« タラの芽 | トップページ | リュウキンカ »

2011年4月 9日 (土)

太平山の木々

4月9日(土)raincloud

今日は久しぶりの雨、植物たちにとってはいいお湿りだったようです。

家庭菜園の仲間五人で堆肥を共同購入した。近くまでトラックで運んで貰いそこからみんなで各畑に小運搬、いい汗をかいた。

<写真は太平山前岳周辺の春の木々です>

Img_0553

チョットだけ目立つブナでした。

Img_0557_2

峰筋にはヒバの木がまとまって生立しているところがある。

Img_0565   Img_0563

緩斜地(左)と急斜地(右)のブナ林にはこんなに差がある。

Img_0571

前岳周辺一帯はブナ林主体であるが、女人堂には天然スギが数本まとまって生立している。

Img_0559

山の春は樹木の根本から雪が消えはじめ、それが次第に広がっていく。

|

« タラの芽 | トップページ | リュウキンカ »

樹木の観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537995/51344634

この記事へのトラックバック一覧です: 太平山の木々:

« タラの芽 | トップページ | リュウキンカ »