« 悲しい旅となった知床旅行 | トップページ | 知床半島と道東の旅 ③ »

2010年9月 5日 (日)

知床半島と道東の旅 ②

9月5日(日)sun

9月に入っても暑さは一向に衰える気配がない、これも地球温暖化に伴う異常気象なのだろうかsign02。過日の知床旅行でも、北海道は内地に比べれば涼しいものと思い、長袖シャツにヤッケなど防寒対策を備えたところでしたが、連日33℃の猛暑で閉口しました。

写真は29日~30日網走の模様です。

Img_7375

29日の夕方、網走郊外の天都山とう高台に登り、オホーツク流氷館の展望台から網走の街並やオホーツクの海、知床連山を遠望する。

Img_7384

天都山から眺める網走の街。

Img_7385

網走の街はずれで網走湖の近くに有名な網走刑務所が一望できた。思ったより近代的な施設だった。昔は刑の重い受刑者が服役していたようだが、バスガイドの説明では今は懲役8年以下の受刑者が入所しているとのこと。

Img_7386

天都山に建つオホーツク流氷館。

Img_7388

流氷館の傍に建っているニポポニポポとは、アイヌの人たちの言葉で「小さな木の子供」のことで、網走刑務所の受刑者が民芸品として小さなニポポを制作しているようだ。

Img_7394

この日の夜は網走湖畔のホテルに宿泊。翌朝30日の網走湖は小雨でしたが、その雨も間もなく上がり気温がどんどん上昇、道産子の人たちもこんな暑さは経験したことが無いと流れる汗を拭いていた。 (朝バス出発前の網走湖)

30日はこのあと小清水の原生花園・オシンコシンの滝を見学後、ウトロ港から遊覧船による知床半島見学、最後は知床五湖の散策と進んだ。 (明日以降投稿予定です)

|

« 悲しい旅となった知床旅行 | トップページ | 知床半島と道東の旅 ③ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537995/49356954

この記事へのトラックバック一覧です: 知床半島と道東の旅 ②:

« 悲しい旅となった知床旅行 | トップページ | 知床半島と道東の旅 ③ »