« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月30日 (土)

庭に咲く花

4月30日(土)cloudrain

 連休前半の今日孫達が遊びに来た。生憎の雨だったので仕方なくセリオンにつれて行く。明日は下の男の子の希望で、路線バスに乗り秋田駅で「こまち」と対面し、普通電車に乗ることに予約済み。この孫達も来年は一年生、爺・婆とこうして遊ぶのもこれがもしかして最後かもhappy01

<庭に咲くきょうの花たち>

Img_0948

オオヤマザクラ。別名ベニヤマザクア、北海道に多いことからエゾヤマザクラとも呼ぶようだ。

Img_0919

左のソメイヨシノに比べ右のオオヤマザクラは紅色が濃い。

Img_0951

地植えのショウジョウバカマが見頃です。

Img_0955

Img_0956_3

ニリンソウ。葉が猛毒のトリカブトと似ているので要注意です。

Img_0957

ミヤマカタバミ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月29日 (金)

春の山野草

4月29日(金)cloud

 天皇誕生日の今日、東北森林管理局「仁別森林博物館」が開館した。ボランティア案内人15名も参集し、案内人会の総会を開いた後、事務機械の設置や散策路の点検・花の開花状況調査等準備を整えた。

田市内は染井吉野が満開だが、森林博物館のある「仁別国民の森」は雪が消えたばかりでサクラもコブシの花もまだ蕾みが堅い。でも山野草は陽当たりのいい場所から次から次へと花を咲かせ、春の訪れを私たちにアピールしてくれた。

<今日出会った花たち>

Img_0921

キクザキイチゲ(薄紫)

Img_0943

キクザキイチゲ(白花)

Img_0922

天然秋田スギ林の中のセセラギでオニヤンマの幼虫を見つけた。

Img_0929 

イワウチワも花をつけていた。今年始めての出会い、今年もいろんな所でお逢いします、どうぞよろしく。

Img_0933

ミズバショウ。

Img_0934_3

ネコノメソウ。

Img_0935

スミレサイシン。

Img_0941

キブシ(木五倍子)の花。雌雄異株の落葉低木。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月28日 (木)

シラネアオイ

4月28日(木)rain

花見の季節なのに今日も残念ながら肌寒い雨の一日gawk畑の作業もできずイライラの一日をすごす。

Img_0906

Img_0905  Img_0908

雨に濡れる裏の御野場公園のサクラ(染井吉野)

Img_0917

<今日の山野草>

Img_0887

シラネアオイ

Img_0890

白花のシラネアオイ。

男鹿の水族館GAOには白熊が嫁入り、我が家には白シラネアオイが嫁入りした。coldsweats01

過日本荘の嫁が友人からお父さんが育てた珍しい白花のシラネアオイを貰ってきてくれた。大切に育てたいと思う。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月27日 (水)

タツタソウ

4月27日(水)rain

 桜の花もそろそろ見頃を迎えたのに生憎の雨、予報では明日も雨のマーク、残念です。裏の公園の染井吉野は三分咲き、家のオオヤマザクラも咲き始めた。

Img_0862

 外来種の山野草でタツタソウ(竜田草・メギ科)。日露戦争当時軍艦竜田の乗り組み員が日本に持ち帰ったことからこの名がついたという。シベリア東部から朝鮮半島が原産地。

Img_0881

ハスの葉を小さくしたような葉が特徴。

Img_0877   Img_0879

雨に濡れた紅白の梅の花。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月26日 (火)

森林ボランティア

4月26日(火)cloud

 今日、仁別国民の森「森林博物館」周辺の春の環境整備のボランティア活動に参加した。森林博物館は例年より早く4月29日にオープン予定であることから、博物館前の潅木園の冬囲い取り除きや周辺樹木園の落枝の片付けなどの作業に心地よい汗を流した。

Img_0863

森林博物館前で国民の森を管理者である秋田森林管理署長が挨拶し作業開始した。

Img_0864

潅木園の冬囲い除去作業や樹木の手入れをするボランティア参加者。

Img_0866

会館間近の仁別森林博物館。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月25日 (月)

山野草

4月25日(日)cloudrain

 今日裏の御野場公園の染井吉野の桜が一分咲きとなった。折角咲き出したのに昼近くの雨は、花にとって無情の雨となってしまった。

 午前中のグラウンドゴルフは雨のため途中で中止。午後からは老人クラブの総会に出られなかった会員からの会費徴収に精を出した。

 私たちの老人クラブ「友和会」は会員63名、内総会にに出られた方は28名の半分弱であった。会員であっても62年の行事に全く参加しない方が29名もいた。しかし会費は快く納めてくれるので有り難い。

Img_0852

バイカカラマツが今年も綺麗に咲いてくれた。

Img_0854

ピンクの花のバイカカラマツ。

Img_0856   Img_0855

キンポウゲ科ですが標準和名のカラマツソウとは全く違う花です。梅花落葉松は北アメリカ原産の植物でした。でも小さな梅の花に似るこの花はとても可愛いです。

Img_0857

こちらは八重のミスミソウです。息子の嫁さんがこの前に続いて友人のお父さんから戴いてきてくれた。このほかに白のシラネアオイ、ハンショウヅルも。まだ逢ったことも無い方から貴重な鉢をいただき感謝・感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月24日 (日)

仁別植物園で自然観察

4月24日(日)cloud

 今日は今年度第1回のナトゥーア・秋田の自然観察が秋田市の仁別植物園で行われ参加する。少し風の冷たい一日でしたが、参加者は20名を超えかつ心配した雨もなく有意義な一日を過ごした。

Img_0840

自分の歩幅を測定したり、簡易な方法で樹の高さを測定する方法などを学習。

Img_0843

ミズバショウの群生地を観察する参加者。

Img_0848

雑木林を散策する参加者。

Img_0849

ザゼンソウがひっそり咲いていた。僧侶が座禅している姿に似ていることから座禅草の名がついたという。別名ダルマソウとも呼ぶ。<サトイモ科>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月23日 (土)

庭の花

4月23日(土)cloudrain

今日は老人クラブの総会。28名の会員が参加し総会後観桜会だったが、残念ながら花は咲かず、夕方までカラオケ大会の様相だった。

<写真は雨が降る前の庭の花です>

Img_0802_2

何故か1輪だけチューリップが早咲き

Img_0808

Img_0807

キクザキイチゲ

Img_0810

キザリスと思ったがミヤマカタバミでした。

Img_0813

白梅の木に2枝だけ紅梅の花が咲いた。

Img_0816

ヤブツバキと思うが? 

Img_0811

鉢植えのオオカメノキに一輪だけ花芽がついた。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月22日 (金)

大同書展

4月22日(金)cloud

 今日アトリオンで第12回の大同書展を鑑賞した。この書展は秋田県芸術選奨と秋田市文化選奨の受賞者11人が合同で2年に1回開いている由緒ある書展である。出展者の一人である長谷川長龍氏「第23回秋田市文化選奨」の受賞者であり、私の古い友人でもある。

 書道はまったくの門外漢の私ですが、長谷川氏の漢詩が読めなくても、絵画を見るような気持ちで書を楽しんで欲しいとの言葉に肩の荷が降り、気楽に書道の醍醐味を楽しむことができた。

Img_0002

Img_0003

Img_0834

長谷川 長龍氏のコーナー。

Img_0817

漢詩といえば中国が本家だが、この漢詩は日本人しかも秋田県人益田滄洲の作とのことです。

Img_0819

Img_0822

Img_0824

Img_0826

Img_0828

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月21日 (木)

春たけなわ<道端の花>

4月21日(木)cloud

 今日久しぶりにウオーキングを楽しみながら道端や公園に咲く花々とふれあった。

Img_0769

小阿地にて=タチツボスミレ=

Img_0775

御所野にて=ヒメオドリコソウ=

Img_0777   Img_0792

御所野公園=コブシ咲く御所野の春=

Img_0781

御所野の雑木林で小さな桜の樹に花が咲いていた=オクチョウジサクラ?=

Img_0783   Img_0786

御所野=リュウキンカとミズバショウ=家の近くでこんな綺麗な自然の花を見ることができて幸せである。

Img_0790   Img_0791

御所野公園=紅梅と白梅=

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月20日 (水)

太平山の雪形

4月20日(水)cloud

 4月とは思えぬ肌寒い一日。妻の眼科通いのアッシーを勤めたり、花壇の草取りなどをしたが、山野草と雑草の区別がつき難く、草取りはもう少し後にした方が良さそうだ。

 早くジャガイモも植えたい気持ちで、家庭菜園をのぞいたが、地主さんの耕耘がまだであった。イライラ・・・・gawk 。

 一昨日、市内太平に行き太平山の雪形を見た。太平山山塊の一郭鶴ガ岳(1002メートル)に鶴の雪形が現れていた。江戸時代後期の紀行家菅江真澄は1812年(文化9年)7月19日に野田口から太平山奧岳に登っている。その時の日誌「月のおろちね」に<右手の雨雲の中に見えかくれするのは鶴ガ岳である・・・・・この峰の雪が消え行くころ、残雪が鶴の姿にあらわれるので、鶴ガ峰という>旨の記述がある。

Img_0754_2

秋田市太平井関から中岳と鶴の雪形が現れた鶴ガ岳を望む。

Img_0741

菅江真澄は太平山に登った前年の1811年に太平黒沢の勝手明神に詣でている。その勝手神社を訪ねてみた。

Img_0742

勝手神社社殿。

Img_0748

神社前のスギ林 ではカタクリが花を咲かせていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月19日 (火)

種蒔き桜咲く

4月19日(火)rain

 今日は冷たい雨の一日、山では雪の予報も?

  床屋に行ったり、おもと高齢者大学に顔を出したり、今週末に行われる老人クラブの花見の買い物をしたり、年寄りにしては結構忙しく動きまっわった。

 夕方晩酌後、OB会のことで大館市のA先輩に電話した。たまたま今日私のつたないこのブログを見てくれたとのこと。タイミング良く電話してよかったと思う。先輩の元気の声を聞き安心した。

 昨日、秋田市でも開花が早い菅江真澄縁の種蒔き桜を観察、3分咲きだった。いつもの年より一週間ぐらい遅れているように思う。

 この種蒔き桜は1822年(文政5年)真澄が69歳のときの3月、川反の鳥屋長秋宅から上北手大戸の松淵正治宅に着き目にした桜である。真澄は人々が種蒔き桜と呼んでいたこの桜の一枝を、昨年秋疱瘡で一人息子を亡くした鳥屋長秋に歌と共に送っている。むろん今ある桜は当時の桜ではなくヒコバエである。

Img_0718

昨年は4月9日に開花している種蒔き桜(オクチョウジザクラ)。

Img_0719

Img_0721   Img_0714

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月18日 (月)

早春の庭に咲く花(樹)

4月18日(月)sun

土用が過ぎるとやはり春が急加速、それぞれの家の庭の樹々に花が咲き始めた。秋田も間もなく百花繚乱sign01

Img_0681

梅の花が咲き出した。

Img_0705

モクレンも間もなく開花しそう。

Img_0708

カネノナルキの花。めづらしい赤い花が咲いていた。

Img_0710

サンシュユノキの花。

Img_0712

レンギョ の花。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月17日 (日)

春の全市一斉清掃

4月17日(日)sun

今日天気はよかったが春にしては少し寒い一日だった。朝8時「全市一斉清掃運動」の一環で、町内の公園清掃が行われた。老人クラブの会員も積極的に参加し力を合わせ公園内外を綺麗にした。

その後、昨日雨でできなかった町内会の花壇へのパンジーの花の苗150本を、老人クラブ男子役員で植えることができた。ご苦労さんでした。bud

Img_0657

Img_0656

Img_0661

Img_0668

午後からは本荘にドライブ、しばしの間孫と遊び若いエネルギーを貰って帰る。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月16日 (土)

リュウキンカ

4月16日(土)rain

今日は老人クラブ友和会のメンバーで町内会館の花壇に春の花苗を植える予定でしたが、生憎の雨で中止になった。明日「春の全市一斉清掃運動」に参加したあとに引き続いて実施することにした。明日の天気は心配なさそうです。

Img_0654_2

リュウキンカの花が見頃を迎えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月15日 (金)

ミニスイセン

4月15日(金)sun

 今年一番の暖かい一日だった。シルバーエリアで秋田市南部地区老人クラブ連絡協議会の総会があり出席、その後の懇親会にも参加し昼酒、更に友人と自宅で二次会と意思疎通は十分過ぎるほどpouchでしたcoldsweats01

 夕方ジョーロを持って庭を廻ったら、朝蕾だったミニスイセンが花を開いていた。日当たりの悪い我が家の庭にも嬉しい春到来です。

Img_0648

Img_0650_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月14日 (木)

ヒマラヤユキノシタ

4月14日(木)sun

今日掛かり付けの病院で経過観察の胃カメラを飲む、結果は後日sign02

午後から遊学舎で友和会の総会資料印刷

今日の写真はヒマラヤユキノシタ(別名:ベルゲニア)

Img_0646

Img_0645

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月13日 (水)

日吉八幡神社

4月13日(水)cloudsun

今日老人クラブの用務で八橋に行く。近くに日吉八八幡神社があった。恥ずかしながら、この由緒ある神社に足を運んだことがなかった。

折角の機会だったので少しの時間境内を散策させてもらった。秋田市八橋本町のこの日吉八幡神社(ひえはちまんじんじゃ)は、滋賀県の日吉山王と京都の石清水八幡を勧請した神仏習合形式を残した神社だった。

Img_0627

日吉八幡神社正面鳥居(東側入り口 神式様式)。

Img_0628   Img_0629

境内の梅の花がほころび始めていた。

Img_0632

拝殿

Img_0635

三重の塔。

Img_0639

随神門

Img_0641

北側の参道にある随神門から三重の塔を見る。ここが仏式の様式である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月12日 (火)

キクザキイチゲ

4月12日(火)cloudsun

 今日福島第一原発事故がチエルノブイり原発と同じ、最も深刻な「レベル7」に引き上げられた。周辺住民の皆さんには気の毒な事態、何んと御見舞申し上げたらよいか、言葉もありません。

 朝5時今年の早起き記録、早速畑に行き昨日残した除草を終了、地主さんが何時耕耘してもOK。

 午前中10時から昼まで軽スポーツ友の会のグラウンドゴルフを楽しむ。今年初めてのアウトドア、風が少し寒かったがスポーツはやはり外が楽しい。

 庭の雑草園に早咲きのキクザキイチゲが数輪花をつけていた。これから春の花々が次から次と咲いてくれる。本当にいい季節・楽しい季節lovely

 夕方雄物川河川敷に行き家庭菜園用の手柴を少々調達、今日は何かと忙しい一日でしたsign03

Img_0610

Img_0609

Img_0612

我が家で一番早咲きのキクザキイチゲ(濃い紫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月11日 (月)

ユキワリソウ

4月11日(月)rainsooncloud

 東日本大震災が発生してから今日で丸一ヶ月経ったが、災害復旧、被災者に対する支援・保証、原発事故処理など思うように進んでいないように思う。政府・政治家一丸になって取り組んで貰いたい。

もう間もなく桜の季節だが、春が遅い我が家の庭では、今鉢植えのユキワリソウ(ミスミソウ)が見頃を迎えている。息子の嫁さんが友人からもらって来てくれた鉢も加わり我が家の鉢棚は賑やかだsign01

Img_0602

Img_0601   Img_0603

Img_0604   Img_0605

Img_0606   Img_0614 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月10日 (日)

リュウキンカ

4月10日(日)cloudonsun

 今日仲間4人で太平山中岳に登る予定だったが、天気がイマイチのようで中止とし、快晴の日に改めて挑戦することになった。

 山に登るより疲れたのは家庭菜園の除草だった。耕耘前に草取りをしないと後が大変sign01、残念ながら明日に少し残してしまった。

 4月4日に近くのミズバショウを本ブログで紹介したが、その時蕾だったリュウキンカを訪ねてみたところ、見頃には少し早かったが、花が咲き出していた。

Img_0596

Img_0597

Img_0598

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 9日 (土)

太平山の木々

4月9日(土)raincloud

今日は久しぶりの雨、植物たちにとってはいいお湿りだったようです。

家庭菜園の仲間五人で堆肥を共同購入した。近くまでトラックで運んで貰いそこからみんなで各畑に小運搬、いい汗をかいた。

<写真は太平山前岳周辺の春の木々です>

Img_0553

チョットだけ目立つブナでした。

Img_0557_2

峰筋にはヒバの木がまとまって生立しているところがある。

Img_0565   Img_0563

緩斜地(左)と急斜地(右)のブナ林にはこんなに差がある。

Img_0571

前岳周辺一帯はブナ林主体であるが、女人堂には天然スギが数本まとまって生立している。

Img_0559

山の春は樹木の根本から雪が消えはじめ、それが次第に広がっていく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 8日 (金)

タラの芽

4月8日(金)rain

 昨日の夜そろそろ寝ようかと思っていたところへ、震度5強の強い地震が襲った。3月11日の大地震から約一ヶ月、涙して復興に取り組んでいる時だけに、被災者の皆さには本当に気の毒な追い打ちの余震です。

 秋田は雪も消えそろそろ山菜シーズンの到来だが、その先駈けがタラの芽です。山のものはまだ少し早いようですが、観察用に道ばたの冬芽を少し戴き風除室で促成栽培してみました。

Img_0308

2月28日、まだ堅く小さい冬芽。

Img_0369

3月22日、よほど芽が膨らんできた。

Img_0591

4月6日、芽がほころび食べ頃になった。

Img_0595

天ぷらにしてご馳走なりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 7日 (木)

早春の花たち

4月7日(木)cloud

我が家の庭にもやっと遅い春が訪れた。楽しく嬉しい花の季節の到来です。

昨日の前岳登山の影響で腿の痛い一日だった、でも山に登った後の身体の痛さは何処か心地よい痛さとでもいうか、そう辛い痛さではないcoldsweats01

今日は老人クラブのメンバーとして、町内会館の花壇の花植えのための準備作業を行った。石灰、堆肥、配合肥料を散布し耕耘。花の植え付けは一週間後だ!

その後はナトゥーア秋田の役員会と忙しく過ごした。

Img_0583

Img_0584

鉢植えのフクジュソウ がやっと見頃を迎えた。

Img_0585   Img_0587

Img_0589   Img_0455

クロカッスも道を通る人達の目を楽しませてくれる。

Img_0545

風除室でキルタンサスがまだ花をつけている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 6日 (水)

前岳登山

4月5日(水)sun

 今日は待ちに待った春の快晴に恵まれ、今年初めての前岳登山。残雪を踏み心地よい汗をかいた。中岳まで行きたかったが、今年の初登山の上しかも昨晩少し飲み過ぎたので今日はあきらめた。

 ザブーン駐車場9:15-スキー場上登山口10:00-女人堂11:15ー前岳11:30ー女人堂11:45(昼)~12:20ースキー場上登山口13:00ーザブーン駐車場13:40

加齢のためずいぶん体力の減退を感じた初山歩きでしたsad

鳥海山がうっすらと見えたが私のカメラではとらえることができず残念sign01

Img_0556

途中から太平山(奧岳1171㍍)を望む。

Img_0565

女人堂手前稜線のブナ林。今年の残雪はまだ多い、やっとブナ根本が明きだしたばかりである。

Img_0566 Img_0567

女人堂もまだ雪におおわれていた。

Img_0575

前岳山頂(774㍍)付近。今日の登山者は金山滝、オーパス両コース併せて30人弱と思ったより少なかった。その半分はここから約60分先の中岳を目指したとものと思われる。

Img_0574

前岳から奧岳を望む。

Img_0578  Img_0579

金山滝コースとスキー場コースの合流点付近のブナ林 。

Img_0546   Img_0550   

登山口(左オーパス、右スキー場上)。

Img_0548

国有林と民有林の境界石標。奧側が国有林、手前側が民有林になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 4日 (月)

ミズバショウ

4月4日(月)snowcloudsun

今日は複雑な天気だった。朝方は小雪がちらつき一時は吹雪模様も、しかしその後は回復し夕方は青空が広がった。でも気温は低く風邪も冷たい一日。この寒さも明日朝まで、その後春らしい天気になる模様。

そんな今日、いつものウォーキングを止め、自転車でいつもより少し広い範囲を走って春の自然探しをした。

Img_0503

家よりあまり遠くないところに、小さなミズバショウの群生地がある。残念ながら毎年環境が悪化しミズバショウが少なく貧弱になって来た。もう何年見れるか心配だsign01

Img_0505

リュウキンカも数株残っているがまだ蕾、昨年より開花が遅いようだ。

Img_0507_2

近くの葦の湿地に何やら?赤い芽が顔をだしていた。

Img_0495

今日は太平山の山並みがよく見えた。

Img_0497

上北手日赤病院付近。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 3日 (日)

タネツケバナ

4月3日(日)cloud

今日も四月にしては肌寒い一日だった、夕方また雄物川べりを歩いた。雪が消えたばかりの畦道にはもうタネツケバナが花をつけ始めた。植物の生命力には感動します。

Img_0457

タネツケバナ(アブラナ科)と思いますが、色が赤茶色でチョット自信ありません?間違っていたらご指摘下さい。

Img_0474

雄物川べりに舟着場あった。こんなところにあるなんて始めて知った。

Img_0476

雄物川の流れ。

Img_0466

古川水質浄化施設沈殿池。古川の起点にある「やぶれ沼」をイメージして造ったらしい。

Img_0467_3

雄物川べりの古川水質浄化施設付近から秋田南大橋を望む。

Img_0480

古川浄化施設の流れが雄物川に合流する個所。

Img_0485

雄物川河川敷野球場。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 2日 (土)

雄物川界隈

4月2日(土)cloud

夕方になって小雪もちらつく寒い日に逆戻りした今日の天気。地域の老人クラブの会議等に一日をついやしてしまう。

写真は二日前に久しぶりに雄物川秋田南大橋界隈をウォーキングした時のものです。

Img_0439

私の住む御野場地区から雄物川を渡り国道7号に通ずる延長約700㍍の秋田南大橋。

Img_0438

南大橋から雄物川上流を望む。カーブする当たりで岩見川(赤い橋)と合流し約6㎞で日本海に流れ出る(手前へ)。今から350年前はこの雄物川は岩見川合流地点付近から左に流れ、御所野の下四ツ小屋駅付近から仁井田の足元、私の住む今の御野場当たりを大きく曲流し、この大橋付近で今の流れと同じ流れとなったらしい。

Img_0443

古川(旧雄物川)が土手をくぐり今の雄物川に流れ出るところ。

Img_0444

御野場新町付近を流れる古川。

Img_0430

古川が今の雄物川に合流する付近にはこのような「古川水質浄化施設」が造られている。

Img_0445

私のウォーキングコース=雄物川堤防(雄和~仁別サイクリングロード)上流部岩見川 に向かって=

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 1日 (金)

フクジュソウ

4月1日(金)cloudsun

 今日から卯月、やっと春らしい太陽の光。春の遅い我が家の庭にもやっと春の使者フクジュソウが花をが咲かせてくれました。

 田圃の畦道でも雪が消えたと思ったらもう野草の花も咲き出した。人間ばかりでなく自然の生きものたちも春を待ちわびていたんですねsign01

Img_0453

Img_0452

鉢植えのフクジュソウ。地植のものは毎年小さくなって可愛そうです。

Img_0448   Img_0447_2

道ばたのイヌフグリやハコベも花を咲かせた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »