« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月31日 (月)

温室の花

1月31日(月)

早くも今日で1月」も終わり、明日から2月(如月)である。今年の一月は本当に寒く雪との戦いであった。予報によれば今週中頃から寒さが緩むみたいだが、是非そう願いたい。

<写真=秋田県立農業科学館温室の花々>

Img_9705

デンドロキウム(ラン科)フイリピン原産。

Img_9707

イメデイニラ・スペシオーサ(ノボタン科)フイリピ群島原産との名札があった。 サンゴボタンとも呼ぶかもしれない?。

Img_9709

サンタンカ(アカネ科)中国南部原産。

Img_9732   Img_9734

カリアンドラ(マメ科)  ハイビスカス(フヨウ科)

Img_9736   Img_9738

ヒメアリアケカズラ(キョウチクトウ科) アマゾンユリ(ヒガンバナ科)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月30日 (日)

孫と雪遊び

1月30日(日)snow

 1月最後の日曜日も吹雪模様の一日だった。そんな中由利本荘市まで出かけ、孫と雪遊びをしてきた。いつもは秋田市に比べ雪の少ない旧本荘市内だが、今年はやはり大雪で、除雪を手伝いながら孫と遊び、夕方家に帰って又除雪で本当に疲れたsign03

Img_9820

Img_9813   Img_9822

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月29日 (土)

絵手紙

1月29日(土)snow

 今日も吹雪模様の寒い一日。特別やることもなく昨日と同じく吹雪の中ウオーキングをする。歩道が除雪されておらず歩き難くかった。少々疲れたがその分晩酌が美味しかったpouchwobbly

 家の中に何か温かさを感ずる花が無いか探したが、これというものが見あたらず、Hさんの絵手紙を拝借する。

Img_0002 プリムラだろうか?

Img_0001 カネノナルキ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月28日 (金)

温室の花 ラン

1月28日(金)snow

 昨日の冬晴れが嘘のように、吹雪の雪空に逆戻りした秋田地方。昨日の青空での田沢湖スキーがまるで別世界の出来事のようだ。

 そんな悪天候だったが、御所野のイオンタウンまでラジオの国会中継を聴きながらウォーキングをする。

<写真は秋田県立農業科学館温室のランの花>

Img_9691

Img_9693_2

Img_9694   Img_9695

Img_9697   Img_9698

Img_9700   Img_9702

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月27日 (木)

今日の田沢湖スキー場

1月27日(木)rain

今日の田沢湖スキー場は快晴、こんなによく晴れた田沢湖スキー場は本当にしばらくでした。Y氏と二人で思いっきりスキーを楽しみ、素晴らしい田沢湖の景色と駒ヶ岳の雄姿を眺め満足度120%でした。

<今日の田沢湖スキー場と駒ヶ岳>

Img_9796 Img_9797    Img_9798

Img_9799   Img_9809

<今日の田沢湖>

Img_9801 Img_9805   Img_9806

<田沢湖スキー場からの乳頭山>

Img_9804

真っ白の山にくっきりと乳頭山が・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月26日 (水)

確定申告

1月26日(水)cloudsnow

 今年も確定申告の時期が近づいてきた。19年から電子申告e-Taxで処理してきたが今年も電子処理しようと準備に取りかかった。今までのことをすっかり忘れやっと立ち上げ、何とかおおよそ完了した。

<写真は秋田県立農業科学館の温室植物>

Img_9681

ベニヒモノキ(紅紐の木) トウダイグサ科で西インド諸島、マレシア原産の常緑低木。

Img_9683

エンゼルトランペット(ナス科) 別名:木立朝鮮朝顔 中南米、インド地方原産。草でなく木で毒があるらしい。

Img_9685

アンスリュウム(サトイモ科) 南米アマゾン原産の常緑多年草。

Img_9688   Img_9690

キツネノゴマ科のパキスタキス(左)とコエビソウ?(右) 中南米原産の常緑低木。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月25日 (火)

豪 雪

1月25日(火)snowsun

 予報に反し太陽が顔を出した。久しぶりの嬉しい冬晴れになった。今日午後から所用で大曲まで車を走らせる。南下し大曲に近づくに従って雪の量が多くなる。やはり県南は雪が多い多いことを改めて実感する。

 若いとき大曲に住んだことがあり、昭和48年の大豪雪を経験した。あのときの苦労を思い出した。

<下の写真は大仙市内小友の曲屋>

Img_9676

秋田県農業科学館隣の南部曲屋形式茅葺き屋根農家。

Img_9678

屋根の雪を下ろしをしていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月24日 (月)

雪景色

1月24日(月)cloud

 朝は10㎝近い積雪があったが、さらさらした軽い雪でいつもより除雪が楽でした。朝早く車道は除雪車がとおってきれいに除雪されていたし、歩道も午後に小型の歩道専用除雪車で片づけてくれ有り難かった。

Img_9661

小阿地集落の萱葺き屋根の農家

Img_9659

 御所野と四ツ小屋駅の間に位置する小阿地集落。このあたりは昔雄物川で大きく曲流していた。今のように直流に開削したのは萬治2年(1659年)で約350年前である。私の住んでるこの当たりも旧雄物川の船着場であったようだ!。船場前という旧住所があったことからもうかがえる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月23日 (日)

菅江真澄と雪

1月23日(日)cloudsun

 今日の秋田は正月以降初めて太陽がのぞき、何となく明るい気持ちで一日を過ごすことができた。

 午前中文学資料館で菅江真澄新春講演会があり参加した。講師は小笹鉄文氏で「菅江真澄と雪」について興味深い講演を聴いた。

 菅江真澄は、雪国の風土の研究に生涯をかけ、民俗学・本草学にとどまらず、動植物や雪の研究など自然科学分野でも偉大な業績を挙げている優れた科学者だったようである。

Img_9666

新春講演会で講演する小笹鉄文氏

Img_9669

菅江真澄は岩木山、八甲田山の雪形を図絵で詳しく表現している。秋田では、藤里駒ヶ岳、白神山地、太平山の雪形についての記録が残っているが、残念なことに図絵は書いてない。真澄は登山記「月のおろちね」(文化9年(1812))で太平山山塊の鶴ヶ岳に鶴の雪形が現れ、それが名前の由来だと述べている。上の某氏のスケッチを撮った写真では左が中岳、右が鶴ヶ岳で大きな鶴の雪形が残っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月22日 (土)

こまち

1月22日(土)snow

 夕方、久しぶりに御所野までウォーキングをする。雪道で歩きにくく、所々吹雪で道形が消えてないところもあり、改めて今年の雪の多さを実感した。

 途中奥羽線の四ツ小屋踏切を通過するとき、秋田新幹線こまち24号が雪煙を上げ通過するのに出くわしたので連写で撮ってみた

Img_9648

Img_9649

Img_9650

Img_9653

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月21日 (金)

阿 吽

1月21日(金)snowcloud

昨日大寒の入り、やはり暦どうり寒い一日であった。

私がいずれお世話になる「圓通寺」と言うお寺さんから毎年「曹洞宗宝暦」という暦が送られて来る。その暦に毎月<仏教からでた言葉とりびあ>というコラムのような欄がり、1月に次のような解説があった。

 ”一般に相撲の仕切のときや漫才で相手方との息の合うさまなど、ふたりが呼吸を合わせて行動することを「阿吽の呼吸」「阿吽の仲」などといいます。「阿」は、インドの古代文字である梵字の開口の最初の音、そして「吽」は閉口の最後の音です。「阿吽」はすべてのものごとの最初と最後の象徴になったのです。また、「阿」は出す息、「吽」は入る息と解釈され、吐く息と吸う息が双方ぴたりと合うことから「阿吽の呼吸」と呼ばれるようになりました。お寺にお詣りすると、仁王門の左右に金剛力士像が建っています。口を開いて居る左側の仁王が「阿形」、口を閉じて居る右側の仁王が「吽形」です。”

Img

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月20日 (木)

大寒

1月20日(木)snow

今日は大寒、暦どおりの寒さだった。

6日の小寒から数えて15日目が大寒で、一年で最も寒い時期という意味らしい。そして今日から少しずつ春に向かい15日たてば立春となる。風邪などひかぬように注意して立春を待つことにしたいと思う。

Img_9496

秋田駒ヶ岳と田沢湖スキー場

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月19日 (水)

大雪=除雪

1月19日(水)snow

 今年の秋田市は平成18年以来の大雪に見舞われ、私の住む団地も家の前のバス通りが雪の壁で狭くなり車同士の交差に支障が出るようになった。また、歩道も除雪した雪の置き場がなくなる始末だsign01

 そんな今日、タイミング良く、市によるバス通りの除雪が行われた。今回は雪の量が多いため除雪した雪をトラックで運んでくれたので大変助かった。

 少しでもきれいに除雪してもらいたいため、除雪車が通る度に外へ飛び出し、一日除雪対応で汗を流した。

Img_9626

家の前のバス通り除雪風景。

Img_9629

除雪した雪をトラックで捨ててくれたの道路が広くなった。

Img_9632    Img_9633

通常の除雪はブルトーザーで道路脇に雪を寄せるだけだが、今回は雪の量が多く道路幅がせまくなったので、トラックをフル稼働し雪の壁を取り除いてくれた。夜7時近くまで除雪車の音が響いていた。市の財政も大変だろうと思うsign02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月18日 (火)

今日も寒い一日

1月18日(火)snow

今日も寒い一日。

庭先の除雪と家の中に閉じこもって本をよみながら一日をすごす。

Img_9614

夏油高原スキー場兎森山の雪に覆われたブナ林

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月17日 (月)

冬景色

1月17日(月)snowcloud

今日は秋田太平山三吉神社の梵天祭りだったが、病院行きと重なり残念ながら見物できなかった。病院の方の再々検査結果は○であったが、取り敢えず要経過観察との判決であった。すっきりしない思いはまだ消えないまま・・・・sign02

<写真=北上市和賀町夏油川の冬景色>

Img_9593

瀬目乃湯(入畑温泉)横の夏油川

Img_9596

夏油川すぐ上流が入畑ダム

Img_9597

何か動物に似ているような気もするが?

Img_9559   Img_9599

夏油川の畔にぽつんと建つ入畑温泉とそのすぐ上流に入畑ダムの堤体が見える。スキー場までは車で10分、一泊2食平日5,000円の低料金はありがたいsign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月16日 (日)

夏油でスキーを楽しむ

1月16日(日)snow

昨日と今日林友スキーイングクラブの仲間と岩手県夏油高原スキー場でスキーを楽しんだ。天気は快晴とはならなかったがまずまずの天候に恵まれ、最高の雪質で楽しい二日間を過ごした。

Img_9560

昨日の夏油スキー場センター前ゲレンデ

Img_9562

昨日の夏油スキー場ゴンドラ乗り場

Img_9564

今回の参加者は9名、いつもの変わらぬメンバーだ・・・

Img_9616   Img_9619

今日の夏油スキー場

Img_9622 Img_9623

今日はセンター前でイベントがあり賑わっていた

Img_9610

今日はゲレンデもよく整備され最高のコンデションでスキーを楽しむことができた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月14日 (金)

鳥のお客様

1月14日(金)snow

毎日寒い日が続く今日このごろです。20年数前にここへ家を建てたときは水道が凍ったりしたことがあったが、最近水道の氷止めはしたことがない。昨日あたりは本当に氷留め必要かと心配だった。こんなに寒い日は全館暖房の家がうらやましくなるネ・・・・

昨日苦しめられた鼻水は今日治まって安堵した。明日は元気出して仲間とスキーに行って元気を取り戻そうと思う。

庭のウメモドキの赤い実は鳥達の餌になってもうほとんど無いが、今日ツグミが一羽遊びに来てくれた。寒いのによく来てくれた、今日は友達も彼女も連れないで単独行動のようだsign01

Img_9557

丸々と太ったツグミ。雄それとも雌?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月13日 (木)

寒波続く

1月13日(木)snow

今年は雪が少なくしのぎやすい冬かと思っていたが、予想に反して積雪も多く寒い日々の連続で、体調維持が難しい状況。風邪なのかアレルギー性疾患なのか鼻水がひどく閉口です。明後日からの夏油スキーにいけるか心配sign02

Img_9554

凍らせては困ると部屋に取り込んだカネノナルキだが、今年は花の付きが悪くがっかりです。

Img_9553

小さい花だがよく見ると可愛いネ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月12日 (水)

スキー記念日

1月12日(水)snow

今日はHさんの誕生日そして「スキーの日」sign01

 日本にスキーが伝来してから今年で100年になるという。明治44年(1911年)1月12日、オーストリアのレルヒ少佐が新潟県の高田(今の上越市)に来て、陸軍歩兵連隊の青年将校にスキー指導を行った。日本に初めてスキーが本格的に伝えられたこの日「1月12日」をスキー記念日としているらしい。

 スキーの内ジャンプや歩くスキーをノルデイックというのは、ノルウエーで発達したからで、一方の斜面を滑走するスキーはアルプスの山中で発達したことからアルペンと言うそうだsign01

<スキーの日にちなみ楽しかったスキーを振り返ってみた>

Img_4418

昨年4月の夏油スキー。

Dscf0095

06年2月のカナダ(ウイスラー )スキー

Img_3287

06年2月のカナダ(ウイスラー)スキー

Dscf0099   Img_3321

オリンピックが開催されたウイスラースキー場。あれから5年も過ぎた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月11日 (火)

タロンペ

1月11日(火)snow

 全国各地でタイガーマスクの主人公「伊達直人」の名前で温かい善意の贈り物が届けられているという温かいニュースが伝えられているが、我が秋田は連続して真冬日の寒い日々が続く。秋田にもこの寒い中ナマハゲさんから温かい贈り物が届かないかなぁ・・・・happy01

 このごろの寒さで我が家の軒下のタロンペが大きく成長した。秋田ではつららのことをタロンペまたはシガッコなどという。山形ではボンダラと言うようだ。 ちなみに、北海道=ボオダレ、岩手・宮城=タルヒ・タロビ、埼玉=アメンボウ、新潟=カネコオリ などと呼ぶようだsign02

Img_9550_2

我が家の軒下にぶら下がったタロンペ。

Img_9549_2

長さな2㍍にも達したが太さは今イチのスガッコ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月10日 (月)

成人の日

1月1日(月)snow

 今日は成人の日、秋田市は真冬日で吹雪模様の一日。今は成人の日といっても一斉に成人式をやるわけではない。何でこのようになったのか?折角成人の日を設けて祝日にしたのだから、この日に一斉に成人式を行ったらいいと思うのは私だけでしょう?

 秋田市の昨年の成人式では一部の若者が秩序を乱し警察沙汰になって、ひんしゅくををかったが、今年はそのようなことがなかったようでほっとしている。

Img_9544_2   Img_9546 

台所のプリムラ      玄関の薔薇と霞草

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 9日 (日)

大 雪

1月9日(日)snow

 日曜日なのでいつもより遅く起きて外に出たらびっくりするほどの大雪。近所の人たちはもう除雪が終わっていた。今年一番の積雪で25㎝ぐらいあったように思う。痛い腰をかばい何度も休憩しながらの除雪。折角終わったところに除雪車がきて又寄せなおし。昼近くになってやっと終了。今日は除雪デーだったsmile

Img_9534

車に積もった雪。

Img_9539

除雪した家の前の歩道。Img_9540

家の前の車道。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 8日 (土)

松の内も明けて

1月8日(土)snow

 特別正月気分もしなかった今年の正月であったが、昨日の七草で松の内も明けたことになる?。何時までが正月なのかよくわからないが、7日までとか10日まであるいは15日までなどその地方によって異なるらしい。いずれにしても私にとっては落ち着かない正月であった。

 外の天気は今日も相変わらずの吹雪模様。朝起きたらクシャミ・鼻水症状があり、早めに耳鼻科に行って薬を貰ってくる。花粉症には早いと思うが例年今頃の時期に発症する。これも歳のせいか・・・・・sign02

 あとは家の中でお茶を飲みながら「菅江真澄遊覧記」を読んで一日を過ごす。

Img_0002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 7日 (金)

七草粥

1月7日(金)snow

今日の秋田市は昨日に続く悪天候、この冬最大の猛吹雪で国道を走る車がライトを点灯しなければ走れないほどであった。気温も下がり真冬日の一日を過ごした。

ところで今日は七草。朝七草粥を食べ今年の健康を祈願した。

Img_9528

我が家に七草粥。昨年はインスタントだったが、今年は生の七草を使って作ってもらった。

Img_9527

春の七草。冬の秋田では七草を揃えるのは難しいが、今は有り難いことにスーパーでセットで売っている。料理する前に名前をつけて写真を撮った。

Img_9532   Img_9530

秋田市上北手日赤病院近くの吹雪、日赤病院のビルが見えない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 6日 (木)

小寒

1月6日(木)snow

今日は暦の上で寒の入り、24節気の一つ小寒。ラジオを聞きながらウォーキングしていたら、静岡県の河津町では河津桜が満開とかsign02

私の住む秋田市南部の仁井田・四ツ小屋地区は、この冬一番の吹雪で桜どころではない。それでも今のところ積雪が少ないだけ助かるこの冬であるsnow

=写真は元日の秋田市千秋公園=

Img_9463

千秋公園二の丸の雪つり

Img_9479

千秋公園胡月池

Img_9483

千秋公園本丸の佐竹義堯公(佐竹藩最後の12代藩主)銅像

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 5日 (水)

初水天宮

1月5日(水)snow

 暦を開いたら1月5日に「初水天宮」とあった。何のことかとネットで調べてみたら次のような記述があった。

水天宮の由来は、1185年(寿永4年)の壇ノ浦の戦いで敗れた平家の官女按察使局(あぜちのつぼね)が筑後に逃れて、安徳天皇ら平家一門を祀るために創建されたといわれる。福岡県久留米市の水天宮が総本宮である。東京の水天宮は、久留米藩主の有馬氏が江戸藩邸に分霊したことを起源とする。水天宮は安産、水難除、火災除にご利益があるとされる。
毎月5日が縁日となり、1月5日の最初の縁日を「初水天宮」といって、多くの参拝客でにぎわう。」(JMAMのホームページから転載)

 今日は秋田市でも消防出初め式が行われた。何で1月5日に出初め式を行うのかと疑問に思っていたが、もしかして水天宮の縁日は火災除の御利益があることから、この日に行うようになったのではと思うsign02

昨年は出初め式を見てきたが、今年は気が乗らず行かずじまい。写真は昨年のもので失礼。

Img_3196_2

Img_3205

Img_3215

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 4日 (火)

御用始め

1月4日(火)snow

正月三が日もあっという間に過ぎ去った。私どもリタイヤ組には関係ないが、今日は官庁の御用始め。公務員の皆さんはそれどれ新たな決意で仕事を始めたこと思う。

夕方のテレビデで佐竹秋田県知事が県庁職員に年頭の訓辞している模様が報道された。公務員の皆さんは特に弱い立場にある人たちの目線に立って仕事をして欲しいものです。普段仕事をしている時はなかなか気づかないので、節々に俺の仕事はこれで良いのかと振り返って見ることが大切と思うsign01

Img_9486_2

元旦に千秋公園から太平山を望む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 3日 (月)

初歩き

1月3日(月)cloudsnow

 今日で正月三が日も過ぎ、明日から一時停止した政治・経済がまた動き出す、はたしてどんな方向に世の中が進むのか気にかかるsign02

 朝は陽ざしものぞいたが昼近くになって雨雪に変わった。午前中はテレビで箱根駅伝を観戦しながら、当方から出さなかった方への年賀状をつくる。

午後からその年賀状を出しながら、「傘をさし 長靴履いて 初歩き」。夕方までゆっくお茶を飲みながら過ごす。

Img_0004_2   Img_0001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 2日 (日)

新春の秋田駒ヶ岳

1月2日(日)sun

昨晩、今日の田沢湖の天気予報を見たら晴のマーク、田沢湖スキー場に行こうと決める。今朝の秋田は曇空で少し心配しながら車を走らせる、角館を通過したあたりから青空が広がり、思わず顔がほころぶ。生保内の手前刺巻地内から見事な駒ヶ岳の姿が車窓に飛び込んだ。

スキー場は好天に恵まれ大勢の家族連れスキーヤーで賑わった。全コース滑走可能だったが、本音はもう一雪欲しいところ。高齢者二人のスキーなので景色を眺めながら、お茶をしながら、無理しないで早めに切り上げる。

帰路角館の義兄に新年の挨拶しようと立ち寄ったが残念ながら留守だった。家に帰ってから電話があり、お互いの健康を確認する。

Img_9494

仙北市刺巻地内から駒ヶ岳の雄姿を望む。

Img_9496

田沢湖高原高野地内から駒ヶ岳と田沢湖スキー場を望む。

Img_9497   Img_9499

スキーセンター前ゲレンデとスキーセンター。

Img_9508   Img_9509

かもしかクワッドとゲレンデ。

Img_9513   Img_9519

ぎんれいクワッドと田沢湖。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月 1日 (土)

我が家の元旦

23年元旦(土)cloudsun

窓から朝日が差し込むすがすがしい卯年の元日を迎えた。

Img_8432

 私は朝いつものように玄関先に国旗を掲揚し、御神酒と雑煮を戴いた後早速千秋公園内にある彌高神社に初詣をした。元日に青空がのぞいたのは4年振りとのことで大勢に参拝者が詰めかけ、30分待ちで参拝を済ませました。

Img_9473

天候に恵まれ大勢の参拝者で賑わう彌高神社。

Img_9477

彌高神社社殿。

Img_9484

千秋公園内にあるもう一つの神社「八幡秋田神社」にも参拝。

Img_9481   Img_9489

御隅櫓            表門

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »