« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月30日 (水)

庭の実 スグリなど

6月30日(水)cloud

予報は雨だったが日中は雨にならず、お陰で畑の草取りができて助かった。

写真は我が家の庭の実物の現状です。

Img_6053

フサスグリが熟しました。

Img_6045

セイヨウスグリ(別名:マルスグリ)。苗を買ったときはグズベリーという名前が付いていました。これから赤く色づく。

Img_6049

アケビ(三ツ葉アケビ) 5~6年前友人から頂戴したアケビの種を蒔いた物ですが、なかなか結実しないので、向かいに家のご主人から、雄花をもらい受粉させたら、初めて見事に実がなりました。同じ場所に五ツ葉のアケビも育ってますが、まだ花が咲きません。これが花を付ければ、自然受粉で実をつけると思い楽しみにしております。いずれ秋に実が熟すのが楽しみです。

Img_6043

昨日も投稿したビックリグミ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月29日 (火)

ビックリグミ

6月29日(火)cloud

水無月も残すところあと一日、あっという間に今年の半分が過ぎてしまった。間もなく年齢も一つ加わり後期****に近づく 。

今日は梅雨の合間を見て、急に色づいたビックリグミの実を狙うヒヨドリを追いながら、皐月の植え替えをした。

Img_6038

ビックリグミはグミの園芸種で別名ダイオウグミというらしい。

Img_6042   Img_6044

このビックリグミは自家不結実性のため、花は咲くが実がつきにくい為、ジベレリン処理をして実を付けさせている。その実は長さが2㎝近くもなる。今年はヒヨドリに負けずに収穫しジャムでも作るつもりです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月28日 (月)

栽培禁止の花 オオキンケイギク

6月28日(月)rain

朝から雨の今日は、我が家の病院デーとなった。妻は毎月の定例経過観察。私は昨夜から眼に物もらいができて眼科医へ、そして定例の泌尿器科の経過観察で午前中いっぱいを病院で過ごすことになった。

家の近くのケヤキの街路樹の根本に「特定外来生物指定」オオキンケイギクと思われる花が咲いていた。この花は家庭では許可なく栽培が禁止されているのですが、キバナコスモスに似て花が綺麗なことから今だに家庭に植えられているようです。繁殖力強いことからが野生化し道路脇に蔓延している。なお、キンケイギクは外来生物法の対象にはならないようです。

Img_6029

道路脇で野生化しているオオキンケイギク。

Img_6031

キバナコスモスに似て花は綺麗だ。

Img_6034

花の裏がこの花の特徴のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月27日 (日)

アジサイ咲き出す

6月27日(日)cloudsoonrain

雨に濡れ咲き出したアジサイ。

Img_6026_2

我が家の庭で毎年最初に見頃を迎える白のアジサイ。

Img_6024_2

キンシバイ(金糸梅)も咲き出した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月26日 (土)

賑わう森吉山

6月26日(土)sun

明日から又雨になるとの予報に、急遽家族で森吉山(1454㍍)の花観賞に出かけた。朝8時半、阿仁スキー場ゴンドラ乗り場には、9時の運転開始を待つ長い行列ができていた。山頂も県内外の登山客で大混雑、森吉銀座の様相を呈していた。高山植物も見頃を迎えており、満足の一日だった。

Img_5952

石森手前からニッコウキスゲと森吉山頂を望む。

Img_5979

石森分岐点で休息する登山客。

Img_6012

石森から山頂を望む。

Img_5984_2

山頂で休憩する登山客。県外の団体客も多いようだった。

Img_5986

山頂付近の様子。

Img_5972   Img_5975

ハクサンチドリ      ガクウラジロヨウラク

Img_5976_2   Img_5982_2

アカモノ(イワハゼ)     チングルマ

Img_5960   Img_6004

イワカガミ         ヒナザク

Img_5950_2    Img_5956_2

シラネアオイ       ゴゼンタチバナ

Img_5965   Img_5967

ツマトリソウ        ミツバオウレン

Img_5970   Img_5971

イワイチョウ        ザゼンソウ

Img_5978   Img_6003

チングルマの種子    ベニバナイチゴ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月25日 (金)

庭の花

6月25日(金)sun

今日老人クラブ友和会の日帰り小旅行があり、会員17名が本荘市西目の「湯っ娘ランド」で温泉浴と宴会を楽しんだ。

<今日の写真は庭に咲く花>

025

佐渡ユリ

024

スイセンノウ

015   018

ホタルブクロ(八重)  普通咲き

019   021

シモツケソウ       ドクダミ

022

サンカヨウの実

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月24日 (木)

祖父母参観

6月24日(木)rainsooncloud

今日孫の保育園の祖父母参観があり本荘の西脇保育園に行き、久しぶりに孫と遊んできました。

003

始めに孫と一緒に「人形劇団クスクス」による人形劇を楽しむ。

006

続いて孫たちのおゆうぎを見る。

007

孫たちのおゆうぎ。

014_2

最後はクラス毎に孫と一緒にハンカチ折り紙(ぴょんぴょんうさぎ)を作り、保育園の手作りおやつをご馳走になる。

Img_5930

孫からプレゼントされたぴょんぴょんうさぎさん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月23日 (水)

皐月

6月23日(水)cloudleftrightrain

雨が降ったり止んだり、全体としては曇り空の一日。晴れ間を見て花壇の雑草を取り除く、珍しくHさんも後片づけに手伝ってくれた。これは一年に1回か2回の出来事lovelyeye

庭の皐月も見頃が間もなく終わりだが、手入れが悪いためか、今年は花の咲き具合があまりよくない。花も正直で手をかければ、それなりに良い花を付けてくれる。山歩き等ができなくなったら、少し手をかけてやるつもりだがsign02

Img_5892

庭に地植えの皐月、夕方撮す。

Img_5895

鉢植えの皐月。年数は結構経つがひょろひょろで恥ずかしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月22日 (火)

ブナの恵み

6月22日(火)cloud

今日初めて運転免許証更新のための「高齢者講習」を近くの自動車学校で受講、40年振りに自動車学校のコースを車で走ったり、いろんな適正検査を受ける。とうとうこの年齢になった、安全運転のきっかけにしたい。sign01

今日の写真はブナの恵みを受ける植物、ノキシノブとツタウルシ。

Img_5879

コケの生えたブナの古木の恵みを受けて育つノキシノブ。<女滝沢国有林にて>

Img_5883

ブナの古木に這うツタウルシ。<女滝沢国有林にて>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月21日 (月)

山で出会った花

6月21日(月)cloudleftrightrain

今日は夏至、明日から藁の一節ほどづつ昼の時間が短くなるという、少し寂しい気がする。

昨日まで三日連続の山歩き、今日は久しぶりの休養日のつもりだったが、庭の花壇をのぞくと雑草が伸び放題。仕方なく雨の間を縫って草取りを少しだけgawk

<今日の写真=最近の山歩きで出会った花たち>

 =写真をクリックすると拡大します。=

Img_5808

乳頭山のチングルマ

Img_5807   Img_5812   

乳頭山のヒナザクラ(左)とゴゼンタチバナ

Img_5814   Img_5815

乳頭山のムシトリスミレ(左)とキバナコマノツメ

Img_5819   Img_5826

乳頭山のイワイチョウ(左)とハクサンチドリ

Img_5838   Img_5858

駒ヶ岳のエゾイワハタザオ(左)とミヤマスミレ

Img_5861

ギンリョウソウ(湯沢市皆瀬)

Img_5867   Img_5875

ショウキラン(左)コケイラン (湯沢市皆瀬)    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月20日 (日)

自然観察会

6月20日(日)cloudleftrightrain

 恒例のナトゥーア・秋田の公開自然観察研修会が、湯沢市皆瀬の女滝沢国有林で行われ参加した。県庁前に集合した参加者(会員14名・一般参加者8名)はバスの中で担当者から保安林制度の概要や森林浴について説明を受けながら一路小安温泉へ。 

 小安温泉の総合案内所でバスを降りた参加者は生憎の小雨のなか、地元が整してくれた初夏の「女滝沢森林浴コース」を元気よく散策、樹木や山野草の観察と森林浴を楽しんだ。

Img_5859

小雨のなか散策コースをすすむ参加者。

Img_5862_2

担当者の説明を熱心に聞く参加者。

Img_5870

会員が一般参加者に植物の名前や特徴をコメントしたり、会意同士の情報交換によるレベルアップがこの観察会の良いところ。

Img_5873

女滝沢散策路の主役であるヤチダモの巨木について説明を聞く参加者。

Img_5877

ヤチダモの巨木。説明看板には樹高28㍍、幹廻り4,04㍍ 全国3位とあった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月19日 (土)

乳頭山・駒ヶ岳登山

6月19日(土)sun

昨日と今日、日本森林林業振興会秋田支部主催の自然観察会の手伝いとして、乳頭山と駒ヶ岳登山に参加した。心配は梅雨入り後の天候だったが、幸いにも両日とも好天に恵まれ、無事乳頭山・秋田駒ヶ岳登山を終えることができた。

Img_5803_2

孫六温泉登山口から乳頭山を目指す参加者。

Img_5824_4

乳頭山頂での参加者。

Img_5827_2

帰路は黒湯温泉コースを下山、一本松温泉跡で休息する参加者。

Img_5828_3

あと少しで黒湯温泉。今晩の宿は「休暇村乳頭温泉郷」、もう少しで美味しいビールがのめるぞ・・・・の声も出始める。

Img_5840_2

二日目は、新道コースから男岳山頂(駒ヶ岳)を目指す。

Img_5841_2

男岳山頂での参加者。

Img_5848_3

阿弥陀池では振興会支部長自らがタケノコ汁を準備し参加者を喜ばせた。

Img_5849

美味しいタケノコ汁に舌鼓を打つ。

Img_5851

最後、男女岳をバックに満足の記念撮影。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月17日 (木)

初めての山野草

6月17日(木)cloudsoonsun

昨日一日降り続いた雨が、今日は晴れて気温もぐんと上がった。畑に行ってみたら昨日の雨で野菜も、雑草もいきいきとしていた。

先日秋田市内で珍しい植物に出会った。秋田花の会発行の「秋田の山野草」という本にも載っているので、ベテランの方は知っている花なのでしょうが、私にとっては初め手見る花である。新しい花に出会った時は本当に嬉しい。教えて下さったYさんに感謝・・・感謝・・・ですwobbly

Img_5767

トケンラン(らん科サイハイラン属)という地味な花です。

Img_5772

チョウジソウ(きょうちくとう科)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月16日 (水)

イブキジャコウソウ

6月16日(水)rain

予報通り雨となり、しかも一気に梅雨入りとなった。畑や花壇にとっては恵みの雨だが、週末に自然観察会等の行事が予定されており、できれば梅雨入りは来週になって欲しかったsign01

<今日の我が家の山野草>

Img_5780

Img_5784_2

イブキジャコウソウ<伊吹麝香草> しそ科の草状小低木です。今年は花が疎らでイマイチです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月15日 (火)

庭の花

6月15日(火)sun

今日も暑い一日。しばらく雨が降ってないので畑や花壇も乾燥状態で、ここ2~3日毎朝水掛けをしている。一度かけたら掛け続けないといけないという話しを聞く。ここらで一雨が欲しいと思っていたら、どうやら明日は待望の雨の模様、ありがたや・・・・・・sign01

庭では水をほしがっている花たちが綺麗に咲いてくれている

Img_5791

リシマキア・ブンクタタ(さくらそう科 オカトラノオ属)。ヨーロッパ、アジア西部原産の多年草。

Img_5792

通称「星の王子」とも呼ぶらしい

Img_5789

チエリーセージ(しそ科 サルビア属)。サルビアの仲間でアメリカ、メキシコ原産。

Img_5786

地植もOkだが写真は鉢植え。

Img_5777

バイカウツギ(ゆきのした科)。今年も真っ白の花を付けてくれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月14日 (月)

太平山の花たち

6月14日(月)cloudonsun

今日は3ヶ月に一度の病院での定期検査、お陰で異常なしの結果に一安心。

写真は昨日の太平山登山で出会った花たちの一部です。

勉強不足で名前を特定できないものもありますので悪しからず。 間違いがありましたらご指摘おねがいします。

Img_5714

ヒメシャガ(あやめ科) 太平山登山道で目にする花の主役ですが、旭又コースより金山滝コースの方が見事です。

Img_5715   Img_5743

ツクバネウツギ(すいかずら科) オオカメノキ(すいかずら科)

Img_5723

ツボスミレそれともウスバスミレ、特定できませんsign02

Img_5725   Img_5731

ゴゼンタチバナ(みずき科) オオバキスミレ(すみれ科)

Img_5729

山頂付近の登山道脇に群生していた黄色い花。何の疑いもなくミヤマキンバイと思って撮ってきたが、インターネッを見ていたら太平山でミヤマキンバイと思っている花はエチゴキジムシロだという記事があり迷っている。

<この花はエチゴキジムシロが正しいようです。6/17記>

Img_5742   Img_5745

アカモノ(つつじ科)    ユキザサ(ゆり科)

Img_5748   Img_5750

ヒメアオキ(みずき科) ツルアリドウシ(あかね科)の実

Img_5732

イワカガミ(いわうめ科)

Img_5752   Img_5761

ギンリョウソウ(いちやくそう科) タニギキョウ(ききょう科)

Img_5754   Img_5757

ガマズミ(すいかずら科) ガクウラジロヨウラク(つつじ科)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月13日 (日)

太平山 山開き

6月13日(日)sun

今日は太平山(奧岳 1,171㍍)の山開きであった。友人Y氏と山開きのイベントとは関係なく、今年初めて旭又コースから山頂を目指した。山頂は三吉神社奥宮の新築工事で雑然としていた。また、山頂から周囲の山並みの展望を期待していたが、薄曇りで森吉山、鳥海山、秋田駒ヶ岳などの遠くの展望は残念ながらダメだった。

山頂では12時から旭又口・丸舞口・上小阿仁側からの登山者による神事等の行事があるらしかったが、山頂が工事で狭かったので、私たちは旭又口からの山開き参加者が山頂に到着する前に下山した。朝8時登山開始、下山は午後2時だった。

Img_5711

朝8時旭又登山口駐車場の様子。

Img_5728

今日の太平山奧岳山頂。

Img_5735

10時40分山頂に到着。社殿は基礎工事中であった。

Img_5740

山頂から剣岳、鶴ケ岳、中岳方向の山脈を望む。

Img_5737

旭岳、笹森、赤倉岳方向の山脈。

Img_5741

旭又口から秋田市募集の山開き参加者一行があと一歩で山頂到着。先導は仲間のH氏であった、激励のエールを送り私達は11:40下山開始。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

乳頭山の花

6月12日(土)sun

仁別森林博物館のボランティアに従事し、アサヒビール秋田支店の職員の皆さんと博物館周辺の遊歩道の刈払い作業に汗を流した。

写真は昨日登山した乳頭山で出会った花々です。

P6112203

ツバメオモト(ゆり科 燕万年青)

Img_5654

ヒナザクラ(さくらそう科 雛桜)

Img_5667    Img_5668

イワナシ(つつじ科 岩梨)とミツバオウレン(きんぽうげ科 三葉黄蓮)

Img_5672    Img_5694

イワカガミ(イワウメ科 岩鏡) 白っぽい花もあった。コイワカガミという種もあるようですが、区別がまだ判らない。

Img_5675    Img_5679

ミヤマキンバイ(ばら科 深山金梅)とミネザクラ(ばら科 嶺桜) 

Img_5685    Img_5689

ムラサキヤシオツツジ(つつじ科 紫八染躑躅)とシラネアオイ(しらねあおい科 白根葵)

Img_5692_2    Img_5696

ノウゴウイチゴ(ばら科 能郷苺)とアカモノ(つつじ科 赤物 別名イワハゼ)

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月11日 (金)

乳頭山に登る

6月11日(金)sun

今日元職場の2人と秋田と岩手の県境に位置する乳頭山(1477㍍)に登った。残念ながら天気が良いわりに、遠くの山並みが霞んで眺望はよくなかった。特に岩手県側はガスがかかり、岩手山が全く見えなかったのには悔しい思いをする。

Img_5659

田代平山荘横の沼越しに乳頭山を望。

Img_5671

山頂手前で秋田駒ヶ岳を望んだがガスがかかってすっきり見えない。残念sign03

Img_5673

田代平と山頂の中間地点当たりか見る乳頭山。

Img_5680

遠くから眺めるとおっとりした姿に見える乳頭山だが、近づくと秋田県側はこのような断崖になっている。

Img_5682

乳頭山(鳥帽子岳)の山頂。今日出会った登山客10名は全部東京方面からのお客さんだった。

Img_5650   Img_5698

登山口の孫六温泉   下山地点の黒湯温泉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月10日 (木)

春に咲く野山の花

6月10日(木)cloud

この時期、野山には春のいろんな花が咲いている。知っている花、よく見るが名前を知らない花、そして初めて見る花など・・・・仁別自然休養林の森林博物館周辺で咲いていた花を撮しました。

Img_5622

オオヤマフスマ(なでしこ科)

Img_5624   Img_5626

左:ミミナグサ(ナデシコ科)と右:カタバミ(カタバミ科)。ミミナグサは帰化植物のオランダミミナグサ?かも知れません。

Img_5629

キランソウ(しそ科)

Img_5632    Img_5636

ギンリョウソウ(いちやくそう科 別名:ユウレイタケ)とコナスビ(さくらそう科)

Img_5637

ヤグルマソウ(ゆきのした科)

Img_5639   Img_5640

ケナシヤブデマリ(すいかずら科)とカンボク(すいかずら科)  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

ニッコウキスゲ咲く

6月9日(水)sun

庭に植えているニッコウキスゲ(ユリ科 日光黄菅 別名:禅庭花)が咲きました。種から育てたニッコウキスゲが毎年咲いてくれます。1日花といわれますが我が家のニッコウキスゲは、朝咲いて次の日の夕方ま咲き続けてくれます。日光周辺に多く見られれ、葉がスゲに似て黄色の花を咲かせることから日光黄菅とよぶそうです。

Img_5643

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 8日 (火)

コアニチドリとその親戚

6月8日(火)sun

気温がぐんぐん上がり夏日となり、今年初めて普段使わない布団を外に出して日光浴の手伝いをしたり、高齢者大学の班会議に顔をだしたりの一日。

今日の写真=コアニチドリとその親戚

Img_5481

コアニチドリ(ラン科:小阿仁千鳥) 秋田県の上小阿仁村で発見されたことから、この名がついたそうですが、実際に自生しているところはまだ見たことがありません。鉢植えで楽しんでおります。

Img_5478

イワチドリ(ラン科:岩千鳥) コアニチドリの花を大型したような感じです。葉も大型です。秋田県には自生していないようです。中部地方以西の岩場に自生しているようです。

Img_5649

エノモトチドリ(ラン科)コアニチドリとイワチドリの自然交配種とのことですが、素人の私にはイワチドリと区別が付けがたいです。しいていえば花の大きさも葉の大きさも両者の中間といったところかなsign02

<お詫びと訂正>

6月5のブログ記事中エゾニュウとあるのはオオハナウドの誤りでした。お詫びして訂正します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 7日 (月)

虎毛山開山80年記念山開き

6月7日(月)sun

秋田には標高1,433㍍の虎毛山という山があり昨年8月に初登頂した、結構大変な山だがなかなか魅力的な山だった。私は寅年生まれなので、寅年の今年もう一度登りたいと思っていたが、タイミング良く昨日6日虎毛山開山80年記念「山開き」なるイベントがあり、寅年生まれの友人ともに若い仲間も誘って参加した。熱烈なタイガースフアンなど県内外から100名を超す参加者が集まり、一般登山者も加わり山頂は大混雑であった。

Img_5581

朝6時半 旧秋の宮スキー場前で神事が行われ、今年の山の安全を祈願。

Img_5604

約3時間少しかけて10時30分やっと山頂へ。記念行事参加者・一般登山者で混雑する山頂。

Img_5606

夏にはイワショウブなどめづらしい高山植物の花が咲く山頂の湿原はまだ雪でした。

Img_5593   Img_5615

途中での小休止     青空に映えるタムシバ

Img_5603   Img_5613

山頂から高松岳(左)と神室山(右)の山並 みを望む。神室山は今年これから目標にしている山です。今回の虎毛山より難しいかもsign02 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 5日 (土)

山野草の花

6月5日(土)cloudsoonsun

早朝は雨が残っていたが次第に回復、午後にはしっかり晴れ上がった。歯医者に行ったり鉢植え山野草の植え替え、畑の見回りなどで一日を費やす。

<今日の写真=昨日仁別国民の森で観察した山野草の花々>

Img_5485

ウマノアシガタ(きんぽうげ科:馬の脚形)。根生葉が馬の足形に似ているのでこの名がついたということですが、どう見ても馬の足形には見えませんsign02

Img_5537

サワハコベ(なでしこ科:沢繁縷)。山地のやや湿った林下で小さな白い花を咲かせる。

Img_5551   Img_5553

オオハナウド(せり科) ラショウモンカズラ(しそ科)

Img_5563   Img_5564

クルマバムグラ(あかね科)

           ミツバツチグリ(ばら科)

<お詫び>

オオハナウドを当初エゾニュウと誤って記載しました。    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 4日 (金)

仁別国民の森

6月4日(金)cloudsoonrain

今日久しぶりに仁別国民の森(仁別自然休養林)へ。

天候が悪かった為か、山菜採りや登山での入林者、森林博物館への入館者も少なかった。

Img_5492

今日の仁別森林博物館

Img_5544

めおと杉

Img_5548

散策路めおと杉の径

Img_5549

めおと橋

Img_5552

やすらぎの池

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木)

庭に咲く山野草

6月3日(木)sun

今日も快晴。花壇や畑にとってはそろそろ一雨欲しい ころです。久しぶりに家庭菜園の手入れや、赤玉土など鉢物の用土を調達し選別作業をする等雑用に追われる。

<今日の写真=庭の山野草>

Img_5478

イワチドリ(ラン科:岩千鳥)。中部地方以西の岩場に生育する山野草。

Img_5483

地植のヒメフウロ(フウロソウ科:姫風露)。別名:塩焼草 塩を焼いたような特有の匂いがあるそうだsign02 

Img_5484

山野草ではないがエニシダ(マメ科)の花が見頃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 2日 (水)

グラウンド・ゴルフ大会に参加

6月2日(水)sun

今日は南部地区老人クラブ連絡協議会主催のグラウンド・ゴルフ大会に参加、青空の下スポパークかわべに90余名が集まり、心地よい汗をかいた。

Img_5469

スポパークかわべでの開会式風景。13の単位老人くらぶから92名が参加、優勝は牛島西四丁目松葉会の伊藤雄二さんがスコア81点で優勝。

Img_5471

太平山の山並みをバックに心地よい汗をかく。

<今日の写真=山野草>

Img_5462

昨日駒ヶ岳で会ったヒメイチゲ。山で見る今年第1号の花です。小さな花で雪解けを待って真っ先に咲く高山植物。

Img_5481

見頃を迎えた自宅鉢植えのコアニチドリ(ラン科)。秋田県の上小阿仁村で発見された山野草ですが、何んと尾瀬でも見られるとのことsign02

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 1日 (火)

秋田駒ヶ岳山開き

6月1日(火)sun

今日から水無月。快晴に恵まれ秋田駒ヶ岳の山開きに仲間3人で参加した。現地では懐かしい知人や友人にも会うことが出来て嬉しかった。

8合目駐車場に8時半に到着、少し早く着きすぎたが山開きの神事にも参加し、10時30分大勢の参加者と一緒に男岳(1623㍍)を目指し、山頂にはちょうど正午に到着。

山頂では一足先に到着していた岩手県雫石側からの登山者とピッケル交換などのセレモニーがあり、青空の下森吉・八幡平・岩手山・和賀山塊などの山々と眼下に田沢湖を眺めながら乾杯、おにぎりを食べて午後1時少し前下山開始。

帰路はボランテイアで山開きをサポートしてくれたY氏のガイドで阿弥陀池付近からの雪渓を下山、無事2時少し前に8合目駐車に到着。

それにしても、こんなによく晴れた駒ヶ岳山開きはしばらくぶりである。高山植物の花はヒメイチゲショウジョウバカマが咲いているぐらいで、ミヤマキンバイが間もなく咲きそうであった。本当に楽しい山開きでしたよ・・・・・・smile

Img_5400

山開きの神事が行われる8合目避難小屋とまだ残雪の多い駒ヶ岳。

Img_5410   Img_5411

山開きの神事       テープカット

Img_5418   Img_5424

登山開始        片倉岳手前の雪渓を登る

Img_5429   Img_5434

片倉岳にて      阿弥陀池手前の雪渓を進む

Img_5451   Img_5458

男岳山頂での秋田・岩手両県代表によるピッケル交換と雪渓を下山する仲間  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »