« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

ウォーキング

2月28日(月)cloudsun

如月も今日で終わり明日から3月弥生。2月は逃げるという言葉を聞いたことがある。その言葉のように逃げるように過ぎ去った。

今日も特別な用事がなく、天気がよければ近くの里山にでも歩こうかと思ったが、天気予報は曇りであきらめる。しかし、午後から快晴。気象予報士を恨むsign01wobbly

しかたなくいつものようにデジカメを持ってウォーキングを楽しむ。

Img_0302

近所の民家のミツマタが花芽を大きく膨らませていた。

Img_0310

田圃の雪もほとんど消え春間近の気配。でも明日から2~3日少し寒くなりそうだsign01

Img_0308

タラの芽も膨らんできた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月27日 (日)

冬物語

2月27日(日)cloud

大雪に見舞われた秋田ですが、意外と春の訪れは早いようです。写真は春間近の冬景色です。

Img_0221

仙北市乳頭温泉郷 黒湯沢の雪景色。

Img_0246鶴の湯温泉本陣の干し餅ツリー。

Img_0216

雪虫。アブラムシ科のトドノネオオワタムシというのが本当の名前のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月26日 (土)

冬の乳頭山

2月26日(土)snow

 予報通り小雪のちらつく寒い一日だったが積雪には至らず安心した。

 特別することもなく「菅江真澄の謎多き生涯(佐藤久治著)」など真澄に関する参考書を読んだり、ウォーキングしたりの一日だった。

<写真=乳頭山の遠望>

Img_0172

乳頭休暇村からの乳頭山。

Img_0222

孫六温泉近くからの乳頭山。

Img_0280

田沢湖スキー場銀嶺リフト終点から望んだ乳頭山。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月25日 (金)

秋田駒ヶ岳を眺める

2月25日(金)cloudsnow

春らしい天気から一転し夕方から寒さが戻り小雪がちらついた。三寒四温とはよく言ったもの、明日は冬将軍に逆戻りしそうだ。

昨晩は久しぶりに友人4人で一杯やった。次の日のことも忘れ二次会へ、カラオケでドラ声をはりあげ、今日は頭の痛い一日を過ごす。年甲斐もなくと笑われるかも知れないが、これも又人生の一コマ、良い思い出となること間違いなしsign02

写真=青空に映える秋田駒ヶ岳

Img_0167

生保内から見た駒ヶ岳。左:男岳 右:女岳

Img_0170

生保内高野から見た駒ヶ岳。左:男女岳 中:男岳

Img_0177

大釜温泉から見た駒ヶ岳。 男女岳

Img_0260

田沢湖高原から見た駒ヶ岳。

Img_0262

田沢湖スキー場からみた駒ヶ岳。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月23日 (水)

春を待つ乳頭温泉郷

2月23日(水)sun

 三日連続の快晴で道路脇の雪もすっかり消え、春がぐっと近づいた感じがします。

 今日は2-23で富士山の日だそうです。静岡県では「富士山の日条例」というのを制定し、2月23日を富士山の日と決めているそうです。

 今日の写真は昨日訪ねた仙北市の春を待つ乳頭温泉郷のデジカメスケッチです。乳頭温泉郷を一回りしたら、それぞれおもむきのある8軒の温泉宿がありました。

Img_0210

乳頭山の登山口孫六温泉

Img_0211

冬期間は営業を休んでいる黒湯温泉。こちらも乳頭山の登山口である。

Img_0198

黒湯温泉

Img_0228

大釜温泉

Img_0229

蟹場温泉

Img_0235

休暇村乳頭温泉郷

Img_0237

妙乃湯温泉

Img_0253

鶴の湯温泉本陣(本館)

Img_0255 鶴の湯温泉別館(山の宿)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月22日 (火)

春を待つブナ林

2月22日(火)sun

 雲一つない抜けるような青空に恵まれた一日。田沢湖スキー場に向かったが、あまりの好天に予定変更、スキーは午後にして乳頭温泉郷に直行、自然観察を楽しんだ。

今日は先ず春を待つ乳頭温泉郷のブナ林を紹介します。

Img_0203_3

黒湯温泉付近のブナ林(混交林)

Img_0223_3

青空に映える大釜温泉付近のブナ。

Img_0233_3

乳頭休暇村のブナ二次林。

Img_0209_3   Img_0225_3

ブナと雪の芸術。

Img_0226_3

青空に映える雪の芸術。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年2月21日 (月)

春の花

2月21日(月)sun

「春に三日の晴れなし」という言葉を聞いたことがあるが、めづらしく良い天気が続きうれしい限り。お陰で道路や田圃の雪がよほど消え、春の気配を感ずる。

家の中の花さん達も窓越しの太陽をいっぱい受けて、見事に咲き誇っている。

Img_0153

ミスミソウ

Img_0154

ハナニラ

Img_0155

プリムラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月20日 (日)

孫と雪遊び

2月20日(日)cloudsoonsun

春のような陽気に誘われ、孫を呼んでオーパススキー場で雪遊びを楽しんだ。日曜日の好天とあって家族連れでスキー場は大にぎわいであった。

スキー人口が減少している昨今、子供達をもっともっとスキー場に連れてきて欲しいものです。そうでないと近くのスキー場が消えてしまう危険性がある。

Img_0149

青空の下賑わいを見せたオーパススキー場。

Img_0136

ソり遊びをする孫二人。

Img_0134

子供達の歓声が聞こえるスキーセンター前の模様。

Img_0115   Img_0117

子供達のため宝探しのサービスもああり、大勢の子供達が集まった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年2月19日 (土)

今日の太平山

2月19日(土)cloudsun

 思いがけなく好天に恵まれた今日の午前中、南部公民館で行われた南部地区老人クラブ連絡協議会役員会に出席する。

 夕方久しぶりに青空の下、御所野イオンタウンまでウオーキングを楽しむ。歩道の雪も融け、太平山の山並みを眺めながら気持ちよく歩くことができた。

Img_0088_2

太平山の山並みがくっきり見えた今日のウオーキング。もう1ヶ月半もたてば、左側の鶴ガ岳に鶴の雪形が見えてくる。今年は雪が多いのではっきりと現れると思う。今から楽しみ。

Img_0081

途中雪の田圃で大型の白い鳥に出会う。アオサギだろうか?

Img_0077   Img_0082

今日は比較的近くで撮れた。

2/20  友人に尋ねたところ、ダイサギかチュウサギでないかとのことであった。

Img_0096

帰りにはきれいな夕日も見ることができた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月18日 (金)

ミスミソウが咲いた

2月18日(金)cloud

 一鉢だけ秋に風除室に取り込んでいたミスミソウ(キンポゲ科 三角草、別名:雪割草)が咲きました。他の鉢はまだ雪の下です。

 葉の先が丸いのでスハマソウと呼ぶのが正しいかも知りませんが、私にはその区別が付きません。一般的には雪割草と呼んでいるようです。

 しかし、サクラソウ科にも雪割草があるので間違わないよう要注意とのことです。

Img_0073

Img_0075   Img_0076

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月17日 (木)

昔の思い出

2月17日(木)cloud

今日は午後から秋田県主催の「平成22年度 水と緑の研修会」が市内ルポールみずほで行われ出席する。

Img_0065

◎秋田ふるさと村に小学生のころ使った昔懐かしい品が陳列されていた。

Img_0024

昭和20年代小学生のころ、このようなスキーを村の大工さんに作ってもらって遊んだ。イタヤカエデの木だったと思う。もちろん靴はゴム長靴である。ストックはオニグルミの枝を切ったものを使った。

Img_0021

ふみだわら=朝雪が降っていればこのふみだわらを履いて雪を固め道を造る。子供だと体重が軽いため道が柔らかく、ぬかるむ。勿論車など無い時の話しsign03

Img_0023_2

乳飲み子を入れたずめ藁でつくったベビーベットのようなものか?元々はご飯のお櫃を保温するためのものだったとかsign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月16日 (水)

横手の梵天

2月16日(水)cloud

今日は横手の旭岡山神社に明日奉納する梵天のコンクールが行われた。まだ本物を見たことがないので是非行きたかったが、残念ながらあきらめざるを得なかった

写真は過日訪れた秋田ふるさと村に飾ってあった梵天である。

Img_0052

Img_0053

下の太平山三吉神社に奉納される梵天に比べれば倍近く大きい。

Img_0051

太平山三吉神社に奉納される梵天もとなりに置いてあった。上の横手の梵天より小型である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月15日 (火)

今日の一日

2月15日(火)sun

春がそこまで来たことを感じさせる穏やかな一日でした。

◎昼にかけて「秋田花の会」第24回「花の写真展」を鑑賞。

Img_0061

アトリオンで開かれている花の写真展には、日頃お世話になっている3人の自然観察指導員の方々の見事な写真が出展されており感動するsign01

◎その後、秋田おもと高齢者大学で「世界遺産~縄文文化と秋田のストーンサークルについて~」と題する講話を聞く

Img_0063

講師は秋田県教育庁生涯学習課文化財保護室 学芸主事 磯村 亨氏。

◎夕方のウオ-キングでは運良くこまちと会う

Img_0064

しばらく「こまち」にも乗ってないなぁ・・・・・happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月14日 (月)

かまくら

2月14日(月)

かまくらといえば秋田の県南地区の伝統行事の代表格「横手のかまくら」で15日~16日が本番。でも冬祭り11日から市内各地で行われており、本番前にかまくらは見ることがでる。

昨日湯沢の犬っこまつりを見た後、秋田ふるさと村に寄って本番前のかまくらを楽しんだ。

Img_0034

秋田ふるさと村のかまくら。

Img_0038

かまくらの魅力は夕暮れからで、ろうそくの灯りがかまくらの中をほんのりと明るくしてくれるところ、昼のかまくらはやはり今イチ雰囲気がでない。

Img_0039

それでもかまくらの中で若い娘さんが甘酒をつくり、観光客をよろこばせてくれる。

Img_0048

甘酒を振る舞う娘さん。

Img_0044   Img_0045

しばらく振りに本番のかまくらを見てみたいが、実現できるかどうか?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月13日 (日)

犬っこまつり

2月13日(日)suncloud

今秋田は一年で一番寒い季節。しかし県内各地ではその寒さを吹き飛ばす、熱気にあふれた冬祭りが行われている。その一つ湯沢市の「犬っこ祭り」は、雪で作った「お堂っこ」と「犬っこ」が会場並ぶもので、400年以上続く民俗行事だsign01

Img_0004_2

Img_0009

Img_0010_2 

Img_0015

Img_0016

Img_9988

Img_9993    Img_9999

Img_9997   Img_9986

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月11日 (金)

川を渡る梵天

2月11日(金)snow

 今日は建国記念日、いつものように国旗を掲揚して祝った。

 その後、数年ぶりに大曲の「川を渡る梵天」の見学に出かけた。生憎朝から雪空だったが、梵天が雄物川を渡るころには小雪に変わり、絶好のロケーションとなった。

 大雪に見舞われた会場の雄物川河川敷には、大勢の県内外観光客やアマチュアカメラマンで賑わっていた。

Img_9922

会場近くに立てられた幟。

Img_9928 

9時半ころ最初の梵天(上大戸町内)が会場近くに姿を現した。

Img_9942   Img_9944

会場に到着し神事を行う梵天。

Img_9954

最初の梵天が雄物川べりに到着し船に乗る。

Img_9959

小雪の舞う雄物川をゆっくりと渡る梵天。なかなか情緒のある景色。

Img_9969

雄物川の向こう岸についた梵天。これから山を登り伊豆山神社に向かう。

Img_9975   Img_9979

次から次と会場に到着する梵天。この日15本の梵天が川を渡った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月10日 (木)

昔の履き物

2月10日(木)snow

春近し’と思っていたら一晩で冬に逆戻り、今朝は20㎝を越える積雪にびっくりsign03除雪に汗をかいた。

写真=昔小学生のころに雪道を歩くとき履いたわら靴など思い出深い、藁で作った履き物を掲載してみた。(秋田県立農業科学館の展示品)

Img_9743 

冬のワラグツ=今のゴム長靴に代わる履き物。私の小さい頃は「サンペ」と呼んでいた。

Img_9748 

冬のワラグツ=これも雪靴で「シンベ」と呼んでいたものに似ている?。

Img_9747 

冬のワラグツ=冬の山仕事に履いた「ツマゴ」。

Img_9749 

冬のワラグツ=ツッカケ。家の中の土間を歩くとき履いたわらぐつで今のスリッパのような物。

Img_9744   Img_9750 

夏用の作業用「ワラジ」  夏用の「ツッカケ」

Img_9752

夏用の「ゾウリ」。夏の間はこのようなゾウリか下駄を履いて登校したり遊んだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 9日 (水)

蔵王の樹氷

2月9日(水)cloudsnow

昨日に引続き蔵王の樹氷の模様を掲載します。

Img_9911

ユートピアゲレンデ付近の見事な樹氷。

Img_9880_2

蔵王ロープウェイ山頂線の地蔵山頂駅(1661㍍)

Img_9879

山頂駅付近から地蔵山山頂(1736㍍)を望む。 スキーはダメだが天気のよい日に徒歩で登り山頂から眺める景色は絶景のようです。

Img_9881

山頂駅付近で地蔵さんに参拝し樹氷を鑑賞するスキーヤー

Img_9908

ユートピアゲレンデから地蔵山々頂を望む

Img_9859

宿泊したアストリアホテルからナイターの横倉ゲレンデを見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 8日 (火)

蔵王でスキーを楽しむ

2月8日(火)cloudsun

 5日~7日、林友スキーイングクラブの仲間10名で山形蔵王へスキーに行ってきた。蔵王といえば人気はスキーの他に日本一の樹氷が見れることだsign03

 今年は中間日の6日が絶好の好天に恵まれ、素晴らしい樹氷を存分に鑑賞でき、広い蔵王スキー場の約半分ぐらいのコースでスキーを楽しむことができて、満足のいくツアーだったbleah

<写真=6日の蔵王の模様>

今年の蔵王の樹氷は例年になく立派でロープウェイ中間駅あたりから、見応えのある樹氷ができていた。

Img_9876

蔵王ロープウェイ山頂線の窓越しに見た樹氷。

Img_9889

蔵王ロープウェイ地蔵山頂駅付近の模様。

Img_9891

蔵王の人気物お地蔵さん。

Img_9895   Img_9898_2

ザンゲ坂上の樹氷。  遠くに朝日連峰が輝く。

Img_9901   Img_9904

ザンゲ坂を下るスキーヤー。 パラダイス分岐。

Img_9907

ユートピアでの参加者

Img_9915  Img_9919

蔵王ロープウェイ       見事な樹氷

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 4日 (金)

立春

1月4日(金)snowcloud

 今日の立春は時々雨の降る一日だった。大雪に見舞われた今年の冬、待望の立春を迎えたが、まさか雨とは信じられない気象変動である。

 県南部の豪雪地帯では、民家の屋根がつぶれるなどの被害が出ているようだsign03。これから山間部で雪崩が多発するかも知れない、要警戒だネ。

 明日から蔵王スキーツアーだが、注意してスキーを楽しみたい。雪崩はクシャミ一つが引き金になって発生すると聞いたことがある。オーバーな表現だと思うが、それだけ慎重な行動が求められる戒めだろう・・・・fuji

<写真は県立農業科学館温室の椿いろいろ>

Img_9711

ハイドウンキング 原産地:ベトナム

Img_9713

デッピー 原産地:ニユージランド

Img_9715

カーターズサンパースト

Img_9717

夢= カンツバキ”シシガシラ”と白花を咲かせる中国のユウケンユチヤの交配種とのこと。

Img_9719

ベルサイユ

Img_9721   Img_9723

黄の旋律          ゆうえん

Img_9725   Img_9727

ハイドウン(ベトナム)         金花茶

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 3日 (木)

豆まき

2月3日(木)cloudsun

今日は節分の日、暦どうり春の陽気になった。このまま春に一直線とはいかないと思うが、一歩一歩近づくと思えば、何となく嬉しい気持ちになるsign01

午前中は東北森林管理局の「平成22年度森林・林業技術交流発表会」を聴講した。

節分の豆まきは、秘伝マメと落花生、そしてHさんが友人からエジプト旅行のお土産にいただいたアーモンドが華を添えてくれた。

Img_9852

我が家の豆まきは山形産の秘伝マメと落花生。

Img_9850

お土産に戴いたアーモンド。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 2日 (水)

秋田市街雪景色

1月2日(水)cloudsun

今日は久しぶりに真冬日より解放された。時々陽ざしものぞく天気なので大森山の山頂から秋田市街をデジカメスケッチしたが、期待したほどの快晴には恵まれなかった。

Img_9840

大森山から北西の日本海沿岸を望む。

Img_9836

カメラを右に振り土崎方向を望む。

Img_9837

カメラを更に右へ、秋田市中心部。

Img_9838

茨島・山王周辺か?

Img_9839

千秋公園、秋田駅方向。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 1日 (火)

春の使者

2月1日(火) snowcloud

今日から如月。節分そして立春も近くなり、春が一歩近づいた。

我が家の春の使者ハナニラ(鉢植え)の花が咲いた。12月に風除湿に取り込み、1月に一鉢だけ温かい部屋に取り込んだ。その鉢が今年も我が家の春一番の花です。寒い中風除湿のハナニラも蕾が膨らんでいるの楽しみだ!

Img_9831

Img_9835_2

ハナニラ(花韮・ユリ科) 南アメリカ原産

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »