« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

庭の花

5月31日(月)sun

今日5月の晦日は忙しい一日だった。昨日久しぶりに遊びに来た孫二人が急遽泊まることになり、親達だけは帰った。

昨日は孫と遊ぶ暇がなかったので、朝公園に遊びに行き、ブランコ、砂遊びに付き合った。そのあと老人クラブのグランドゴルフに参加したあと、南部地区老連女性部会との交流会に参加するなど多忙な一日を過ごした。

今日の写真=庭に咲いた山野草等の花々。

Img_5366

オノエマテマ(ナデシコ科)ヒマラヤ原産。

Img_5369

けっこうきれいな花です。

Img_5374

サギゴケ(ゴマノハグサ科)観察用に鉢植えにしてみた。

Img_5372   Img_5370 

白花はサギゴケで紫の花はムラサキサギゴケと呼ぶそうです。

Img_5383

アマナ(ユリ科:甘菜)。

Img_5389

ガクウラジロヨウラク(ツツジ科)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月30日 (日)

八塩いこいの森で観察会

5月30日(日)sun

久しぶりによく晴れた今日、ナトゥーア・秋田の自然観察研修会が八塩いこいの森ほかで行われ、会員9名、一般公募者5名の14名が参加して、八塩ダム周辺と鳥居の沢登山道コースで山野草と野鳥の観察を行った。午後は石沢大滝に立ち寄り、シライトソウ(白糸草:ユリ科)という山野草に初めてお目にかかった。

Img_5338

山荘八塩から八塩山を望む。

Img_5317

八塩ダム左岸で参加者がエゾタンポポを発見。西洋タンポポが多い中、よくぞ生き続けてくれたと一同喜んだsign03

Img_5322

八塩ダムの説明を聞く参加者。

Img_5328

鳥居の沢登山道ではルイヨウショウマ(キンポゲ科:類葉升麻)という山野草を教えてもらう。

Img_5347

帰路石沢峡を大滝まで散策。

Img_5349

大滝と岩壁に生育する植物を観察する参加者。

Img_5351

初めてシライトソウ(ユリ科:白糸草)という植物を教えてもらう。

Img_5355

石沢峡の入り口でカワガラスなど野鳥のことを勉強する。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月29日 (土)

ナス植えました

5月29日(土)cloud

連続三日間梅雨のような天候が続きましたが、今日やっと畑が乾きナスの植え付けやジャガイモの芽欠きなど、農家のまねごとをしました。

Img_5298

もう少し大きいナス苗を植えたかったが、例年になく小さかった。時期が来れば一人前に成長することを信じて・・・・?

Img_5296_2

芽欠き・追肥・土寄せを終えたジャガイモ(キタアカリ)。

Img_5297

ポット苗を定植した枝豆、少し弱々しい感じ。直播きした隣接の畑では鳩や雉の被害を受けたようです。

Img_5300_2

大分大きくなったホウレンソウ。

Img_5302   Img_5304

畑からの帰り、田圃の畦にハルジオンがきれいに咲いていました。濃いピンクと白っぽい花の2種類あるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月28日 (金)

スズムシソウ

5月28日(金)rain

今日家庭菜園にナスを植えようと思っていたが、残念ながら二日連続の雨で明日に延期です。

<今日の写真=庭の山野草>

Img_5283

鉢植えのスズムシソウ(ラン科)。今年のスズムシソウはどこか変ですsign02、生育途中に根が浮き出るアクシデントがあったからだと思います。

Img_5286

鉢植えのウサギギク(キク科)。友人からいただいたウサギギクですが、今のところ一輪しか咲きません。咲き方もどこかおかしいです。

Img_5284   Img_5285

アリアケスミレ       オオバキスミレ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月27日 (木)

常光院

5月27日(木)cloud

今日姉の一周忌で角館の常光院に行く。昨年の今日中岳に登って家に帰ったら姉の訃報があった、あれから早くも1年過ぎた。法要の行われた常光院は佐竹北家の菩提寺でもある由緒あるお寺である。

Img_5273

仙北市の指定史跡になっている常光院。秋田三十三観音霊場12番札所でもある。境内には戊辰戦争で戦死した官軍の墓地もある。

Img_5278

Img_5277

                   常光院参道

<今日の庭の花>

Img_5288   白花のヒメシャガ

Img_5281 イチハツそれともジャーマンアイリスか?

Img_5289 花壇にはびこるジシバリ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月26日 (水)

携帯紛失

5月26日(水)rain

今日はまた雨の一日、天気と同じく私の気分も憂鬱。22日紛失した携帯電話が今日になっても出てこないwobbly しかたなく今日新しい携帯を調達するはめになってしまった。大失態に妻からは貴方も順調に来てるネ・・・と皮肉られる始末、まぁ仕方ないかgawk

今日の写真=庭の山野草

Img_5267

                  鉢植えのクロユリ

Img_5269   Img_5271

      鉢植えのオダマキ2種

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月25日 (火)

ボツメキの湧き水

5月25日(火)cloud

今日雨を心配しながら4人で東由利の「八塩いこいの森」に自然観察研修会の下見に行ってくる。幸い合羽のお世話にならず下見を終了する。

Img_5084

八塩いこいの森に 八塩山から湧き出るボツメキの湧き水がある。八塩山中腹、標高300地点から湧き出る清水は1日およそ900トンで東由利水道の主な水源になっているとのこと。休日ともなれば水くみの行列できるほどの人気である。

Img_5083   Img_5081

八塩山713㍍から月日をかけて中腹に湧き出る清水は、今いこいの森の人気ポイントとなっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月24日 (月)

庭の山野草

5月24日(月)rain

今日は予報どおり雨、風も強く最悪の一日でした。ここ2~3日青空は望めないようです。

今日の写真=庭に咲く山野草の花

Img_5216

昨年より一週間も遅く見頃を迎えたエビネ(らん科・海老根)。

Img_5226

ヒメシャガもよく咲いてくれました(あやめ科・姫射干)。

Img_5211

アマドコロ(ゆり科・甘野老)。左の白い花はコンロンソウ。

Img_5228   Img_5230

シラユキゲシ(けし科)  ヒメイズイ(ゆり科)

Img_5229

鉢植えのフジがやっと花を咲かせた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月22日 (土)

ツリガネズイセン

5月22日(土)sun

五月晴れの良い天気に恵まれた。老人クラブの会議に出席もったいない一日を過ごす。

昨日の夜スキー同好会の反省会があり、一杯やって帰宅後ブログ投稿しようとしたが、途中眠くなり意識がもうろうとして中断してしまった。

写真は庭の山野草、といっても日本の山には自生していないツリガネズイセン

Img_5201

ヨーロッパの針葉樹林に原生するというツリガネズイセン(ゆり科)。別名:シラー・ヒスパニカ。我が家の庭には白、薄紫、ピンクの3種類があり、今が見頃です。

Img_5200_2

白と薄紫の花。葉っぱがスイセンに似て花が釣鐘状の 花を着ける

Img_5203   Img_5204

白花             ピンクの花

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月20日 (木)

イチハツ

5月2日(木)rain

今日は雨の一日でした。その雨の中Hさん命令で古くなった洗濯干し台を、ホームセンターの軽トラを借りて新しいものと交換した。

間もなくアヤメの季節ですが、家の前の歩道のケヤキの根元が犬のトイレにならないようにと植えたイチハツ(アヤメ科:一八)の花が見頃になった。

アヤメ科の花で一番早く花を咲かせることから、イチハツの名がついたともいわれますが、実際はシャガなどのほうが早く花を付けるようです。

原産地は中国で江戸時代に日本に渡ってきた植物のようです。アヤメ(文目)と似ていますが、花が大きく、外花被片の中央部に白い突起物があること及び、花びらに暗色の細長い筋状の模様があることなどが特徴のようです。アヤメが咲いたらよく見比べてみたいと思います。

Img_5196

今年は例年になく立派に咲いたイチハツです。

Img_5197

外花被片に白く見える突起物が見分けのポイントのようです。

Img_5198

花が開く直前のイチハツ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月19日 (水)

マイズルソウ など

5月19日(水)cloudonrain

家庭菜園のナスやトマトの床づくり完了、今日植え付けしようかと考えたが、何時も早く植えて失敗しているので、もう2~3日待つことにした。

今日の写真=庭に咲く山野草・草花

Img_5177

エゾタンポポ(ニホンタンポポ)。鉢に種を蒔いて育てたタンポポだが今年はあまり元気がありません、植え替えが必要なのかも知れない。

Img_5183_3

マイズルソウ(ユリ科)葉脈の曲がった線が羽を広げて舞う鶴の姿に似ていることから、この名がついたという。

Img_5166_3

ミツバツチグリ(バラ科)キジムシロという山野草によくにて私には区別が難しい。茎葉3小葉でイチゴの葉に似ている。

Img_5182_2

ツルニチニチソウ(キョウチクトウ科)

Img_5174_3

ワスレナグサ(ムラサキ科)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月18日 (火)

オオバキスミレ など

5月18日(火)sun

今日秋田おもと高齢者大学に参加し、「明治初期の秋田の変革」と題して、秋田市文化財保護協会副会長 石川裕久氏の講演を聴く。秋田と戊辰戦争のかかわりなど興味深い中身だった。

今日の写真=庭に咲く鉢植えの山野草

Img_5191_2

オオバキスミレ、黄色が鮮やかなスミレ。葉が大きく、花が黄色いスミレで「大葉黄菫」と書く。

Img_5156_2   Img_5159_2   

日本サクラソウの白花。 同じく赤花

Img_5162   Img_5164

オダマキ          千鳥アヤメ

Img_5192   Img_5193

アリアケスミレ       大輪トキソウ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

桃源郷 手這坂

5月17日(月)sun

昨日八峰町の御所の台の自然観察会の帰りに同町峰浜水沢の「手這坂」に立ち寄った。手這坂集落は、江戸時代の紀行家菅江真澄が文化4年(1807年)にこの地を訪れ、桃源郷のようだと紀行文に残している。

Img_5153_2 

桃の花が見頃を迎えている手這坂集落。残念ながら4軒のかやぶき民家には、人が住んでいない

Img_5142

かやぶき屋根の民家と赤やピンク、白の桃の花は幻想的な風景である。

Img_5146

何時までも残して貰いたいこの風景だが、保存活動は大変のようだsign01

Img

菅江真澄が紀行文「雄賀良能多奇」に「水沢川をさかのぼると、家が四、五軒ばかりある村があり、それを手這坂という。誰がいつの世にここに逃れ隠れたのであろうか。坂の途中から桃の花の盛りのさまをみていると、犬の声、鳥の声がかすかに聞こえてくる。そして、滝川の流れる山川の形などから中国の武陵桃源の物語に似ている。」という趣旨の文が図絵の説明に書かれている。(写真は田口昌樹編 菅江真澄図絵集 秋田の風景より)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

御所の台の里山歩き

5月16日(日)sun

快晴の今日、秋田県自然観察指導員連絡協議会秋田市支部「ナトゥーア・秋田」主催の公開自然観察研修会に参加し、八峰町御所の台の里山を歩き、樹木や山野草の観察を楽しんだ。

Img_5093

快晴に恵まれ自然観察研修会が行われた御所の台。JRあきた白神駅の真向かいの里山は今が春紅葉の真っ盛りであった。

Img_5112  Img_5110_2

春紅葉の里山を歩く  V・Pから八森海岸を眺める

Img_5105   Img_5126

ズミの花      最近少なくなったオドリコソウ 

                 

                                  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月15日 (土)

八塩山

5月15日(土)sun

久しぶりにお日様がでるとの予報にじっとしておられず、由利本荘市東由利の八塩山に登る。3個所ある登山口のうち一番楽な深山林道コースを選択、ゆっくり登って50分でした。山頂からの鳥海山眺望を期待したが午前中は雲がとれずイマイチだった。

Img_5008

八塩ダムに向かう途中から望む八塩山(713㍍)

Img_5034   Img_5026

山頂付近のブナ林  ムラサキヤシオツツジの花                            

Img_5045   Img_5014

オオカメノキの花      コブシの花

Img_5051   Img_5059_2

春紅葉            八塩ダム

Img_5066   Img_5067

黄桜(御衣黄)       黄桜(御衣黄)

Img_5070   Img_5065_2

黄桜と八重桜       八重桜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月14日 (金)

総会・講演会

5月14日(金)cloudonrain

雨が降ったり止んだりの、今にも雪が降りそうな寒い一日だった。

今日、秋田ロングライフアドバイザー連絡協議会の総会と公開講演会があり参加した。講演会は秋田県後期高齢者医療広域連合事務局 班長 菊地昌宏氏の「後期高齢者医療制度について」であり私にとっても身近な問題であった。

Img_5006_2

総会に先がけて行われた講演会で講演する菊地昌宏氏

Img_5007

総会で挨拶する92歳の高齢でまだまだ元気な鎌田八十三会長

<今日の山野草>

Img_4997

庭のウラシマソウ(サトイモ科)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木)

クマガイソウ

5月13日(木)rain

昨日に続き今日も雨となる。

今日の写真は雨に濡れた庭の山野草です。

Img_4982

大きな袋を下げたようなクマガイソウ(ラン科:熊谷草)。源氏の武将熊谷直実が矢除けに背負った母衣に見立てこの名がついたそうです。

Img_4983   Img_4984

日本のラン科の植物では最も大きい花のようです。

Img_4978   Img_4980

ヒメフウロ         八重のヒメフウロ

Img_4975   Img_4985

小さなピンクのオダマキ   クジャクシダ    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月12日 (水)

花の絵手紙

  5月12日(水)rain

朝から雨でしかも肌寒い一日、お陰でゆっくりと休養することが出来た。

<今日の写真=Hさんの絵手紙>

Img_0006

シラネアオイ

Img_0004_3    Img_0005

スイセン              ヒメコブシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月11日 (火)

春の山野草

5月11日(火)cloudsoonrain

午前中は菅江真澄研究会の学習会に参加し、田口昌樹会長の「真澄と山の民族」と題する発表を聞く。真澄は「勝地臨毫秋田郡」の中で仁別の山の絵を描いており、木材の管流の様子や太平山登山口のことなどを記録しており興味深かった。

午後は秋田おもと高齢者大学で、日本銀行秋田支店長 甲斐文朗氏の「県内の景気予報」についての講演を興味深く聞く。

<今日の写真=春どこでも目にする山野草>

Img_4951タチツボスミレ

Img_4959 オオタチツボスミレ

Img_4950 ミヤマキケマン

Img_4953 ゼンマイ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月10日 (月)

木の花

5月10日(月)rain

山では山野草の花と共に樹木の花も次から次と咲き出しました。昨日仁別国民の森で観察した木の花々です。

Img_4961

ハウチワカエデの花、鮮やかな赤花です。

Img_4957   Img_4966

ダケカンバの花。    コブシの花、花の付け根に葉が1枚出るのが特徴。

Img_4967   Img_4972

オオヤマザクラ。      カスミザクラ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

春紅葉(はるもみじ)

5月9日(日)cloud

今里山は春紅葉の季節です。今朝仁別の森林博物館に向かう途中、秋田市仁別の旭川ダム周辺の春紅葉を撮ってみた。

春紅葉はカエデ類など広葉樹の新芽が光合成で葉緑素を蓄える前に元来もつ色素が見える現象である。

Img_4938

Img_4942   Img_4943

Img_4944   Img_4946

カラマツの芽吹き

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 8日 (土)

森林の市

5月8日(土)sun

今日恒例の東北森林管理局の森林の市が開かれ、山野草の即売コーナーにお手伝いしてきました。

Img_4927

JR秋田駅前のアゴラ広場で開かれた東北森林管理局の森林の市、好天にも恵まれ大勢の人出で賑わいました。

Img_4928

昼近くになって一段落した山野草即売コーナーほか。

Img_4931

大勢の子供達で賑わったクラフトコーナー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 7日 (金)

紅色の濃い桜

5月7日(金)rain

市内の染井吉野の花はほとんど葉桜になったが、この時期に濃い紅色の花を付け一際目立つ立派な桜が近所にある。上北手交番近くの浅利さんの墓地に植えられている他ではあまり目にしない見事な桜である。

今朝、森林インスタラクターのY氏とともに現地を確認、種類の特定が出来ればと思っているところです。

Img_4918

Img_4919   Img_4923

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

ヒナザクラ咲く

5月6日(木)sun

暑い一日だった。午前9時半ころで25℃を越える。明日は天気が下り坂の予報に暑い中でも頑張ってキャベツとブッコリーの苗を畑に植え、大根の種も蒔いた。少々疲れました。

<今日の庭の花(鉢植え)>

Img_4857_2

ヒナザクラ(サクラソウ科)が咲いた

Img_4855  Img_4856

黄花カタクり (ユリ科)    黄花カタクリ

Img_4920  Img_4921

コバイモ(ユリ科)     イカリソウ(メギ火科)  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

春の山野草と樹木の花

5月5日(水)sun

今日はこどもの日、薄情にも遊びに来ている孫達をおいて、仁別森林博物館のボランティアに出かけた。今年から10時開館となったが、1時間はやく到着し開館前に博物館裏の散策路ほかを歩き、落枝などを寄せながら、山野草や樹木の花の咲き具合を調べた。

Img_4888

今日の仁別森林博物館

<散策路沿いの主な山野草>

Img_4864   Img_4869

ナガハシスミレ       タチツボスミレ

Img_4868   Img_4873

ミチノクホンスゲ      オシダ

Img_4874   Img_4878

オオカメノキ         ウスバサイシン

Img_4884   Img_4889

ヒューガミズキ       ミネザクラ

Img_4890              

  キタコブシ                

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 4日 (火)

オオカメノキの花咲く

5月4日(火)cloud

今日は緑の日。5月8日行われる「森林の市」に提供する山野草の準備をする。

孫達が遊び来てお泊まり、久しぶりに賑やかに楽しい夕食を過ごす。

<今日の庭の花>

Img_4800

鉢植えのオオカメノキ(ムシカリ)が早くも花を咲かせた。昨年は一輪も咲かなかったが、今年は5輪ほどアジサイのような美しい花を付けた。

Img_4783   Img_4786

コキンバイ(鉢植え)  ショウジョウバカマ(地植え)

Img_4794   Img_4796

庭のベニヤマザクラ   ニリンソウ(地植え)

Img_4799   Img_4801

トチノキの芽吹き(鉢植え) サクランボの花(鉢植え)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

中岳登山

5月3日(月)sun

憲法記念日の今日、sunマークの予報に誘われ太平山の中岳に登山したが、山の天気はそれほどよくなかった。青空の下で奧岳を眺めながらおにぎりを食べたかったが少し期待はずれだった。

前岳までは雪がしっかり消え、登山道沿いにはスミレ・イワウチワ・キクザキイチゲ・カタクリなどの可愛い花を見せてくれた。

中岳山頂(951.7㍍)はまだ雪があり、小さな神社は雪の中から屋根がでたばかりであった。

Img_4839

中岳から奧岳を眺める

Img_4832   Img_4825

中岳山頂         前岳(女人堂)

Img_4807   Img_4818

タチツビスミレ         カタクリ

Img_4811    Img_4805          

イワウチワ           木の芽吹き

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年5月 2日 (日)

鉢植えの花

5月2日(日)sun

今日八十八夜。家庭菜園の床づくりに精を出す。

庭の鉢植えの山野草やヒメコブシの花が見頃を迎えている。

Img_4774

シラネアオイ

Img_4772  Img_4802

キンコウカ          ヒメコブシ

Img_4775   Img_4779

バイカカラマツ(白)   バイカカラマツ(ピンク)

Img_4773   Img_4782

イワヤツデ         タイリントキソウ

Img_4780   Img_4785

ミヤマサクラソウ     エンレイソウ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)

仁別森林博物館オープン

5月1日(土)cloud

今日「仁別国民の森」内の森林博物館が今シーズンの営業を開始した。天気がイマイチだったので来館者は少なかったが、その分営業開始にあたっての整理・整頓やクラフト材料の準備などが出来たのでよかった。

Img_4646_2

今日今年の営業を開始した仁別森林博物館 。

Img_4635

めおと杉に行く散策路が木材チップを使用したバリアフリーに整備され、夫婦橋付近の散策路もこのようにすっきりした。

Img_4638

めおと橋~めおと杉間の散策路。

Img_4639

めおと杉前の広場もきれいに整備された。

Img_4691

博物館より4㎞奧の旭又太平山登山口も橋が架け替えられすっきりした。

Img_4692

旭又キャンプ場は廃止し園地に整備された。

Img_4693

生まれ変わった旭又園地。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »