« 春たけなわ<道端の花> | トップページ | 庭の花 »

2011年4月22日 (金)

大同書展

4月22日(金)cloud

 今日アトリオンで第12回の大同書展を鑑賞した。この書展は秋田県芸術選奨と秋田市文化選奨の受賞者11人が合同で2年に1回開いている由緒ある書展である。出展者の一人である長谷川長龍氏「第23回秋田市文化選奨」の受賞者であり、私の古い友人でもある。

 書道はまったくの門外漢の私ですが、長谷川氏の漢詩が読めなくても、絵画を見るような気持ちで書を楽しんで欲しいとの言葉に肩の荷が降り、気楽に書道の醍醐味を楽しむことができた。

Img_0002

Img_0003

Img_0834

長谷川 長龍氏のコーナー。

Img_0817

漢詩といえば中国が本家だが、この漢詩は日本人しかも秋田県人益田滄洲の作とのことです。

Img_0819

Img_0822

Img_0824

Img_0826

Img_0828

|

« 春たけなわ<道端の花> | トップページ | 庭の花 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537995/51465166

この記事へのトラックバック一覧です: 大同書展:

« 春たけなわ<道端の花> | トップページ | 庭の花 »