« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)

象潟に中国の美女

8月31日(月)cloud

今日で8月も終わり明日から秋・長月である。今日8月31日は政権党が代わる歴史的な日となった。予想したこととはいえ、自民党の惨敗は予想を大きく上回った。民主党が本当に日本の政治を立て直せるか一抹の不安もあるが、徹底して国民のための政治を行って貰いたい。

今日の写真=秋田県仁賀保市象潟道の駅裏の丘に立つ、中国四大美女の一人「西施」の像

Img_1100

「西施」は救国のため敵国に身を捧げた中国の悲劇的美女。

松尾芭蕉は奧の細道で 象潟や 雨に西施が ねぶの花 と詠んでいる。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月30日 (日)

政権交代

8月30日(日)sun

 今日衆議院選挙が行われ歴史的な政権交代が実現することになった。予想したとはいえこれほど大差がつくとは思わなかった。長い間政権を担当した自民党にはご苦労さん、民主党にはこれからしっかりやってくれと言いたい。

Img_1150

今年の役目を終えたオオハナウド。枯れ行く自民党のように思えてしかたない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月29日 (土)

登山道沿いの山野草

8月29日(土)cloudupsun

昨日は現職時代にお世話になった先輩の訃報の知らせを受け、今日は親戚と山仲間の友人の病気見舞いに行く。健康の有り難さが身に浸みる一日だった。

今日の写真=虎毛山登山の登山道沿いで出会った花々

Img_1148

オタカラコウ(キク科)<雄宝香> 雌宝香という花もある。

Img_1151

サラシナショウマ(キンポウゲ科)

Img_1152

テンニンソウ(シソ科) <天人草> シソ科の植物としては大型でブラシのような感じがする。

Img_1164

ツバメオモト(ユリ科)の実 <燕万年青>

Img_1210

キツリフネ(ツリフネソウ科) <黄釣船>

Img_1213

ツリフネソウ(ツリフネソウ科) <釣船草>

Img_1215

エゾニュー(セリ科) 秋田では若い茎を山菜(ニョウサク)として食用にする。

Img_1198

カニコウモリ(キク科) <蟹蝙蝠> 葉の形が蟹の甲羅に似ていることからこの名がついたらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月28日 (金)

虎毛山頂の花

8月28日(金)cloudleftrightrain

今日は雨が降ったり止んだりのあいにくの天気、昨日の登山で下半身の筋肉痛がありいい静養日となった。この機会にと衆議院選挙の不在者投票を済ます。

今日の写真=昨日登山した虎毛山頂の花々です。

Img_1174

イワショウブ(ユリ科)<岩菖蒲> 別名:ムシトリゼキショウ

Img_1182

イワショウブというこの花に私は初めて対面。湿原に咲く花で葉が菖蒲の葉に似ていることからこの名がついたと同行してくれたwさんから教えて頂き、今日苦労して登った甲斐があったと感動する。

Img_1176

モウセンゴケ (モウセンゴケ科)<毛氈苔> 食虫植物で毛氈を敷いたように見えるのでこの名がついたらしい。

Img_1192

オヤマリンドウ(リンドウ科)<御山竜胆> りんりんりんどうの 花咲くころうサ・・・お馴染み島倉千代子の歌の歌詞もこのリンドウの花を歌ったのだろうか?note

Img_1197

ウメバチソウ(ユキノシタ科)<梅鉢草> 山頂避難小屋わきにみごとな群落があった。名前の由来は花の形が梅鉢の紋に似ているかららしい。

Img_1184

イワイチョウ(ミツガシワ科)<岩銀杏> 葉の形が銀杏に似ている。雪解けの頃咲く花がまだ残っていた。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月27日 (木)

虎毛山

8月27日(木)sun

仲間4人で朝5時自家用車で秋田市を出発、一路湯沢市雄勝の虎毛山を目指す。登山開始7:10ー赤倉沢渡渉点7:45ー高松分岐点9:30ー待望の虎毛山頂<1433㍍>に10時30分初登頂。山頂から栗駒山・山伏岳・高松岳・小安岳を望み感動。湿原には初めて見る花が私たちを迎えてくれた。一緒に登った私とY氏は寅年生まれ、やっと虎毛山に登ることができ大いに満足する。

Img_1159

8時50分ころ夫婦桧に到着。

Img_1161_2 

9時5分ころブナ林を通過。

Img_1163

9時50分ころ稜線からの山伏岳・高松岳・小安岳の眺望が素晴らしい。

Img_1203

稜線から目指す山頂が見える、あと一頑張りだ・・・・。Img_1165

10時30分山頂に到着。

Img_1171

山頂の湿原を歩く仲間。

Img_1172

山頂の湿原。

Img_1191

山頂の避難小屋。昼食後12時下山開始ー15時無事下山。

<花の写真は明日投稿>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月26日 (水)

アケボノソウ

8月26日(水)sun

今日仁別森林博物館とその周辺でシダ類識別研修会があり参加したが、あまりにも種類が多く驚いた。30種ぐらい観察したが、似たものが多く、頭に入っているのはほんの3~4種である。

今日はシダ類以外は気に留めないつもりであったが、帰り間際に清楚なアケボノソウの花(リンドウ科)に出会いシャッターを押してしまった。

Img_1140

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月25日 (火)

夏の花から秋の花へ

8月25日(火)sun

朝早く電話のベルsign01、孫が熱を出したとのSOSだった。取るものも取り敢えず40㌔を車で飛ばす。親に代わって病院へ、新型インフルエンザではと心配したが、単なる夏風邪との診断で安心する。夕方には熱も下がり親に引き渡し帰宅。あわただしい一日だった。

今日の写真=一昨日にかほ市の自然休養林で出会った山野草の花

Img_1086

キンミズヒキ(バラ科) 一つ一つの花をよく見るとなかなか綺麗。実になると棘があるため、草むらを歩くとズボンにひっつく。

Img_1091

シャクジョウソウ(イチヤクソウ科)<錫杖草> ギンリョウソウと同じ腐生植物。

Img_1093

コマツナギ(マメ科)<駒繋ぎ> 山野草と思ったら木本の小低木に分類されるようだ。{休養林外の道端で見る}

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月24日 (月)

植物の実

8月24日(月)cloudupsun

今朝あたりからくっと涼しくなり秋の気配が感じられる。それもそう8月も残り少なく後一週間となる。

山野草や木々も赤い実を付ける季節です。昨日にかほ市中島台のレクリエーションの森で観察した植物の実。

Img_1058

トチバニンジン(ウコギ科)の実。竹節人参とも呼ばれ薬効は異なるようですが朝鮮人参の代用として利用されるとのこと。

Img_1072

ウワミズザクラ(バラ科)の実 <上溝桜> 黒く熟した実を食べたら甘くサクランボの味がした。

Img_1085

ヌスビトハギ(マメ科)の実。ピンクの小さな花が終わり節花(実)を付けていた。<盗人萩> 実の形が盗人の「忍び足の足跡」に似ているのでこの名がついたとか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月23日 (日)

奇形ブナ

8月23日(日)sun

秋田県にかほ市の国有林「中島台レクリエーションの森」で行われた自然観察研修会に参加し、奇形ブナ群落と獅子ケ鼻湿原の鳥海マリモ等の観察や鳥海山の歴史などについて学習する。

Img_1045

自然観察研修会に参加した自然観察指導員と一般参加者。

Img_1046

「燭台」と呼ばれている奇形ブナ。幹から立ち上がって枝が西洋のロウソク立ての形ににていることからこの名がついた。

Img_1060

奇形ブナ群落の中に残っている炭窯。奇形ブナが出来た由来は、炭焼の原料として春に雪上でブナを伐採したため、そこから萌芽し新しい木が生長する繰り返しの結果出来たものと考えられている。

Img_1063

奇形ブナの王者「あがりこ大王」。林野庁の「森の巨人たち百選」にも選ばれている。

Img_1067

鳥海山からの伏流水が湧き出る「出つぼ」

Img_1078

日本でも珍しいハンデルソロイゴケとヒラウロコゴケが長い年月をかけ絡み合って球体状になった「鳥海マリモ」

Img_1084

あがりこ大王に負けないような奇形ブナ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月22日 (土)

ヤマカカシ

8月22日(土)sun

昨日仁別国民の森の遊歩道を歩いていたら、U字溝に落ちてもがいているヤマカカシの赤ちゃんがいた。気持ち悪かったが思わずシャッターを押した。

Img_1035 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月21日 (金)

晩夏の花

8月21日(金)rainupwardrightcloud

今日仁別国民の森「森林博物館」でボランティア。朝方強い雨が降ったためか来館者は少なかった。

森林博物館周辺で晩夏に咲く花をカメラスケッチ。

Img_1041

アオモリアザミ(キク科) 別名:オオノアザミ ノハラアザミの北方型変種らしい。

Img_1027

ミズヒキ(タデ科)

Img_1020_2

キンミズヒキ(バラ科)

Img_1025

ツリフネソウ(ツリフネソウ科)

Img_1042

ゲンノショウコ(フウロソウ科)

Img_1039

ミヤマホツツジ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月20日 (木)

Hさんの絵手紙

8月20日(木)cloud

日中曇空ながら気温が30℃近くまで上昇、残暑厳しい一日。高校野球観戦と朝夕は腰痛を心配しながら家庭菜畑の秋物準備に汗を流す。

写真=Hさんの絵手紙

Img_0005

ミニトマトかな?

Img_0004

庭に咲くストレプトカーパスのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月19日 (水)

ど根性野草

8月19日(火)cloud

昨晩は現職時代の仲間4人で久しぶりの飲み会でブログ投稿を休んでしまう。調子よく少し飲み過ぎたのか、今日は覇気のない一日を過ごす。

今日の写真=家の近くの車道のコンクリート舗装の合間に根を張り茎を伸ばし花を咲かせている<ど根性野草>

Img_1008

ワルナスビ(ナス科) 別名:オニナスビ 帰化植物

Img_1011

ヨウシュヤマゴボウ(ヤマゴボウ科) 帰化植物

Img_1012

野生化したと思われるニラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月17日 (月)

庭に咲く花

8月17日(月)sun

家庭菜園で先に植えた白菜・キャベツの消毒や2回目の白菜・キャベツ苗の植付けなど農作業に汗を流す。

今日の写真=<庭に咲く花>

Img_0951

庭に咲くダリヤ

Img_0954

鉢植えのアブチロン、サフランモドキ、ストレプトカーパス、クチナシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月16日 (日)

ツチアケビ

8月16日(日) sun

お盆が来てやっと夏らしい強い日差しが戻ってきた。お盆休みで遊びに来た小さい孫達も二晩泊まって台風一過帰って行った。若いエネルギーをもっらたというか消費したいうかheart01、賑やかで楽しい三日間だった。

今日の写真=<昨日仁別国民の森で見た山野草>Img_0990

ツチアケビの実。小さいバナナのような実が付いている。ラン科の腐生植物で葉緑素を持たない。

Img_0986

オトコエシ(オミナエシ科)<男郎花>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月15日 (土)

クサギの花

8月15日(土)sun

今日ボランティアで仁別森林博物館へ。秋田市仁別の集落から仁別国民の森に通じる林道(車道)添いにこの時期目立つ花がある。それはクサギ(クマツヅラ科)<臭木>。

Img_0968

Img_0970

Img_0973

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月14日 (金)

庭に咲く花

8月14日(金) cloudupwardrightsun

午後孫達が来る、一休みしたあと大森山動物園に出かける。夏休み+お盆休みとあって大にぎわいだった。天気も良く楽しい一時を過ごす。

今日の写真<庭に咲く花>

Img_0941

庭に咲くユーコミス(ユリ科) 別名<パイナップルリリー> 中央・南アフリカ原産。強い雨で倒れ花房が曲がっている。

Img_0942

ユーコミスの花の拡大

Img_0943

庭に咲くヤブラン(ランカ科) 

Img_0944

ヤブランの拡大

Img_0946

庭に咲くツリガネニンジン(キキョウ科) 釣り鐘人参

Img_0947

ツリガネニンジンの拡大。ハクサンシャジンは本種の高山系である。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月13日 (木)

月おくれお盆

8月13日(木)rain

今日は月おくれお盆の迎え火。二ツ井町に住む、親戚で最高齢96歳の義姉を訪ねた後、大潟村の共同墓地に眠る先祖の墓参りをする。

今日の写真は去る8日の<松島夕涼みクルーズ>の模様

Img_0847

クルーズ前に立ち寄った瑞巌寺

Img_0850

瑞巌寺境内の杉並木

Img_0861

夕暮れの松島湾

Img_0889

松島

Img_0894

松島

Img_0867

餌を求めて客船に群がるカモメ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月12日 (水)

かかし

8月12日(水)cloudleftrightsun

何時も家庭菜園に行く途中に通る田圃に、<かかし>がが立った。最近かかしは珍しい。のどかな昔の田園風景を思い出す。効果の程は判らないが農家さんにありがとうと言いたいdelicious。長雨・日照不足で稲の出来具合が心配されいるが豊作を祈りたい。

Img_0924 

髭をたくわえたかかしさん

Img_0927

ダンディーなかかしさん 。農家さんもきっと素敵な人かも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月11日 (火)

雄物川花火大会

8月11日(火)sun

夏空が戻った今日久しぶりの真夏日、これで梅雨明けかと思いしや、今年は梅雨明け宣言をしないと気象庁が発表したとかeye 梅雨のまま秋になるというのかangry

晩酌が終わりゆっくりしたところ、ドン、ドンと大きな音が響く。そういえば昨日予定されていた「第22回秋田市夏祭り雄物川花火大会」が雨で今日に延期された。急いで裏の公園に行ってデジカメを向けて見たが、結果はご覧のように惨めな結果。

Img_0907

Img_0912

Img_0919

Img_0920

Img_0921

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月10日 (月)

ひまわり

8月10日(月)cloudleftrightrain

間もなく旧盆というのに梅雨明けの便りも届かない。今年の夏はどうしたことか?

一昨日仙台の七夕見物の途中立ち寄った宮城県<三本木のひまわり>、なかなか見応えがあった。

Img_0797

Img_0798

Img_0803

Img_0804

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 9日 (日)

仙台 七夕まつり

8月9日(日)cloud

昨日の土曜日、30数年ぶりに仙台の七夕まつりを見てきました。その途中の三本木のひまわり、七夕のあとの松島~塩釜間の夕涼みクルーズもなかなか良かったです。

Img_0833

Img_0807

Img_0818

Img_0822

Img_0826

Img_0835

最優秀賞・金賞を受賞した七夕。さすが手の込んだ立派な七夕でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 7日 (金)

ミソハギ

8月7日(金)cloud

今日立秋、暦の上ではもう秋。これから日中は暑くても朝夕は日増しに涼しくなる。庭には盆花ともいわれる<ミソハギ>の花が見頃を迎えている。私はこの花が咲くと何となく秋を感ずる。

Img_0792

ミソハギ(ミソハギ科) <禊萩> 盆花・盆草ともいわれる。

Img_0759_2

シオン(キク科) <紫苑> も咲き出した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 6日 (木)

ストレプトカーパス

8月6日(木) rain

本格的な夏空が広がり暑い一日。午前中は菅江真澄研究会の学習会に参加。午後家庭菜園の草むしりと思ったが、炎天下の日中はとても無理、やはり今の時期は朝晩の涼しい時でないとネ・・・・思い切って昼寝delicious

今日の写真<庭の花>

Img_0757

南アフリカ原産のストレプトカーパス(イワタバコ科) 春に向かいの家のご主人から頂戴した鉢植え。

Img_0758

オニユリ(ユリ科)<鬼百合> 薬草として鱗茎部分を咳止めや解熱剤に使うらしい。葉腋にムカゴがつくのでコオニユリと見分けがつく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 5日 (水)

秋田 竿燈まつり

8月5日(水)cloud

今日は秋田の竿燈まつり3日目、夕飯を食べたあとちょっとだけ竿燈大通りの会場をぞいてきました。253本の稲穂が夜空に揺らぎ見事でした。

Img_0775

Img_0779

Img_0786

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 4日 (火)

鳥海山の花 ③

8月4日(火)rain

梅雨明けしたような暑くカラッとした天気となる。久しぶりにグランドゴルフを楽しんだり、おもと高齢者大学に出席し、後期高齢者医療制度について学習をしたり、それなりに忙しい一日を過ごす。

写真は<鳥海山で出会った花three

Img_0670 

ミヤマリンドウ(リンドウ科)

Img_0681

シロバナトウウチソウ(バラ科) < 白花唐打草>

Img_0684

オトギリソウ(オトギリソウ科) <弟切草>

Img_0692_3

ミヤマホツツジ(ツツジ科)<深山穂躑躅>

Img_0698

コバイケイソウ(ユリ科)<小梅慧草>

Img_0700

ヒナザクラ(サクラソウ科) <雛桜>

Img_0702 

アオノツガザクラ(ツツジ科)<青の栂桜>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 3日 (月)

ヤマユリ

8月3日(月)cloudsoonrain

朝はかなりの強い雨、次第に晴れて午後は強い日差しの夏空となる。今日は仁別の森林博物館でボランティアに従事。

<博物館周辺で見ることができた花・実>

Img_0750

見事に花をつけたヤマユリ

Img_0741

コバノフユイチゴ(バラ科)の実

Img_0745

ツチアケビ(ラン科)の花 <土木通> 腐生植物

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 2日 (日)

鳥海山の花 ②

8月2日(日)sun

予報に反し青空が広がり、梅雨明けも間近と思う今日、台風一過のように孫達も夕方帰っていった。

今日の写真昨日に続き <鳥海山の花>

Img_0638

ニッコウキスゲ(ユリ科)

Img_0629

イワイチョウ(リンドウ科)

Img_0630

チングルマ(バラ科)

Img_0641

ウサギギク(キク科) 

Img_0642

ハクサンフウロ(フウロソウ科)

Img_0643

チョウカイアザミ(キク科)

Img_0646 

ハクサンシャジン(キキヨウ科)

Img_0689

トウゲブキ(キク科)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 1日 (土)

鳥海山の花

8月1日(土)cloudsoonsun

今日から8月(葉月) 梅雨明けが待ち遠しい。 孫達遊びに来て賑やかな晩餐を過ごす。

写真は<鳥海山の花> 昨日の登山で出会った花たちです。

Img_0592

鉾立てからの登山道に入ってすぐホタルブクロが眼に留まる。自生種だろうか?

Img_0600

登山道脇に咲くクルマユリ。

Img_0619

ヤマハハコ(キク科) <山母子>

Img_0621

カラマツソウ(キンポウゲ科)<唐松草>

Img_0720

ミヤマカラマツ(キンポウゲ科)<深山唐松> カラマツソウとは葉の形が異なる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »