« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

孫と新山公園を散歩

1月31日(日)snowsoonrain

睦月も今日で終わり。月並みの言葉だが月日の経つのは本当に早い。もう1年の12分の1が過ぎた。高齢になるにつれて1年のスピードが早く感ずる。

昨日本荘の孫の家に泊まり、今日雨の降り出す前の午前中に孫と本荘の名所「新山公園」を散歩した。

Img_3531

新山神社参道のヤブツバキ。

Img_3536

新山公園からすっかり雪が消えた本荘市街と日本海を望む。

Img_3537

子吉川の河口付近の本荘市街地。

Img_3534

日本海を進む豪華客船も・・・・

Img_3544

最後は孫にサービス・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月30日 (土)

桜の冬芽

1月30日(土)cloud

昨日に続き穏やかな日となる。道路端の除雪された雪の山も融けて、一歩一歩春が近づいてきた感じすらする。

庭の桜の木はどこまで春を感じているのか冬芽を観察してみた。

Img_3453

オオヤマザクラの冬芽。まだ蕾は固い。よく見ると冬芽はつるつるしており毛もなし。

Img_3454

ソメイヨシノの冬芽。細かい綿毛のようなものにくるまれている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月29日 (金)

子供達と森歩き

1月29日(金)sun

冬晴れの今日、市内大住小学校の自然観察会が市内のマンタラメであり、一緒に森を歩いてきた。小学校5年生の子供達とカンジキをはいての雪上歩行体験や、樹木の冬芽や葉痕を見たり、早くも花をつけたマンサクヤドリギなどを観察、子供達の大きな歓声につつまれ楽しい一時を過ごした。

子供達の小さな靴にカンジキが合わず、歩いている内に何度も脱げてしまい苦労した子供もいたが、初めて雪山を歩いて、いい思い出になってくれれば嬉しい。 

Img_3517

子供達が泊まったマンタラメの太平山自然学習センター。

Img_3510_2

カンジキを履いて苦労しなが斜面をあるく子供達。

Img_3448

この日の観察会に合わせたように咲いてくれたマンサクの花。

Zup10202691

木の上に木が生えていたsign02=ヤドリギ(参考写真)

Img_3514

疲れたなぁ・・・・・無事にセンター前に戻る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月28日 (木)

デンドロビューム

1月28日(木)cloud

今日は温かく3月陽春のような天候となり、久しぶりに夕方ウォーキングを楽しんだ。

風除室の花棚をのぞいたら、真っ白なデンドロビュームの花が見頃を迎えていた。

Img_3451

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月27日 (水)

グラウンド・ゴルフ

1月27日(水)cloud

午後久しぶりに友和会の室内グラウンド・ゴルフに参加した後、夕方から高齢になってから勤めた職場の友人と一杯やる。まだ現役の友人の苦労話を聞いたり、とりとめのない噺をしながらしゃべって飲んで3時間、楽しかった。9時40分の最終バスで帰宅する。最近はタクシーで帰ることはめったになくなった。だって飲み代よりタクシー代が高いことも・・・・・年金暮らしではネsign02

Img_3469

室内クラウンド・ゴルフのホールポスト。

Img_3475

こんな仕掛けもある。

Img_3466

こんな障害物も・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月26日 (火)

雪景色

1月26日(火)snow

寒い一日、昨日降った雨で融けた雪が今日はカチカチに凍結し、高齢者にとっては歩道を歩くのも大変であった。

そんな今日の午後、ボランティアで秋田大学工学資源学部に行き、高齢者の交通事故防止に関する「危険回避能力調査」に協力してきた。

夕方は歯医者、泌尿器科と忙しい一日、久しぶりにウォーキングと思ったが、残念ながら今日もダメでした。

写真は=雪の千秋公園

Img_3119

Img_3135

Img_3136

Img_3145

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月25日 (月)

マンサクの花

1月25日(月)snow

大寒に入ったばかりなのに今日は朝から雨の一日。

29日に大住小学校の自然観察会があり、先輩や仲間とその下見に秋田市の仁別植物園に行ったら、もうマンサクの花が咲いていた。まだ1月大寒に入ったばかりなのに、こんなに早くマンサクの花を見たのは初めてである。雨に濡れたマンサクの花を見てとても幸せを感じた一日でした。

Img_3448

マンサクの花

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月24日 (日)

菅江真澄 新春講演会

1月24日cloud

菅江真澄の新春講演会があきた文学資料館であり参加した。講師は真澄研究会の副会長で「俳星」の編集人でもある石田沖秋氏。演題は「菅江真澄と俳諧」=旅を支えた俳諧の系譜= で、会員および一般参加者が100名近く参加し、柳田国男の呪縛・真澄の俳諧の系譜・真澄と五明など興味ある内容に聞きいった。

Img_3443

田口会長の挨拶。

Img_3445

石田沖秋氏の講演風景。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月23日 (土)

ニオイヒバ

1月23日(土)snow

ニオイヒバという珍しい樹木がプラザクリプトンの「学習交流の森」にある。この木は日本の山には自生していない。カナダや北アメリカの原産で、明治初期に日本に渡来た、ヒノキ科クロベの樹木で、葉から心地よい柑橘系の良い香りがただよう。葉から採れる精油は薬用にされるらしい。

Img_3387

プラザ クリプトン 学習交流の森のニオイヒバ。

Img_3442

ニオイヒバの葉。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月22日 (金)

空洞化が心配される秋田駅西口

1月22日(金)snow

 今日の秋田は小雪が降ったり止んだりの冬としてはごく普通の天気。

 新年に入っても秋田に景気のいい話は全く聞こえてこない。話題に上がるのはむしろ心配なことばかり。その中でも我々市民にとってショクだったのは、秋田駅西口のイト-ヨーカドーがこの秋閉店するとのニュース。

 そうでなくても、広小路を含む駅前周辺の空洞化を、何とかしなければと関係者が頭を抱えている時sign02。私の住む秋田市南部地区は、イオングループを中心にそれなりの賑わいをみせており、直接不便は感じないが、駅前は何と言っても秋田県の顔。何とか対応策を考えて欲しいと思う。

 商工会・経済界、特に若手経営者の皆さんの思い切ったアイデアに期待したい。

Img_3401

空洞化が心配される秋田駅西口かいわい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月21日 (木)

「水と緑のアドバイザー」研修

1月21日(木)snow

昨日の春のような陽気が一転し、今日は大寒らしい寒い天気に戻った。

午後から秋田県主催の平成21年度「水と緑のアドバイザー」フオローアップ研修会があり参加する。

県側からone森づくり税事業の実施状況 two水と緑の県民運動の推進状況 の説明があった。

続いて、秋田県立大学 蒔田明史教授の「豊かな水と緑のあきたを実現するために」と題した講演があった。

今回の研修は「水と緑のネットワーク中央研修」と併せて行われ、流域ネットワーク会員32名、水と緑のアドバイザー27名、県職員(地域振興局)13名が出席して行われた。

Img_3435

蒔田教授の講演風景。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月20日 (水)

LL大学園同期新年会

1月20日(水)cloud

大寒というのに3月上旬並の温かい一日となる。

今日、昨年のLL大学園の卒業生(19期卒業生)の新年会があった。会場はビューホテル12階、46名中33名参加。参加者が500円程度の景品を持ち寄り、ビンゴゲームでの勝者やカラオケを披露した参加者等に配られた。久しぶりに集まった同期会で楽しい一時を過ごした。

Img_3403

開会前に先ず記念撮影。

Img_3406

淡路会長の挨拶。

Img_3416

懇親を深める同期の皆さん。 

Img_3417

参加者が持ち寄った賞品の数々

Img_3433

私がいただいた賞品。東京から買ってきてくれたという美味しいお菓子でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月19日 (火)

絵手紙

1月19日(火)cloud

パソコンが一泊ドックから退院し、動きは軽くなり操作し易くなった。更に先生の指導でウイルスセキュリティ対応を講じたが、まだ悩みは解消しない。再度先生の診断が必要のようだ。

今日の写真=Hさんの絵手紙

Img_0003

今年は庚寅私の年です。よろしくね・・・・・cat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月18日 (月)

パソコンドック入り

1月18日(月)rain

パソコン動きが悪くなり今日ドック入り。特定のブログにアクセスすると電源が切れる、また全体的に動きが重くなり、専門家に相談したところ、一晩の入院が必要になった。

この記事は廃棄予定の古いパソコンを引っ張り出し、どうにか投稿。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月17日 (日)

自然観察研修会

1月17日(日)cloud

大荒れの天気もやっと落ち着き、は今日は曇空ながら穏やかな日となる。

秋田市河辺のプラザクリプトン「学習交流の森」で行われたナトゥーア秋田主催の<自然観察研修会>に参加し有意義な一日を過ごす。

Img_3375

かんじきを装着し深雪をこぎながら担当者からの説明を聞く。

Img_3374

早速杉の立木にくっついているカマキリの巣を発見。

Img_3378

アオギリの熟した果実。午後アオギリの実の焙煎茶を試飲する。

Img_3379

アオギリの木。<アオギリ科> 樹皮が緑色で材が白く桐に似ていることからこの名がついたらしい。しかし、材は狂いやすくあまり好まれないようだ。

Img_3386

大きな野ウサギの足跡。左に進んでいる。

Img_3391

ユキツバキとヤブツバキの違いについても学習。

Img_3389

クリプトンから借用し使用した和かんじき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月16日 (土)

花の絵手紙

1月16日(土)snow

昨日、一昨日ほではないが今日も時々吹雪く寒い一日、どうやらこの寒さ明日いっぱいまで続きそう。

今日の写真=Hさんの絵手紙

Img_0002

カネノナルキ。

Img_3362

教材の見頃を迎えたカネノナルキ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月15日 (金)

吹雪

1月15日(金)snow

昨日から今日にかけて私の住む秋田市南部地区は大荒れの天気、国道を走る車もライトを点灯しのろのろ走行。気温も下がり真冬日となる。

Img_3350

昨日14日午後1時30分、国道13号仁井田付近。

Img_3353

上と同じ国道13号 仁井田付近。

Img_3357

今日15日午後3時45分、県道61号 御所野付近。

Img_3358

今日15日午後3時50分 御所野公園。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月14日 (木)

終戦の思い出展

1月14日(snow

猛吹雪の今日秋田まるごと市場で開催している、漫画家・作家たちの絵手紙=終戦の思い出展=をのぞいてみた。

終戦記念日は私にも思い出がある。終戦の昭和20年は私が小学校一年生、家の近くの森林鉄道がある営林署の事業所で遊んでいた。当時電話も電灯もない山奥の集落だった。営林署の事業電話で日本が戦争に負けた旨の連絡があったようだ。営林署員が近くで遊んでいた私に「早ぐ家さ帰って親父に教えろ」と言った。

直ぐ走って田圃で働いていた親父のところに行き<戦争負けだど>と伝えたが、<何馬鹿くせゃごど言う>と怒られた。 数日後2~3日遅れの新聞を見て、お前が言ったこと本当だったなぁと納得してくれた。そんな思い出が今も頭の中に残っている。

それから、何の因果か私の誕生日が終戦記念日の8月15日である。だから誕生日も終戦記念日も忘れることはないが、旧盆のドサクサでゆっくり誕生日を祝って貰ったことがあまり無い。

Img_3312

Img_3320_2

漫画家田中扶士彦の作品

Img_3321

漫画家ばんば三郎の作品

Img_3324

漫画家やなせたかしの作品

Img_3338

漫画家花村えい子の作品

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月13日 (水)

山形青菜漬け

1月13日(水)snow

新沼謙治の歌う「津軽恋女」には、こな雪つぶ雪わた雪ざらめ雪みず雪かた雪、春まつ氷雪の7種類の雪が出で来る。今日秋田市に降った湿った重い雪は、さしずめみず雪」だろうか?

ところで今の寒い時期は漬け物の美味しい季節です。我が家では昨年11月14日に漬けた山形青菜が美味しい時期を迎えている。

Img_3258

べっこう色になり美味しい時期を迎えた山形青菜。どうぞお茶飲みに来てください。ちなみに、この器は昨年末に他界された友人のk・H氏と一緒に自分で制作した思い出の楢岡焼です。

Img_2509

昨年11月14日の漬け込み模様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月12日 (火)

岩手高原スノーパーク

1月12日(火cloud

今日はどんよりした曇り空で比較的あたたかい一日。Hさんの誕生日で昼食は外食でささやかな祝いをする。

夕方歯医者に行く、数日前から気になっていた、欠けていた歯の治療をして貰いすきっとした。

今日の写真=昨日の岩手高原スノーパークでの林友スキーイングクラブ・スキー

Img_3290

朝雫石町篠崎集落から、これから向かう岩手高原スキー場と岩手山に通じる峰々を望む。

Img_3291

ゴンドラの乗り場の山麓駅でみんな揃うのを待つメンバー。

Img_3297

ゴンドラの乗り場。

Img_3300

ゴンドラ山頂駅でメンバー全員12名が揃う。

Img_3304

ゲレンデから雫石町を望む。

Img_3305

今回は寄らないが向かい側には雫石スキー場も見える。それにしても雫石町一町に三つのスキー場があり、それぞれ繁盛していることに、うらやましい思いがする。岩手にはそのほかに規模の大きい安比スキー場や夏油スキー場もあるのだからsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月11日 (月)

網張温泉スキー場

1月10日(日)snow

昨日と今日岩手県の網張温泉スキー場と岩手高原スノーパークで、林友スキーイングクラブの仲間12名でスキーを楽しんだ。

初日の網張温泉スキー場ははあいにく雪空でのスキーとなったが、二日目の岩手高原は快晴に恵まれた。

今日の写真=網張温泉スキー場

Img_3259

スキーセンター「アルベ」前のゲレンデと一段目のリフト。網張りスキー場にはゴンドラが無く、3本のリフトを乗り継いでゲレンデの最高部へ。

Img_3262

ゲレンデ中間地点での参加者。 

Img_3270

やっぱり歳だなぁ・・・と一休み。

Img_3274

天気があまり良くないにもかかわらず、駐車場も満杯状態、ゲレンデも結構込んでいた。

Img_3278

双子林間コースを滑る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 9日 (土)

友人の御見舞

1月9日(土)snow

一旦消えた雪が又降り出した、今日の雪は湿ったぼた雪。

友人が膝の手術で入院中と聞き御見舞に行ってくる、元気でリハビリ中であった。

明日はスキー仲間と網張スキー、天気が良くなることを祈って・・・・・

Img_3177

玄関のカスミソウとバラ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 8日 (金)

秋田万歳

1月8日(金)sunsooncloud

昨日菅江真澄研究会の学習会で珍しい「秋田万歳」の実演を見ることが出来た。秋田万歳は江戸万歳、三河万歳がもとのなっているといわれている。大夫才蔵の二人一組で、正月に家々を訪問し祝言を述べる祝福芸。

家々の玄関先で、・十二段の祝詞万歳 ・秋田音頭などの囃子万歳 ・秋田弁での噺(はなし)万歳などを掛け合いで唱い・舞うのが秋田万歳。

今では実際に家々をまわることはなくなったが、私が岩見三内に住んでいた昭和40年頃ごろには、秋田万歳が家々を訪ねて芸を披露し、お礼に現金や米を差し上げた記憶がある。

今回は伝統芸のを引き継いでおられる二人の女性が秋田万歳を披露してくれた。秋田万歳は県指定無形民俗文化財。

菅江真澄は文政6年(1823)秋田市旭南で70歳の正月を迎えており、「笹ノ屋日記」に<けふも万歳のつづみうつ声、遠う聞こえたり>と正月4日に記している。

Img_3240 

Img_3242

Img_3243

Img_3248

Img_3249

Img_3251

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 7日 (木)

七草粥

1月7日(木)cloudsoonsun

七日の朝に春の七草を刻んで粥にいれて食べる七草粥は、邪気を払い万病を除く、いわゆる無病息災を祈願する習慣が昔から伝えられている。正月の胃の疲れを休める意味もあるらしい。

我が家でも毎年七草粥を食べているが、七草を買うのを忘れあわててスーパーに走ったがもう売り切れ、今年もインスタントで間に合わせる、しかも朝でなく夕食になってしまった。

七草は、セリ(芹)、ナズナ(薺)、ゴギョウ(御形)、ハコベラ(繁縷)、ホトケノザ(仏座)、スズナ(菘)、スズシロ(蘿蔔)

・セリ=お馴染みの芹 ・ナズナ=ペンペングサ ・ゴギョウ=ハハコグサ ・ハコベラ=ハコベ ・ホトケノザ=コオニタビラコ ・スズナ=蕪(スズナーカブラーカブと変化する) ・スズシロ=大根

Img_3256

今年の無病息災を願って形ばかりの七草粥。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 6日 (水)

消防出初め式

1月6日(水)cloudleftrightrain

大荒れの予報で吹雪を覚悟していたが、気温も下がらず思ったより落ち着いた天気となった。それならばと、初めて秋田市の消防出初め式に出かけてみた。市民生活を守ってくれる消防団・消防関係者の日頃の努力に改めて感謝の気持ちを表しんがら見学した。

一般見学者に消防署員手作りの可愛いミニ纏をプレゼントしてくれた。

Img_3192

閲覧車

Img_3196

待機している消防車

Img_3201

消防幹部や国家議員等来賓がずらり

Img_3206

消防団員の行進

Img_3213

消防車の行進

Img_3215

Img_3230

はしご車に取り付けたくす玉が割れて屋外行事の終了

Img_3239

プレゼントされたミニ纏

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 5日 (火)

山の雪景色

1月5日(火)snow

今日は小寒。

中国では大雪で列車が立往生したとのニュースがあった。秋田も今日は大荒れ、積雪はないものの風雨が強く秋田市で最大風速27,9㍍を記録、ウォーキングも容易でなかった。折角融けた雪が明日はまた大雪になるとの予報だが、出来れば外れて欲しい。

今日の写真=田沢湖スキー場の雪景色

Img_3160

水沢リフトと廻りの雪景色。

Img_3164

ブナの木に花が咲いたような雪景色。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 4日 (月)

冬景色

1月4日(月)cloudsoonsnow

現職の方々は今日が仕事始め、不景気な年の幕開けで、公務員も民間企業の皆さんも、厳しいだろうが頑張って貰いたい。

今日の写真=秋田の冬景色

Img_3111

広小路のお堀

Img_3149

お堀の側で遊ぶ鳩

Img_3115

県民会館裏の東海林太郎銅像

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 3日 (日)

田沢湖スキー場・初滑り

1月3日(日)snow

今日やっとスキーの初滑りを家族で楽しんだ。今シーズンの初滑りは年末の29日に仲間と一緒に予定していたが、悪天候と私の体調不良で中止となり、今日が待望の初滑りとなった。

今日の田沢湖スキー場は、積雪十分ながら、終日雪空で、夕方僅かに日射しがあった程度。しかし、風邪が無かったのでまずまずのコンデションであった。

以下の写真は、晴れ間をみて撮したスキー場の模様

Img_3153

午前10時ころのスキーセンター前。

Img_3154_3

同時刻スキーセンター前からゲレンデを見る。

Img_3155

同時刻の黒森コース。

Img_3162

水沢コース。正月と日曜が重なったので、ゲレンデは子供連れの家族が多かったことと、スキー学校が結構忙しかったように見えた。

Img_3168

スキーセンター前の緩斜面ゲレンデ。

Img_3172

こんなチビッコもスキー学校の生徒。

Img_3173

スキーセンター・レストラン「しらかば」全景。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 2日 (土)

二日の初詣

1月2日(土)snow

正月二日も昨日と同じ吹雪。昨日元日に近くの神社にお詣りはしたが、毎年参拝している守護神に手を合わせないと何となく落ち着かず、今日午前千秋公園内の弥高神社八幡秋田神社にも参拝した。天気が悪いせいもあってか、昨日も今日も例年に比べ参拝やは少ないようだ。

Img_3122

風情のある雪の胡月池。

Img_3124

ここ弥高神社は47年前私たち夫婦が結婚式を挙げた思い出の神社である。

Img_3131

昨年のご加護に感謝し、今年の無病息災を祈る。

Img_3138

ツツジの雪つりも冬の千秋公園の風物詩である。

Img_3140

八幡秋田神社。

Img_3141

数年前火災に遭った社殿も一昨年立派に再建された。

Img_3147

久保田城の正門である表門。一の門とも呼ばれていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 1日 (金)

吹雪の初詣

元旦(金)snow

例年初詣は弥高神社が中心だが、今日は猛吹雪で遠くに行くのがおっくうになり、地元中野地区の小さな「三吉神社」に詣でた。この神社は家の近くでいつもウォーキングで通るところにある。梵天で有名な太平の三吉神社と名前は同じ、何か関係あるのか?何時か関係者に聞いて見たい。

Img_3105

Img_3107

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寅年の元旦

平成22年元旦(金)snow

新しい年、寅年の新年が明けた。吹雪の朝である。

今年は寅さんからパワーを貰い、健康に気を付け、多くは望まず、普通の生活ができるように祈りたい。

昨年身内に不幸があったので、新年のご挨拶は遠慮しますが、ブログを見て下さる皆さんもどうぞ良い年をお迎え下さい。

Img

一回り上の寅年生まれの義兄から贈られた寅の色紙。

Img_3099

新しいの我が家の幕開け。

Img_3100

外は吹雪だが、良い年になるよう祈る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »