« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日)

シオン(紫苑)

7月31日(日)sun

 7月も今日で終わり、明日から葉月です。直ぐ立秋そして旧盆が過ぎればもう秋です。秋になれば台風シーズンですが、ここ数年秋田は直撃をのがれいます。今年も穏やかな実りの秋を期待したいものです。

<今日の庭の花はシオンです>

シオン(紫苑:キク科)は秋の花ですが我が家の庭で今年も咲き出した。特に手入れもしないが毎年咲き続けてくれます。

Img_2865

「草丈は180cmくらいまでになり、開花期は秋で薄紫で一重の花を咲かせる。また、その花の色から紫苑という色名の語源となった。花を観賞するためによく栽培されている。また、九州の山間部に少数であるが自生している」(ウィキペディア参照

花言葉=君を忘れず

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月30日 (土)

ハクサンフウロ

7月30日(土)cloudrainsun

7月も残すところあと1日です。テレビで新潟の大洪水の映像をみていたら、空が急に暗くなり大粒の強い雨が降り出した。これは大変大雨が秋田に移ったかと心配したが、30分くらいで止みほっとしました。

<今日の花は庭のハクサンフウロ(フウロソウ科)>

Img_2860

蕾の時は下向きに垂れるようにつきますが、花が咲くと上を向きます。この時期に鳥海山や駒ヶ岳に登るともっと色の濃い紅紫色の花が見られると思います。名前の由来は石川県の白山で見つかり、フウロソウに似た花ということのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月29日 (金)

ムラサキチガヤ

7月29日(金)raincloud

 待望の雨と喜んでいたら、福島や新潟では洪水による被害が出ているようだ!韓国ソール市内でも大洪水とのこと、地球上では干ばつで乾燥している国もあるというのに・・・・・人間も動物も植物も地球上で生きていくには決して楽でない!。

庭では鉢植えにしていたムラサキチガヤが涼しさを与えてくれてます。

Img_2851

紫チガヤと聞いて入手したものですが、図鑑を調べてもたどりつけず困ってますgawk

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月28日 (木)

カワラナデシコ

7月28日(日)rain

 待望の雨が降り、畑の野菜や庭の花達にとっては恵みの雨となりました。7月8日以来20日振りのお湿りになった。

今日の庭の花はカワラナデシコです。

Img_2855

Img_2853

庭に咲くカワラナデシコ。ナデシコジャパンの活躍にあやかり、今年も綺麗に咲いてくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月27日 (水)

ヌマトラノオ

7月27日(水)cloud

夏の花ヌマトラノオ(サクラソウ科 沼虎の尾)が仁別国民の森で咲き出した。

オカトラノオ(岡虎の尾)が乾燥したところに生育するのに対し、ヌマトラノオは湿地に生えるので沼虎の尾の名がついたようです。

Img_2832

Img_2834

清楚な白い花を沢山つけたヌマトラノオ

Img_2760

こちらが虎の尾の名にふさわしいオカトラノオ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月26日 (火)

太平山の花

7月26日(火)cloud

久しぶりにゆっくり家の中で過ごした。

太平山登山の筋肉痛は今日がピーク、階段の下りが辛い一日でした。

<写真は先日の太平山登山で出会った花たち>

Img_2804

ミヤマカラマツ(キンポウゲ科)

Img_2807

クルマユリ

Img_2806_2

センジュガンビ(ナデシコ科 千手岩菲) 珍しい名前の花である。千手は日光の千手原で岩菲は中国のナデシコ科の植物とのこと。

Img_2824   Img_2827

ツルアリドウシ       ツルリンドウ

Img_2813   Img_2812

ハナニガナ         シロバナニガナ

Img_2815

イワオトギリ(オトギリソウ科) オトギリソウかも知れない?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月25日 (月)

小熊と遭遇

7月25日(月)sun

 昨日の太平山登山の後遺症で筋肉痛を抱えながら、仁別森林博物館の案内ボランティアに従事した。

 月曜日のためか入館者が少ないなか、リピーターの可愛い女の子の姉妹がおばあちゃんと一緒に来館、クラフト制作を楽しんでくれた。

 おばあちゃんによると、無料でクラフト制作を行える所は、ここしかないので毎年夏休み楽しみに訪れていると嬉しそうに話してくれた。

 最後のお客さんは仙台市から来られた親子で、スキー場オーパスの近くにキャンプし、今日太平山登山しての帰りに立ち寄ってくれた方でした。東日本大震災のことをいろいろ説明してくれ、秋田の皆さんにもお世話になってますと、お礼を述べて帰られました。

 最近博物館に来られる方から、仁別林道上で熊を目撃したとの情報が多く寄せられており、今日も若い夫婦の方から熊を見たとの報告をいただいた。

 午後5時博物館を出発、もしかしてと思いカメラを横に車を運転して帰宅途中、前蛇沢付近の道端で小熊二頭が遊んでいた。車を止め一頭に助手席の窓越しにカメラを向けると、何とポーズをとるかのように頭を上げ私を見つめた。

 太平山登山や博物館方面に来られる方は十分注意して頂きたい。

Img_2839

おばあちゃんと一緒に来館しクラフト制作を楽しんだ小6・小3の仲良し姉妹。

Img_2842

2頭の子熊と遭遇、内1頭をカメラに収めることができた。親熊の姿は見えなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月24日 (日)

太平山登山

7月24日(日)sun

 昨日が大暑、一年で最も暑さの厳しい時期とのことようだ

 このくそ暑い日に今年初めて太平山奧岳に友人二人と登る。朝8時旭又口を出発、山頂到着が11時。

 昼食後12時10分山頂を下山開始、旭又口に15時10分無事下山した。久しぶりの太平山登山だったが、大汗をかきやっと登ったと言うのが実感。太平山がこんなに大変な山だったか!?加齢による体力減退はいかんともならず。往復7時間の山歩きだった。

Img_2805

御手洗で下山してきた三吉神社の山ガール一行と逢い、パワーをもらう。

Img_2811

山頂到着のころガスが山頂をおおう。

Img_2817

昨年新築された三吉神社奥宮。

Img_2819

山頂の奥宮と参籠所。

Img_2818

山頂の大鳥居。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月23日 (土)

ラジオ体操

7月23日(土)sun

 最近は毎朝畑でNHKのラジオ体操を聞き、少しだけ音楽に合わせ体操することもある。

 今日は夏休みに入った畑の近くの四ツ小屋小学校で地域全体のラジオ体操の会が行われていた

 家に帰って朝食後仁別森林博物館のボランティに出かけた。学校が夏休みに入ったので博物館に訪れる家族も多いと期待したが、予想に反し来館者が少なく暇だった。そこで急遽庭師に変身し、博物館前のドウダンツツジの刈り込みを行った。素人なりの成果をどうぞ!?

Img_2792

秋田市南部「四ツ小屋草学校」でのラジオ体操会

Img_2796

刈り込みを終わった後のドウダンツツジ。もう少し強めに刈り込むべきと反省。

Img_2795

刈り込み前の姿。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月22日 (金)

ツリガネニンジン

7月22日(金)sun

 今朝も畑に出かけナスなどに水掛をするも、汗をかくこともなく半袖では寒ささえ感ずるほどでした。日中も風があり涼しい一日だった。

 庭に咲く花が少なく寂しい思いをしていたが、やっとツリガネニンジンが咲き出した。同じキキョウ科のソバナはまだ蕾の段階、イワシャジンもまだです。

Img_2780_3

花が咲き出したツリガネニンジン。

Img_2785

ツリガネニンジンの茎と輪生する葉。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月21日 (木)

ヨウシュヤマゴボウ

7月21日(木)sun

 土用の丑の日の今日、昨日までとは比べものにならないほど涼しく過ごしやすい一日だった!

 スーパーに行ってみたら店の外でを焼いていた。中国産か?と聞いたら国内産と云うので買って帰る。夜鰻重で元気?をつける。

 春先に庭の草むしりをしていたら、見たことがない風変わりな草が生えていた。何だろうと興味本位でそのまま育てら、何と帰化植物のヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)だった。近くの道路脇で毎年目にする野草、そこから種が飛んできたものだろう!?

 正体が分かったので抜き取ろうかとも思ったが、「特定外来生物」には指定されていないようなので、もう少し観察し黒い実を着けてから退治しようと思う。

ちなみに、キバナコスモスに似た「オオキンケイギク」のように外来生物法により特定外来生物に指定されていれば栽培は原則として禁止されている。

Img_2776

塀のそばに無断進入し元気よく育つ「ヨウシュヤマゴボウ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月20日 (水)

道端に咲く花

7月20日(水)sun

今日は土用、明日は土用の丑の日!

日中は暑い一日だったが、夜になって窓からすう~と涼しい風が入ってきた。「土用の丑の日は秋風が吹く」と幼い頃に親たちが話してたことを思い出した。やっぱり本当だネ・・・・。今夜は扇風機なしで眠れそうgawk

<この時期山道を歩くとこんな花が咲いてます

Img_2745

エゾアジサイ

Img_2746

ツルアジサイ

Img_2754   Img_2756

ヤマブキショウマ       トリアシショウマ

Img_2758   Img_2761

キツネノボタン        オカトラノオ

Img_2766   Img_2763

ウツボグサ           ノリウツギ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月19日 (火)

キキヨウ

7月19日(火sun

 連日暑い日が続く毎日です。畑の野菜や庭の山野草も雨を求めているが、今のところしばらく望めないようです。

 今庭にはギボウシ・コオニユリが咲いていますが鉢植えのキキヨウが2輪咲いていました。また、サフランモドキの花が一輪だけ咲いてくれました。

Img_2772

鉢植えのキキヨウの花。多分園芸種だと思います。

Img_2774

サフランモドキ(別名:ゼフィランサス・カリナタ)が一輪だけ、これから沢山花芽が出てくることを期待!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アオヤジロ

7月18日(月)sun

 仁別国民の森、森林博物館前の樹木園にアオヤジロと思われる樹高3㍍位の黄金色のスギが立っている。アオヤジロ(蒼弥白)といえば江戸時代の紀行家菅江真澄が「しげきやまもと」享和2年(1602)と「にえのしがらみ」享和3年(1603)に藤里町と大館市にアオヤジロというスギがあったことが記録に残されている。

 「アオヤジロ」は天然秋田スギであり、江戸時代には香りのよい樹であることから、酒樽の材料として珍重されたようである。今は県内に数本確認されているのみであり、秋田県の貴重な財産であり保護と子孫の確保が必要と思われる。

 愛知県新城市の林業家塩瀬忠夫さんの提言で、一昨年の全国植樹祭で北秋田市の北欧の森に数本植樹されていることは有り難い。

Img_2769

仁別国民の森に植えられているアオヤジロの思われるスギ。このスギは当時仁別森林博物館の管理人をしていた畠山保夫氏が大仙市大神成の民家に植えられていた樹の枝を挿し木し、平成15年ころここに植えたと聞く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月17日 (日)

菅江真澄の墓参

7月17日(日)sun

 今日平成23年度菅江真澄研究会総会が古四王神社社務所で行われた。業務報告、予算審議、役員改選などの議案審議後、愛知県出身の林業家塩瀬忠夫氏が「菅江真澄とアオヤジロ」と題する研究発表を行った。

 その後近くの丘に眠る菅江真澄の墓にお詣りした。真澄は1829年(文政12年)7月19日に亡くなっており、今年183回祭に一番近い日曜日に総会を行い併せて墓前参拝を行ったところである。

Img_2715

総会終了後研究発表を行う塩瀬忠夫氏。アオヤジロは秋田県にしか無い貴重なスギなので、秋田県の林業関係者が調査・研究し、絶滅しないよう取り組んで欲しいと結んだ。

Img_2724

秋田市寺内の丘にある菅江真澄翁の墓。

Img_2727

墓参に集まった菅江真澄研究会会員。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月16日 (土)

孫満6歳

7月16日(土)sun

暑い一日でした。

 昨日孫の満6歳の誕生祝いで本荘に行き一泊し先ほど帰宅したところ。小さいときは病弱だった双子の孫でしすが、大きな病気もせず満6歳の誕生日を迎えることができた。来春は新一年生になれそうだ!嬉しいことです。happy01

 昨日出かけるとき庭のヤブカンゾウが綺麗に咲いていましたが、先ほど見たらもう花は終わっていました。新しい茎が伸び花芽が付いていました。

Img_2699

誕生祝いのケーキ

Img_2700

写真より早くケーキ食べたいよ!

Img_2689

昨日の朝開花したヤブカンゾウ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月13日 (水)

コオニユリ

7月13日(水)sun

 早朝畑に出かけひととおり草取りを終えた。昨年は虫穴だらけだったジャガイモですが、今年も花が終わり茎が枯れ出した。はたして今年はどうだろう!、また虫にやられているだろうか!? 心配だったので一株掘り起こしてみた。どうやら今年はOKのようだwobbly 早速ポテトサラダで試食したが美味しかった。まだ小芋が多いが今月末には立派なキタアカリが収穫できそうだhappy01

庭では今朝コオニユリ(小鬼百合)の花が開いた。オニユリの開花は少し遅れそうだ!

Img_2667

鬼百合にはムカゴが付くが小鬼百合には付かない。

Img_2665

私は山百合が咲き、ミソハギが咲きだせば旧盆が近いと感じます。残念ながら山百合は庭から消えてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月12日 (火)

ハナイカダ

7月12日(火)sun

 今日も暑い一日でした。庭の花達も日中はぐったり、夕方6時過ぎ鉢類の水掛も如雨露では間に合わず、ホースでの散水にしました。

ところで、葉の上に直接花が咲き実を着けるという珍しい植物をご存じですか?

ミズキ科のハナイカダ(花筏)という落葉低木は、葉と花を別々に付けるのではなく、花の柄が葉の主脈と合着し、葉に直接花を付けるのです。

Img_2559

淡緑色の花が終わりもう実に替わっていました。実はこれから黒く熟します。

Img_2560

花の乗った葉を筏に見たて花筏という名がついたようです。別名:嫁の涙とも呼ぶようですが、由来はわかりません。<写真は7月6日小沼神社参道で撮す>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月11日 (月)

ウチョウラン

7月11日(月)sun

 例年より早い梅雨明け宣言、いよいよ夏本番です。庭の鉢物の水かけや畑の除草など、大変な仕事が待っている。熱中症に気を付けて頑張らねば・・・・smile

Img_2664

今年もウチョウランがよく咲いてくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月10日 (日)

十六沢城址等を散策

7月10日(日)sun

 今日ナトゥーア・秋田の自然観察会・研修会が大仙市の小沼神社・十六沢城址他で行われ、会員12名、一般応募者10名が参加した。

Img_2651

大仙市豊川地内の巨木「一里塚のサイカチ」を観察する参加者。

Img_2653

最初に訪ねた「鳥越の滝」

Img_2568

小沼山の山頂に建つ養老2年(718)草創とも云われる小沼神社

Img_2655

小沼神社前で担当者の説明を聞く参加者。

Img_2660

十六沢城址展望台から眺める仙北平野。

Img_2585

十六沢城址の記念塔。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 9日 (土)

こどもフェスティバル

7月9日(土)sun

この夏一番の猛暑の中、本荘市「本荘文化会館ホール」で本荘地区保育園の「こどもフェスティバル」が行われた。孫二人が出演するので孫馬鹿ぶりを発揮応援に出かけた。

Img_2625

会場の本荘文化会館ホール

Img_2627

孫の所属する保育園の幟

Img_2636

石脇西保育園の孫二人が、石沢・打越両保育園の園児達と共に、「てのひらを太陽に」と「アンパンマン体操」の歌を披露してくれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 8日 (金)

紫陽花 いろいろ

7月8日(金)rain

 鬱陶しい梅雨空に似合うのはやはり紫陽花である。我が家の庭先で咲く紫陽花の花々です。

Img_2611

Img_2612   Img_2614

Img_2617   Img_2618_2

Img_2616_2

ヤマアジサイ=クレナイ

Img_2621_2

ガクアジサイ=隅田の花火 鉢植え

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 7日 (木)

庭の花 キンシバイ

7月7日(木)suncloudrain

小暑の今日「第2回御野場地区健康推進委員会健康グラウンドゴルフ大会」が裏の公園で行われ、地域の高齢者約40名が参加した。暑い中ではあったがゴルフを楽しみ汗を流し健康を誓った

<写真=庭に咲くキンシバイ>

Img_2605

和名:金糸梅(おとぎりそう科)

Img_2613

中国原産とのことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 6日 (水)

一里塚のサイカチ

7月6日(水)sun

今日自然観察会の下見で大仙市の鳥越の滝・小沼神社・十六沢城址を初めて歩いた。

途中豊川地内で巨木「一里塚の皀莢」を始めて見ることができ感動する!

珍しい山野草にも出会うことができ有意義な一日だった。同行し指導いただいたK氏、W氏、H氏に感謝したい。

Img_2547

大仙市豊川地内の見事な巨木「一里塚の皀莢(サイカチ)」

Img_2596

初めて見るタツナミソウ(シソ科 立浪草)

 Img_2588  Img_2589_2

イチヤクソウ(イチヤクソウ科 一薬草)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 5日 (火)

ビックリグミ

7月5日(火)cloudrain

 我が家の庭でビックリグミが今年も枝もたわわに実った。自然には実を着けることができず、ジベレリン処理した結果です。そのまま食べたりジャムを造ったりして楽しんでます。毎年鳥達のご馳走にもなるのですが、今年はまだ来てません。忘れたのかなぁ・・・・bleah

Img_2540

渋みもあるが熟した実は美味しいです。

Img_2404

キリンソウ=地植え

Img_2538

ヒメフウロ=地植え

Img_2398   Img_2399

ホタルブクロ 左=多きめの花で鉢植え 右=小さめの八重咲きで地植え 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 4日 (月)

八幡平の花々

7月4日(月)rain

 7月1日~2日の八幡平の自然観察会で出会った花々の一部を紹介したい。八幡平ではニッコウキスゲの開花はまだでしたが、大場谷地湿原で見ることができたし、楽しみにしていたキヌガサソウは二個所で観察でき参加者は満足されたと思う。

Img_2532

キヌガサソウ

Img_2464   Img_2465

ニッコウキスゲ      ツマトリソウ

Img_2469   Img_2473

レンゲツツジ       サワフタギ

Img_2471   Img_2472

ハクサンチドリ      ハクサンチドリ

Img_2482_2

ミヤマキンポウゲ

Img_2502   Img_2507

ズダヤクシュ        ガクウラジロヨウラク

Img_2520  Img_2522 

イワイチョウ         チングルマ

Img_2527   Img_2528

イワナシ          イワカガミ   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 3日 (日)

八幡平での自然観察会

7月3日(日)cloud

 7月1日~2日、日本森林林業振興会秋田支部の自然観察会のお手伝いで八幡平を散策した。梅雨のど真ん中で心配した天気が、二日間だけ天の見方とでも云おうか?絶好の観察会日和に恵まれた。

 初日は大場谷地~大沼~畚岳~蒸ノ湯温泉泊。二日目は八幡沼~源太森~黒谷地湿原~茶臼岳と歩き、高山植物の花々を楽しんだ。

Img_2458

大場谷地谷地湿原でレンゲツツジやタテヤマリンドウなどの花を観賞する参加者。

Img_2462

八幡平ビジターセンター前を大沼一周散策に向かう参加者。

Img_2474

畚岳山頂で日本森林林業振興会の伊藤秋田支部長から「八幡平太平山緑の回廊」について説明を受ける。

Img_2495

2日の早朝、蒸ノ湯温泉近くの大谷地を始め訪ねた。レンゲツツジとワタスゲが朝陽に輝き尾瀬ケ原をほうふつさせた。早起きは三文の徳いや10文ぐらい徳をした気分。

Img_2505

宿泊した蒸ノ湯温泉の朝の景色。

Img_2511

八幡沼からこれから登る源太森を望む。

Img_2529

茶臼岳山頂での集合写真。

Img_2533

茶臼岳山頂からアスピーテラインの茶臼岳登山口に下山途中に山頂を振り返る。間もなく無事事故もなく下山し二日間の観察会を終える。

観察できた花々は明日のブログで紹介したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »