が行われてる。被災地に対する支援は一人一人の力は小さいものだが、全国民が一つにまとまれば大きな力となる。できることがあればこれからも何らか役に立ちたいと思う。

 

Img_5658_640x480
雪消えが進む秋田市南部四ツ小屋地区の田んぼ

Img_5665_640x480  Img_5664_640x480

四ツ小屋小学校への通学路にはまだ雪が残っている

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月10日 (土)

秋田南部地区の歴史

3月10日(土)cloud

今日自分の住む秋田市南部地区の藩政時代の歴史を勉強する機会があった。

秋田市南部公民館等が主催した「市民文化講演会」で秋田市の歴史作家土居輝雄氏の「藩政時代の南部地区」と題する講演が開催された。

土居氏によると、1602年佐竹義宣が入部した当時の秋田市は大湿地地帯であった。そこで取りかかったのは干拓であり、土手造り(道路)、掘り割り、そして盛り土であったという。

さらに、私の住む秋田南部は袋のように大きく湾曲していた雄物川を直流に開削し、さらに岩見川を水源とする二井田堰を完工させた。このことにより今日の二井田・四ツ小屋地区の広大な農地と集落ができることにつながったとう。二代藩主義隆~三代藩主義処の藩政改革の成果ともいえる。

自分の住んでいる地域の歴史を学ぶことはとても楽しい!

Img_5653_640x480_2
講演する土居輝雄氏

Img_5652_640x480
秋田市南部公民館で開かれた文化講演会風景

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 9日 (金)

春の息吹

3月9日(金)suncloud

ここ2~3日の気温上昇で庭や道路脇の雪の山がぐっと少なくなった。

屋根から落ちた雪の山が少しずつ消え、中からスイセンクロッカスの芽が大きくふくらんで姿を表した。春の息吹を感ずる瞬間です。うれしい季節到来!

Img_5649_640x480
スイセン

Img_5650_640x480
クロッカス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 8日 (木)

雪割草

3月8日(木)suncloud

時々日も差す早春の一日。入院で久しぶりに帰った我が家の前の雪の山が大分融けていたが、春の日差しに誘われ久しぶりに雪消しをする。

だまって置いても自然に消える雪ではあるが、せっかちな性格で少しでもも早く春を感じたくて、スコップで雪の山を崩し道路に散布、車につぶしてもらった。

Img_5641_640x480

Img_5642_640x480
後2~3日で苦労して除雪した雪の山も無くなりそう。

Img_5644_640x480_4
家の周りの春を探したところ、風除室の鉢棚で枯れそうになっていた雪割草(ミスミソウ)に可愛い花が咲いていた。

Img_5647_640x480_2
うれしい春の使者です。よく見ると他の鉢にも小さな蕾、これからの開花がたのしみです。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 7日 (水)

胆石で入院

3月7日(水)cloud

去る2月26日胆石で市内の病院に入院、今日昼過ぎ退院し10ぶりに我が家に帰った。

2月25日夜、晩酌・夕飯を食べたあと腹痛症状を発症、しばらく様子を見たが次第に痛みが増してきた。夜中に救急車のお世話になるのも嫌だと思い、午後9時自分で車を運転しN病院へ駆け込んだ

18年前から胆石があることがわかっており、痛くなれば手術は免れないと覚悟はしていたが、検査結果やはり予想したとおり胆石であった。

病院到着後いろいろ検査結果、手術する必要ありとの判断で朝4時ころそのまま入院することになる。しかしそのころから腹痛は治まった。その後4日間絶食でいろんな検査をした結果、最終的には手術を見送り今日退院することになった次第。

医師の言葉によれば“仕切り直し”だそうだ?自分としては手術をするならしてしてすっきりして退院したい気持ちもあったが、今回は医師の判断に従った。

自分の体には胆石ばかりでなくいろんな病気を抱えており、まさに<病気のデパート>といったところ。病気と上手につきあいながら、生きていくより仕方がないと思っている。

いずれにしてもこのような事情でブログ更新もできず、知人・友人からどうしたと電話をいただく等大変ご心配かけました。ありがとうございます、今後ともよろしくお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年5月 »