« 孫 インフルエンザ | トップページ | 猛吹雪 »

2012年2月16日 (木)

春を待つ 千秋公園

2月16日(木)cloud

 一昨日秋田花の会の写真展を見たあと、好天に誘われ秋田市の千秋公園をぶらついた積雪も大分少なくなり、どことなく春を感ずる千秋公園だった。

 帰りに「佐竹資料館」に立ち寄り、企画展「秋田藩主と家臣たち」をみて、ほんの少しだけ秋田の歴史にふれて家に戻る。

「秋田藩主佐竹氏は、源氏の流れをくむ名門であり、全国でも古い歴史を持つ大名です。関ヶ原の合戦のあと、秋田に転封された佐竹義宣(よしのぶ)は久保田の地、神明山(現在の千秋公園)に新たに城を築き、城下町を建設しました。以来、秋田市は久保田城下町を中心として近世・近代都市として発展してきました。」  (佐竹資料館資料より)

Img_5560_480x640
久保田城御隅櫓。市制100年を記念して平成元年に復元された本丸新兵具隅櫓(見張りと武器庫の役割を担っていた建物)

Img_5554_640x480
久保田城表門。久保田城本丸の正門で、一の門とも呼ばれ、本丸の玄関口として警備上からも重要な地点とされていた。

Img_5551_640x480   Img_5556_640x480
二の丸から本丸を望む   本丸佐竹義堯公銅像

Img_5564_640x480   Img_5566_640x480
裏門坂の雪吊り        胡月池の石灯籠

|

« 孫 インフルエンザ | トップページ | 猛吹雪 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537995/53999626

この記事へのトラックバック一覧です: 春を待つ 千秋公園:

« 孫 インフルエンザ | トップページ | 猛吹雪 »